MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ダットサン > フェアレディ > 【ダットサン フェアレディ SPL213型】個体数500の可愛いレトロモービル
フェアレディ

更新

【ダットサン フェアレディ SPL213型】個体数500の可愛いレトロモービル

ダットサン フェアレディ SPL213型に特別試乗!

ダットサン フェアレディ 1200 SPL213型 試乗

今年の初夏に日産自動車がメディア向けに開催したヘリテージコレクションの取材会にて、ダットサン・フェアレディ SPL213型に特別に試乗することができました。試乗といってもメカニックの運転での同乗試乗、試乗コースは敷地内を数分走行するといったもので、悪天候のなかの一瞬の晴れ間に急いで敢行。このため、なんと大の大人4人が乗車しての試乗!

いかにも旧車なエンジン音を聞きながらの走行は格別。もはや、乗り心地いいとか悪いとか、そんな次元のお話ではない貴重な体験でした。

ダットサン フェアレディ 1200 SPL213型
フェアレディとお揃いの衣装で横に立つのは日産自動車・広報の鵜飼さん。

取材は、日産自動車・座間事業所にある「日産ヘリテージコレクション」にて。ここは一般の方も無料で見学できます。(見学の案内はこちらの公式HPをご覧ください。)

ヘリテージの元祖フェアレディ1200( SPL212/213型)はどんな車?

ダットサン フェアレディ 1200 SPL213型 外装
フェアレディ1200のアイコニックカラーは、ポップな赤・白のツートンだ
ダットサン フェアレディ 1200 SPL213型 内装
内装も赤で統一されたアメリカンスタイル。

現在でも日産のスポーツカーとしてGT-Rとともに双璧をなすフェアレディZ。そのヘリテージモデルの名を冠した元祖となるのが、ダットサン フェアレディ1200です。フェアレディ1200の誕生は1960年1月、型式番号はSPL212型とし、同年に設立された米国日産(現:北米日産)の専売モデルであったため個体は全てが左ハンドル。ダットサンブランドとして販売されました。

SPL212型は戦後型となるダットサンセダン 210型をベースとし、ボディのアイコニックカラーは北米を意識したポップな赤と白を曲線モールで分割したツートンで、軽量ながら4シーターを持つおしゃれなコンバーチブルとしています。車名に選ばれた「フェアレディ」とは当時のアメリカ・ブロードウェイでロングラン公演記録を更新中であった「Oh my fairlady(日本名:マイ フェア レディ)」にあやかり、誰からも長く愛されてほしいとして名付けられました。

同年10月にはパワーアップ・リファインが施されたSPL213型が早くも登場。カラーには赤・白ツートンのほかにも、白・ペパーミントグリーンのツートン、赤一色などもラインナップ。北米での確実な手応えをつかみ、のちのダットサン フェアレディ 2代目SP310型、さらに初代フェアレディZ S30型へと進化していくのです。ダットサン フェアレディ 1200は、SPL212・213型両モデル合わせても個体数は500台程度となる稀少スポーツとなっています。

ポップだがれっきとしたスポーツ!フェアレディ SPL213型のスペック

ダットサン フェアレディ 1200 SPL213型 内装
コンパクトでありながら4シーター・4人乗りを実現している。
ダットサン フェアレディ 1200 SPL213型 内装
型式番号SPLのLとは、レフトハンドドライブ(=左ハンドル)を意味する。

ダットサン フェアレディ SPL213型は、大人4人を乗車可能とした4シーター・コンバーチブルですが、ボディサイズは全長4,025㎜・全幅は1,475mm・ホイールベースは2,220mm、車両重量は890kgの非常に軽量でコンパクトなスポーツカー。同時期に販売されアメリカではコンパクトだとされた初代シボレー・コルベットは、2シーター2人乗りでありながら全長4,249mm・全幅1,773mm・車両重量は1,309kgとなり、フェアレディがいかに小さかったかがわかります。

エンジンはブルーバード 310型に搭載されたE型を改良しE1型に。排気量1.2L 直列4気筒OHVエンジンの圧縮比を8.2に変更し、ツインキャブ化することで55PSにパワーアップ。最高速度は132km/hを達成しました。高回転型エンジンへとセッティングがなされたダットサン フェアレディ SPL213型は、見た目のポップさとは対照的に北米での日本産スポーツの礎を築いたモデルだと言えるでしょう。

フェアレディ1200( SPL212/213型)は個体数少なく価格は高め

ダットサン フェアレディ 1200 SPL213型 エンブレム
フェアレディの名が初めて冠されたのが1200だ。
ダットサン フェアレディ 1200 SPL213型 スペック表
ダットサン フェアレディ 1200のスペック表も展示されていた。

ダットサン フェアレディ 1200は生産台数も500台と稀少で、北米専売モデルであるため国内での流通は殆どないため現時点では流通しておらず、出回った場合には高額となることは間違いないようです。また、全てのパーツの供給体制が整っているわけではないため、アフターケア・パーツ供給をどうするかまで考慮しておく必要があるでしょう。(2019年7月時点)

フェアレディ1200( SPL213型)のスペック表

エンジン直列4気筒OHV
最高出力55PS/4,800rpm
最大トルク8.8kgf・m/3,600rpm
ボディサイズ全長:4,025mm
全幅:1,475mm
全高:1,380mm
ホイールベース:2,220mm
車両重量890kg
トランスミッション4速MT
駆動方式FR
乗車定員4人
新車時車両価格

ダットサン フェアレディ 1200の第1弾は SPL212型

※ここからの画像は「ジャパン・クラシック・オートモービル2019」での取材で撮影したものです。

ダットサン フェアレディ 1200 SPL212型 外装
ジャパン・クラシック・オートモービル2019では、1200の第1弾SPL212型も参加していた。
ダットサン フェアレディ 1200 SPL212型 外装
SPL212型は生産台数288台の稀少モデルだ。
ダットサン フェアレディ 1200 SPL212型 外装
今でも歴史あるレトロモービルとしての風格が漂う。

ダットサン フェアレディ 1200の第1弾は、1960年1月にデビューしたSPL212型。型式番号のもつ意味とは、Sがスポーツ・Pがパワーアップ・Lがレフトハンドドライブ(=左ハンドル)を意味し、数値212はダットサンセダン210をベースとした2回目マイナーチェンジモデルを意味します。フェアレディ 1200は、その始祖を1952年デビューのダットサン DC-3とし、1959年にはダットサン スポーツ 1000での北米テスト販売を経て、ついに本格的デビューを果たすのです。

ダットサン フェアレディ 1200 SPL212型 外装
コンパクトながら余裕のある前席室内空間。
ダットサン フェアレディ 1200 SPL212型 外装
スチールホイールにも赤を取り入れ統一感がある。
ダットサン フェアレディ 1200 SPL212型 外装
オーバーライダーは機能面だけでなくフェアレディをグッとドレッシーに見せている。

ダットサン フェアレディ SPL212型は、先代スポーツ 1000で採用されていたFRPボディから鋼板製ボディに変更。バンパーには北米モデルらしくオーバーライダーが装着され、サスペンションにも前輪ではリーフリジットから独立懸架となるトーションバーに変更。トランスミッションは4速フロアシフトで、当初の最高出力は48PSとしています。(オーバーライダーとは、追突時にバンパー・ボディ本体が受ける衝撃をやわらげる補強部品であるが、同時に装飾部品として装着されることも。日本ではその形状から通称カツオ節と呼ばれたりする)

ダットサン フェアレディ 1200 SPL212型 外装
テールライトすら手は抜いておらず、美しい。
ダットサン フェアレディ 1200 SPL212型 外装
日本橋を優雅に疾走するダットサン フェアレディ 1200

フェアレディ1200( SPL212型)のスペック表

エンジン直列4気筒OHV
最高出力48PS/4,800rpm
最大トルク8.4kgf・m/2,400rpm
ボディサイズ全長:4,025mm
全幅:1,475mm
全高:1,380mm
ホイールベース:2,220mm
車両重量
トランスミッション4速MT
駆動方式FR
乗車定員4人
新車時車両価格

取材レポート・撮影:宇野 智
文・編集:石黒真理

この記事の執筆者
MOBY編集部