MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 数字で見る中型ミニバン三つ巴対決!ヴォクシー&ノア&ステップワゴン&セレナを比較
メーカー・車種別

更新

数字で見る中型ミニバン三つ巴対決!ヴォクシー&ノア&ステップワゴン&セレナを比較

新型モデルも続々登場!激戦区のミドルサイズミニバン

2022年1月にトヨタが新型ヴォクシーおよび新型ノアを発売し、2022年5月にはホンダも新型ステップワゴンを投入。出遅れたかたちとなっていますが、日産もセレナのフルモデルチェンジが近いと言われています。

トヨタ、ホンダ、日産の3社がそれぞれ他社にシェアを奪われまいとしのぎを削っているミドルサイズミニバンはまさに激戦区です。

大きさやターゲットが似ているヴォクシー&ノア、ステップワゴン、セレナの4車種。それぞれ比較し、性能や機能、価格などからその違いを確認してみましょう。

各仕様ごとの価格帯を比較

新型ヴォクシー、新型ノア、新型ステップワゴン、セレナの価格帯は、おおよそで250万円から400万円程度まで。ガソリンエンジンモデル(マイルドハイブリッドを含む)よりもハイブリッドモデルが高価になるのはどのモデルも同じなものの、価格にどの程度ひらきがあるかは車種によって異なります。

価格を比較する際は単に最高価格や最低価格などで比較するのではなく、ハイブリッドとガソリンエンジン、2WDと4WDなど、購入したい仕様ごとに比較する必要があります。以下では各仕様ごとの価格をまとめた表を掲載しています。

また、価格が高い理由も重要です。最新の安全装備や機能を搭載していることで高くなっているのであれば許せるという方もいるでしょう。

ガソリンエンジンモデル(2WD)の価格

車種エントリーグレードの価格最上位グレードの価格グレード間の価格差
ヴォクシー3,090,000円
(S-G)
3,390,000円
(S-Z)
300,000円
ノア2,670,000円
(X)
3,320,000円
(S-Z)
650,000円
ステップワゴン2,998,600円
(AIR)
3,462,800円
(SPADA PREMIUM LINE)
464,200円
セレナ2,576,200円
(X)
3,103,100円
(ハイウェイスターV)
526,900円

ガソリンエンジンモデル(4WD)の価格

車種エントリーグレードの価格最上位グレードの価格
ヴォクシー3,288,000円
(S-G)
3,588,000円
(S-Z)
ノア2,868,000円
(X)
3,518,000円
(S-Z)
ステップワゴン3,240,600円
(AIR)
3,653,100円
(SPADA PREMIUM LINE)
セレナ2,824,800円
(X)
3,335,200円
(ハイウェイスターV)

ハイブリッドモデル(2WD)の価格

車種エントリーグレードの価格最上位グレードの価格
ヴォクシー HYBRID3,440,000円
(S-G)
3,740,000円
(S-Z)
ノア HYBRID3,050,000円
(X)
3,670,000円
(S-Z)
ステップワゴン e:HEV3,382,500円
(AIR)
3,846,700円
(SPADA PREMIUM LINE)
セレナ e-POWER3,226,300円
(XV)
3,809,300円
(ハイウェイスターG)

ハイブリッドモデル(4WD)の価格

車種エントリーグレードの価格最上位グレードの価格
ヴォクシー HYBRID3,660,000円
(S-G E-Four)
3,960,000円
(S-Z E-Four)
ノア HYBRID3,270,000円
(X E-Four)
3,890,000円
(S-Z E-Four)
ステップワゴン e:HEV設定なし設定なし
セレナ e-POWER設定なし設定なし

パワートレイン・駆動方式別の最低価格と最高価格

パワートレイン・駆動方式エントリーグレードの価格が安いモデル最上位グレードの価格が安いモデル
ガソリンエンジン・2WD日産 セレナ X
(2,576,200円)
ホンダ ステップワゴン SPADA PREMIUM LINE
(3,462,800円)
ガソリンエンジン・4WD日産 セレナ X
(2,824,800円)
ホンダ ステップワゴン SPADA PREMIUM LINE
(3,653,100円)
ハイブリッド・2WDトヨタ ノア HYBRID X
(3,050,000円)
ホンダ ステップワゴン e:HEV SPADA PREMIUM LINE
(3,846,700円)
ハイブリッド・4WDトヨタ ノア HYBRID X E-Four
(3,270,000円)
トヨタ ヴォクシー HYBRID S-Z E-Four
(3,960,000円)

燃費性能の比較

燃費性能で選ぶのであれば、ハイブリッド&ガソリンともにノア・ヴォクシー一択と言えます。セレナは他よりも1世代前ということもあり、どちら側でも苦しい状況に置かれています。

日産は環境性能に注力しているため、セレナは次期型の性能アップに期待です。

車種ハイブリッド燃費ガソリン燃費
ヴォクシー22.0~23.0km/L14.3~15.0km/L
ノア22.0~23.4km/L14.3~15.1km/L
ステップワゴン19.5~20.0km/L12.9~13.9km/L
セレナ17.2~18.0km/L11.8~13.2km/L

室内空間はセレナが圧倒的

上段:ヴォクシー、ノア
下段:ステップワゴン、セレナ
上段:ヴォクシー、ノア
下段:ステップワゴン、セレナ
車種ヴォクシーノアステップワゴンセレナ
全長4,695mm4,830mm4,770mm
全幅1,730mm1,750mm1,740mm
全高1,925mm1,855mm1,865mm
室内長2,805mm2,845mm3,240mm
室内幅1,470mm1,545mm1,545mm
室内高1,405mm1,425mm1,400mm

最もコンパクトなのはノア&ヴォクシーですが、室内空間は日産セレナが最も広いという結果に。特にセレナの室内長は見間違いかと思うほど群を抜いて高い数値です。

日産セレナの進化に期待大

新型セレナと噂される公式CMのワンシーン
出典:山形日産グループ

今回解説したミドルサイズミニバンの中で、日産 セレナのみ一世代前のモデルです。

定期的な改良によるテコ入れのお陰でまだまだ現役と言って良いクオリティですが、やはり新型がどうなるのか注目。

次期型セレナはe-POWERのモーター出力向上や四輪駆動システム「e-4ORCE」の採用、「プロパイロット2.0」の搭載などが期待されています。高速道路における使い勝手を高め、長距離ドライブ性能をさらに強化すると予想します。

セレナはかつてNo.1ミニバンだったこともあり、ここからの巻き返しが楽しみな車種です。

国産ミニバン全網羅!マップ形式で視覚的に比較

中古で選ぶならコレだ!自動車のプロがするめるオススメミニバン

国内メーカーの新型車情報をカレンダー形式で一挙掲載

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード