MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 成功者への妬み?ただひたすら苦労させられた車も…国産ブランドで売られていた海外メーカー車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

成功者への妬み?ただひたすら苦労させられた車も…国産ブランドで売られていた海外メーカー車たち【推し車】

自動車メーカーが販売するクルマは、メーカーである以上は基本的に自社生産なのが建前ですが、そうではないケースも多々あり、クルマに詳しくないなら、どっちが本家ともわからず「ウチのと似たクルマが違うマークで走ってる」と思う人もいるかもしれません。

そうなる理由は売りたい車種を新開発するノウハウや余力がない、開発しても生産工場のアテがない、貿易摩擦で矢面に立たされ、売りたくもないクルマを売らされた…などさまざまな理由があります。

今回は、さまざまな理由から国内メーカーブランドで販売された、海外メーカー車を紹介しましょう。

ホンダ クロスロード(初代・1993年)

ランドローバー ディスカバリー(初代)OEM

ホンダ クロスロード(初代)

イギリスの自動車メーカー、ローバーグループがまだ純然たるイギリス資本で存続しており、特に日本のホンダとは提携関係も良好で、いずれ両社は合併するとすら思われていた頃に、グループ傘下のSUVメーカー、ランドローバーから供給されたのがディスカバリー。

初代CR-V(1995年)登場前のホンダは自社製SUVがなく、ミニバンもようやく初代オデッセイが立ち上がろうという頃でしたからRVブームへ完全に乗り遅れていました。

そこで提携相手からOEMを受け入れ、いすゞからのホライゾン(ビッグホーンOEM)、ジャズ(ミューOEM)に続き導入され、フラッグシップのレンジローバーほどではないものの、3.9リッターV8エンジンを搭載し、当時としては充分に国内最大級のSUVです。

ただし、それまでのホンダ車より大きすぎて取り扱いが困難なディーラーも多く、輸入もあくまでCR-Vなど自社製SUV登場までの短期間だけでした。

最新「クロスロード」中古車情報
本日の在庫数 199台
平均価格 127万円
支払総額 45~259万円

トヨタ キャバリエ(1996年)

シボレー キャバリエ(3代目)OEM

トヨタ キャバリエ 4ドアセダン

当時既日本最大の自動車メーカーとして、北米に輸出して売りまくった結果、日米貿易摩擦で槍玉に上がり現地工場の建設やGMと提携せざるをえなくなり、さらに「シボレー」ブランドで売っていた大衆車を、トヨタ車として日本で売るようにと半ば強制されたクルマ。

セプターやアバロンのように、「北米で生産したトヨタ車」ならともかく、GM基準で開発・生産したクルマなのでトヨタが求める品質には全く届いておらず。

どうにか品質基準を引き上げ、CMに所ジョージを起用するなどイメージアップを図り、それでもダメならと2.4Lエンジンを積むセダン/クーペとは思えないほどの特価で販売したものの、全く鳴かず飛ばず。

セダンもクーペも売れなくなっていた時代にワゴンがなかったのも致命的で、ただひたすらトヨタが苦労させられるだけのクルマだったといえます。

{"status":422,"message":"The car cd or car name or path\u3000field is required."}

スバル トラヴィック(2001年)

オペル ザフィーラ(初代)OEM

スバル トラヴィック

当時まだGMグループだったオペル(現在はステランティス傘下)にタイ工場で3列シート7人乗りミニバンを作らせ、アジア各地で売り捌く計画で、日本では同じく当時まだGMグループのスバル(現在はトヨタ陣営)で、スバル トラヴィックとして販売。

ただし、その当時の日本でオペル車は「ドイツ車としては安いけれども品質がよくない」という不評が広まりブランドイメージが低下しており、スバルだけで売ればまだしも、ヤナセでオペル版ザフィーラも高く売っていたため、価格への不信でさらにイメージダウン。

クルマ自体にもスバルらしさが見当たらないためスバリストの気も引かず、国産ミニバンへの優位性も乏しいとあっては、4年足らずの短期間での撤退もやむなしでした。

その後もスバルは自社製のエクシーガを販売するものの不振で、軽1BOXベースのドミンゴ以外、ミニバンにあまり縁のないメーカーです。

{"status":422,"message":"The car cd or car name or path\u3000field is required."}

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード