MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 昔の方が良かった?軽快でパワフル、安価な日本が誇るFFスポーツカーたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

昔の方が良かった?軽快でパワフル、安価な日本が誇るFFスポーツカーたち【推し車】

日本が誇るFFスポーツは多数思いつきますが、2000年代以降のハンドリングマシンやニュル世界最速を狙う高額なスペシャルモデルより、「誇り」という意味では1990年代に全盛期を迎えた、超高回転型エンジン搭載の軽快な高性能スポーツがふさわしいでしょう。

その中でも特筆すべきモデルを厳選せよとなると、どうしても外せないのが今回紹介するホンダの3台です。

これだけ軽快でパワフル、安価なホットモデルを手軽に買って振り回せた時代は、クルマ好きにとってまさに幸福そのもの、天国のような時代であり、登場から20年、30年を経た現在もなお、モータースポーツでは現役で活躍しています。

ホンダGA2 2代目シティCZ-i/CR-i

ホンダGA2 2代目シティ
©DCTMダイチャレ東北ミーティング

トールボーイスタイルで一斉を風靡した初代を完全否定、タイヤを四隅に置いた低いクラウチングスタイルのハッチバックのみで1986年に発売されました。特徴に欠けパッとしないように見えますが、実はとんでもなく痛快なFFスポーツです。

特に1988年追加のCZ-iおよび競技ベース車CR-iの、PGM-Fi仕様1.3リッターSOHC16バルブエンジンは吹け上がり最高、軽量低重心ボディの素晴らしい旋回性能に加速性能をプラス。

ジムカーナなど、低速域での加減速とコーナリングやターンを組み合わせたコースではランエボなど4WDターボすら食いかねず、小排気量国産FFスポーツとしては強すぎるため、出場できるイベントが限られるほどでした。

最新「シティ」中古車情報
本日の在庫数 24台
平均価格 126万円
本体価格 53~248万円

ホンダEF8 CR-X SiR

ホンダEF8 CR-X SiR

自然吸気でリッター100馬力超を誇るホンダ自慢のDOHC VTECエンジン第1号「B16A」搭載車の中で、もっとも小型軽量・ショートホイールベースで旋回性能も抜群。1989年の発売から30年以上経った2021年現在でも、全日本ジムカーナなどではなお現役。

可変バルブ機構を備え、1990年代に全盛を迎えた超高回転型テンロクFFスポーツではもっとも息が長く、当時の同クラス車がフェードアウトする中、最強のEK9・初代シビックタイプRへまだまだ食らいつける実力を誇ります。

ジムカーナやストリートでの定番車種ですが、抜群の旋回性能とパワーでターマックラリーやFドリの世界でも大活躍する、万能マシンでした。

最新「CR-X」中古車情報
本日の在庫数 19台
平均価格 178万円
本体価格 89~319万円

ホンダDC2 インテグラタイプR

2000年代に入って環境性能と両立すべく大排気量化やターボ化、あるいはパワーよりハンドリングの良さを売りにしていった国産FFスポーツ。

しかし、古きよき小排気量高回転高出力型エンジンの突き抜けるような気持ちよさは忘れられないもので、EK9初代シビックタイプRともども、末期の代表作が初代インテグラタイプRです。

4ドアのDB8型もありましたが、最強モデルは3ドアクーペのDC2型で、安全装備以外はフルノーマル状態でも、従来のチューンドFFスポーツに負けない速さでした。

純粋な速さならもっと上はありますが、価格と性能、気持ちよさのバランスが取れたDC2インテRは、まさに日本の誇りと言えるFFスポーツです。

最新「インテグラ タイプR」中古車情報
本日の在庫数 118台
平均価格 235万円
本体価格 100~890万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

新型インテグラ タイプRの最新情報はこちら!

ホットハッチカー人気ランキングはこちら!

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード