MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダは世界中から引っ張りだこ?海外メーカーから発売されたマツダ車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

マツダは世界中から引っ張りだこ?海外メーカーから発売されたマツダ車たち【推し車】

他の日本車メーカーと比べると、「フォードのバッジつけたクルマをオートラマ店で売ってた印象」が強すぎ、なんとなく海外メーカーブランドで売っていた印象の薄いマツダですが、そこはやはりフォード絡みでいくつかありました。

特に韓国のキア(現在はヒョンデ傘下)には、同社が自動車産業へ参入した時から深く関わるなど、海外との縁はフォードに限らず、さらに近年で個性的なクルマづくりが評価されたのか、お好み焼きとピッツァの相性が良かったのか、フィアットとも縁があります。

キア ベスタ(1986年)

ボンゴ、ボンゴブローニィの韓国版

キア ハイベスタ(中期型 ベスタ)
flickr.com Author: TuRbO_J CC BY-SA 2.0

韓国の自動車産業が海外からの技術移転頼みだった1960年代、キアの自動車産業参入もまずはマツダのオート三輪の生産から始まりました。

四輪車もファミリア(キア名:ブリザ)やカペラ(同コンコード)などキア版を作り、キャブオーバー1BOX車もボンゴをベースにいろいろと作りますが、なぜかボンゴだけは独自開発になった今でも「キア ボンゴ」のまま。

その中で1986年、3代目ボンゴ/初代ボンゴブローニィをベースに登場したのが乗用1BOXワゴンのベスタで、商用のボンゴと区別するためか名前を分け、マイナーチェンジのたびにニューベスタ、ハイベスタと微妙に名前を変え、1997年まで販売されています。

なお、ボンゴはフォードからも商用のJ80、J100、エコノバン、乗用のスペクトロンが発売され、国内でも日産(バネット)や三菱(デリカバン)にOEM供給され、何かと使い回しの効くクルマでありました。

最新「ボンゴバン」中古車情報
本日の在庫数 224台
平均価格 111万円
支払総額 40~345万円

フォード エスケープ(初代・2001年)

マツダがガッチリとフォード傘下だった時代のトリビュート姉妹車

フォード エスケープ(初代)

1990年代のバブル崩壊と5チャンネル体制崩壊により、経営悪化どころかたいまつのように炎上したマツダは、それまでも提携でお世話になっていたフォード傘下に入り、RX-7ユーザーですら「俺のクルマは今日からフォードGT7だ」と言い出す悲劇の時期を迎えます。

リストラされたクロノスファミリーともども、その時代を象徴する存在だったマツダ車だったSUV、トリビュートもフォードとの共同開発でしたが、フォード製エンジンを積まされるなどフォード色が強く、当然フォード版のエスケープも登場、日本でも売りました。

「どこがマツダ車なんだ」と言われつつ、CMでサーキット走行させてマツダ色の維持に努力したトリビュートに対し、ハナからフォード車のエスケープはアメ車にしては上々の評価で、後継のクーガもフォードが日本から撤退する2016年まで販売されています。

最新「トリビュート」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 86万円
支払総額 70~105万円

フィアット 124スパイダー(2代目・2016年)

NDロードスターのフィアット版で、アバルト版は日本でも販売

フィアット 124スパイダー(2代目)

鉄板焼きか窯焼きかの違いはあるものの、どちらも円形で具の種類は多彩、切り分けて食べる粉モンフードである広島のお好み焼きと、イタリアのピッツァ、筆者はどちらも好きで、お好み焼きにチーズが使われても、ピッツァに青海苔をかけても全然イケるクチ。

それくらい広島とイタリアには深い親和性があると思えば、当初アルファロメオ スパイダー、後に考え直しフィアット124スパイダーの2代目として、ベース車に4代目ロードスター(ND)が選ばれたのは必然でしょう。

いわば鉄板焼で焼きそばの代わりにパスタ、豚肉やキャベツの代わりにチーズやトマトを載せたお好み焼きがフィアット124スパイダーで、アバルトチューン版のアバルト124スパイダーは日本でも販売され、ジムカーナなどモータースポーツでも活躍しました。

残念ながら2020年で生産終了しましたが、次の日伊粉モンタッグ車の登場に期待したいものです。

最新「ロードスター」中古車情報
本日の在庫数 1008台
平均価格 196万円
支払総額 30~542万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード