MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > ステップワゴン > 《主観レビュー新型ステップワゴン》徹底試乗!発売後、好調な販売成績も頷ける?
ステップワゴン

更新

《主観レビュー新型ステップワゴン》徹底試乗!発売後、好調な販売成績も頷ける?

販売台数は予想の5倍と好調な立ち上がり

今年(2022年)の5月、7年ぶりにホンダ ステップワゴンがフルモデルチェンジしました。

グレードは「AIR(エアー)」と「SPADA(スパーダ)」がありますが、発売から約1ヶ月で月間販売計画の5倍以上となる2万7,000台の受注を得て、好調な立ち上がりとなりました。

初代ステップワゴンが登場したのは1996年。当時、多人数乗車が可能なワンボックスワゴンはキャブオーバータイプが多かった中、FF乗用車プラットフォームを用いたミニバンに仕立てたことで大きな話題を集めました。

販売絶好調!新型ステップワゴンのニュースはこちら

今どきのミニバンに珍しい「控えめデザイン」

今回のモデルチェンジで6代目となったステップワゴンですが、外観はかなりシンプルで爽やかなスタイルといった印象を受けます。

ライバル車種であるトヨタ ヴォクシーなどが大ヒットしてから、国産車のミニバンは強面でゴツゴツとした躍動感のある外観デザインが主流となりました。しかし新型車ステップワゴンは、初代ステップワゴンに原点回帰したような外観デザインになっています。

シンプルでスマートな、穏やかな印象を特に受けるのが「AIR」ですが、「SPADA」も先代に比べるとメッキの煌めきは控えめになっています。

精悍な見た目にこだわった「SPADA」もギラギラした印象は薄く、センスの良さを感じるスタイルです。

そこから「AIR」はさらにメッキデザインを取り去っています。6代目ステップワゴンのコンセプトデザインも、「AIR」から始まったらしく、とにかくシンプルな中に上質な佇まいが醸し出されています。

初期の売れ筋は「SPADA」が優勢だったようですが、光り物や凸凹を取り去った、シンプルでスマートな「AIR」のデザインは、躍動感やイカツさを重視したミニバンが多い中では新鮮さが感じられるということで、特に若いユーザーから人気を集めているようです。

→ホンダ ステップワゴンの詳細を見る【画像29枚】

5ナンバーミニバン最大級の広さ!

歴代モデル同様、現行モデルはFFレイアウトを採用し室内空間が優れたMクラスミニバンとして開発されました。

そして今回、先代モデルと比べ全長が35mm、全幅が55mm拡大されています。

5ナンバー級と呼ばれてきたミドルサイズの国産ミニバンのなかでも、さらに大柄になりました。

3列目でも快適に過ごせるこだわりが!

1列目シートから3列目シート間(ヒップポイント)は1,831mmと国産Mクラスミニバンの中では最長。

とくに3列目シートの快適性が大きく上がっており、先代モデルより着座面を高くしてシートクッションの厚みも増しています。

7人乗り2列目キャプテンシートは前後だけでなく、左右スライド機能も装備されています。(メーカーオプションで8人乗りが可能なベンチシートも選べる)

左右シートを中央に寄せるとふたり掛けベンチシートに、内側に寄せると最大865mmの前後ロングスライドが可能となるなど、自由自在なシートアレンジができるのも新型の特徴といえます。

また、使わない際は簡単操作で床下に収まる3列目も、厚みのあるクッションで仕立てられたうえ、背もたれを伸長。

前席から続くソフトパッドをサイドにあしらうなど居心地を追求されていて、座面の位置も高くなり、車内全体を見わたせる爽快な視界にもこだわられています。

これによって、乗り物酔いしにくく、抜けのよい視界を実現しています。

タイプ別に用意されたシート素材にも注目

新型では先代より遮音性が高められたこともあって、居心地の良さは予想以上のものです。

シートの素材にもこだわられており、標準グレードの「AIR」には、ソファーのようなメランジ調のシート表皮を採用され、汚れが目立ちにくく、いつでも誰もが心地よく過ごせる空間としています。

タイプ別設定となっているシート「FABTECT(ファブテクト)」は、液体汚れ、油汚れが拭き取りやすくシミになりにくい素材になっていますし、「SPADA」で採用されているシート背面には、汚れに強いプライムスムース(合皮)を採用されています。

ミニバンのメインユーザーであるファミリー層が安心して使えるよう、子供がシートを汚してしまっても、かんたんに汚れが拭き取れるように配慮されています。

3列目は便利なワンタッチ収納を踏襲

荷物の積み下ろしがラクにできるよう、テールゲートの開口幅は広く、床は低く設計されていて、自転車などの大きな荷物もスムーズに積み込めます。

3列目シート肩口のトラップを引き上げると、背もたれが前に倒れます。片手で楽々とできる操作で、そのままシートを後方に引きながら床に押し込めば、3列目がフラットなラゲッジスペースに変身します。

跳ね上げ式の3列目シートを採用しているライバル車の日産 セレナやトヨタ ヴォクシーと比べ、荷室空間の使い勝手はよさそうです。

シートアレンジ次第では、ソファやサーフボードの積み込みも可能です。

パワーテールゲートの使い勝手も◎

テールゲート開口部の最大高は約1,195mm、同地上高は約530mmとなっていて、3列目シートを格納した時の荷室幅は約1,195mm。実用的で広々としたリアスペースになっています。

また、従来モデルに設定されていた「わくわくゲート」は廃止となったものの、開度を記憶できるパワーテールゲートが用意されました。

これにより、後方にじゅうぶんなスペースがない場所や障害物がある場合でも、楽に開け閉めができるようになりました。加えて、開閉操作はスマートキー、テールゲートのスイッチから行える点も嬉しいポイントと言えるでしょう。

また、シートバックテーブルやコートフック、ラゲッジアンダースペースなどの、あると便利な収納装備も用意されています。

タイプ別の設定にはなるものの合計で20以上も用意されており、リビングで過ごしているような快適さを味わうことができるでしょう。

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード