MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 軽スポーツカー全4車種おすすめ人気ランキング|2020年最新版
メーカー・車種別

更新

軽スポーツカー全4車種おすすめ人気ランキング|2020年最新版

今では希少なスポーツモデルの軽自動車

1990年代初頭、経済的かつ運転しやすい軽自動車のスポーツカーが人気を集め、「ABCトリオ」とよばれるモデルが存在していました。

Aはマツダのチャンネルであるオートザムから販売されていた「AZ-1」。Bはホンダから販売されていた「ビート」。Cはスズキから販売されていた「カプチーノ」です。複数メーカーが軽スポーツカーを同時期に投入し、盛り上がりを見せました。

【ABCトリオの”A”】オートザム(マツダ) AZ-1

最新「AZ-1」中古車情報
本日の在庫数 22台
平均価格 222万円
本体価格 109~355万円

【ABCトリオの”B”】ホンダ ビート

過去にホンダから販売されていた「ビート」
最新「ビート」中古車情報
本日の在庫数 116台
平均価格 85万円
本体価格 36~244万円

【ABCトリオの”C”】スズキ カプチーノ

過去にスズキから販売されていた「カプチーノ」
最新「カプチーノ」中古車情報
本日の在庫数 86台
平均価格 107万円
本体価格 50~280万円

現在ではスポーツカーの販売を行なっていないメーカーが多くなりましたが、MOBY編集部は販売台数や検索需要などから、現行型の軽スポーツカーおすすめ人気ランキングを作成しました。

おすすめ人気ランキング1位:ホンダ S660

ホンダ S660

S660は2015年からホンダが販売している軽規格のスポーツカーです。

駆動方式にはMRを採用し、ルーフにはソフトトップを採用するなど、1996年に販売終了となった「ビート」の実質的な後継モデルといえます。

エンジンはホンダのN-BOXをはじめとする「Nシリーズ」に採用されているエンジンをベースに改良。最高出力47kW(64PS)/6,000rpm、最大トルクは104N・m (10.6kgf・m)/2,600rpmを発生します。

ミッションには7速MTモード付きのCVTと、軽自動車初の6速MTが採用されています。

最新「S660」中古車情報
本日の在庫数 108台
平均価格 274万円
本体価格 136~560万円

おすすめ関連記事

おすすめ人気ランキング2位:ダイハツ コペン

ダイハツ コペン
ダイハツ コペン ローブ
ダイハツ コペン クーペ
ダイハツ コペン クーペ

コペンは2002年から販売されている軽規格スポーツカー。

現行型は2014年発売の2代目モデル。2代目からは「ローブ」「エクスプレイ」「セロ」の3タイプがに分けられ、それぞれ異なる外装を持ちます。

ホンダ S660と同様にルーフを開けたオープン状態での走行が可能。さらに限定モデルとして、ハードトップの「コペン クーペ」も販売されます。

駆動方式はS660とは異なり、FRレイアウトを採用。エンジンは同社のタントなどに搭載されている最高出力47kW(64PS)/6,400rpm、最大トルク92N・m(9.4kgf・m)/3,200rpmのものを搭載。

ミッションは5速MTと7速MTモード付きCVTが採用されています。

最新「コペン」中古車情報
本日の在庫数 1114台
平均価格 111万円
本体価格 28~318万円

おすすめ関連記事

おすすめ人気ランキング3位:スズキ アルトワークス

スズキ アルトワークス

アルトワークスはスズキ アルトをベースとしたスポーツモデルです。

初代のアルトワークスは2代目のアルトをベースにしており、1987年に発売されました。

現行型はアルトワークスとしては5代目。8代目アルトをベースとして改良され2015年に発売されました。

エンジンは最高出力47kW(64PS)/6000rpm、最大トルク100N・m(10.2kg・m)/3000rpmのものを搭載。ミッションは5速MTと、5速MTモード付きATの「オートギアシフト」を採用しています。

アルトにはワークス以外にも「ターボRS」と呼ばれるスポーツグレードが存在しますが、ワークスはこのターボRSのエンジンをベースに最大トルクを高められたエンジンを搭載しており、より力強い走りが可能です。

最新「アルトワークス」中古車情報
本日の在庫数 658台
平均価格 111万円
本体価格 8~297万円

おすすめ関連記事

おすすめ人気ランキング4位:ケータハム セブン160

ケータハム セブン

イギリスの自動車メーカーであるケータハムから販売されている軽自動車「セブン160」は同社の代表モデルである「セブン」にスズキ製のエンジンを搭載したモデルです。

490kgのボディにカプチーノやジムニーなどに搭載されていた3気筒ターボエンジン「K6A」を80PSまでチューンナップして搭載。

停止状態から100km/hまでの加速タイムはたったの6.9秒を誇ります。 ライトウェイトスポーツとして高い人気を誇るセブンシリーズに追加された最小のモデルとして、高い評価を受けています。

日本仕様車の「セブン160」だけでなく、海外仕様車の「セブン165」というモデルも存在します。

{"status":422,"message":"The car cd or car name or path\u3000field is required."}

おすすめ関連記事

軽自動車に関する最新情報

マツダ スポーツカー現行車種と個性的な歴代モデルを紹介!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事