MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 【赤井秀一や安室透の車も】名探偵コナンに登場するキャラクター達の愛車17台【祝・ハロ花公開】
メーカー・車種別

更新

【赤井秀一や安室透の車も】名探偵コナンに登場するキャラクター達の愛車17台【祝・ハロ花公開】

名車が多く登場する作品「名探偵コナン」

「名探偵コナン」は、原作者の青山剛昌氏により、1994年から小学館「週刊少年サンデー」で連載されている人気長寿漫画です。1996年からはTVアニメの放映がスタート、1997年からは映画版アニメが上映され、いまだに根強い人気があります。

そんな「名探偵コナン」ですが、作中で登場する車たちの再現率の高さは見どころに挙げたいポイントの1つです。

推理・刑事もののジャンルにあたる漫画作品ならではのカーチェイスや、登場キャラクターたちが移動で使用しているシーンで描かれている車に、つい注目してしまうのではないでしょうか。登場する車は、いずれも実際に存在するモデルの特徴を上手にとらえています。

今回は、名探偵コナンに登場する主なキャラクターたちが愛用している車たちを17台ピックアップしました。作品公式で行われた人気投票ランキングでも1位・2位を争うキャラクターに加えて、各登場人物が使用している車を詳しく解説します。

安室透の愛車:マツダ FD3S RX-7

安室透は、別名で「降谷零」や「バーボン」と名乗り、主人公・江戸川コナン(工藤新一)が立ち向かう「黒の組織」ともつながりがある複雑な立場をもつキャラクターです。

作品公式の人気キャラクター投票で第2位を獲得し、ファンの人気が上昇中です。安室透の声は、自動車紹介番組でもナレーションを務めている声優・古谷徹氏が担当しています。

安室透が作中で使用している車は、マツダが誇る名車「FD3S RX-7」。

ホワイトのボディカラーとなっている安室透仕様のRX-7は、玩具メーカーが展開しているミニカーシリーズでも実物化して販売された程の人気です。加えて、マツダ公式SNSでもネタに取り上げられるほどの知名度を誇ります。

劇場版名探偵コナン ゼロの執行人 (通常盤) (Blu-ray)

劇場版名探偵コナン ゼロの執行人 (通常盤) (Blu-ray)

高山みなみ, 山崎和佳奈, 小山力也, 古谷徹, 上戸彩
5,130円(02/23 12:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

マツダ RX-7(アンフィニ RX-7 FD3S型) とは?

「マツダ RX-7」は、1978年に初代が登場した2ドアクーペです。安室透仕様のモデルとなった3代目・FD3S型は1991年に登場し、2002年まで販売されていました。バランス重視の「ライトウェイト・スポーツカー」をテーマに開発され、多くのマツダファンや走り屋などの車好きより人気を獲得しています。

マツダの魅力の1つである「ロータリーエンジン」と、FR(フロントエンジン・後輪駆動)レイアウトと低重心化を施したボディを組み合わせたパッケージは、コーナーが多い山坂道での走行安定性に優れています。

安室透仕様のRX-7は、1991年から1996年まで販売されていた前期モデルがベースとなっているようです。フロントボンネットに貼られているエンブレムはマツダが展開していたブランド「アンフィニ」のロゴとなっているほか、フロントヘッドライトが細い楕円形となっています。

前期モデルの発売から時間が経過しているため、オリジナルの状態で安室透仕様を味わうのは困難な状況です。

他の漫画・アニメ作品でも人気の登場車種となっているため、車のファンだけでなく漫画・アニメファンにも知名度が高いスポーツカーではないでしょうか。

最新「RX-7」中古車情報
本日の在庫数 109台
平均価格 545万円
支払総額 265~1,574万円

赤井秀一の愛車:フォード マスタング シェルビーGT500 など

赤井秀一は、FBI捜査官の立場で黒の組織を追うキャラクターです。並外れた推理力と優れた狙撃力で江戸川コナンとも手を組み、黒の組織と対峙します。作品公式での人気投票では第1位を獲得したほど、作品ファンから高い支持を得ています。

赤井秀一は、正体を隠すために使用している「沖矢昴」名義も含めて、歴代で3台の愛車が存在します。ピックアップトラックやハイスペックのスポーツカー、日本で庶民向け自家用車の始まりとなった車まで、バラエティーに富んでいる点に注目です。

劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)(通常盤)[Blu-ray]

劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)(通常盤)[Blu-ray]

高山みなみ, 山崎和佳奈, 小山力也, 山口勝平, 天海祐希
5,264円(02/23 12:54時点)
Amazonの情報を掲載しています
最新「マスタング」中古車情報
本日の在庫数 218台
平均価格 475万円
支払総額 62~2,900万円

シボレー C1500(C/K)

©Sergey Kohl/stock.adobe.com

「シボレー C1500(C/K)」は、アメリカの自動車メーカー「シボレー」が販売していたピックアップトラックです。

赤井秀一が使用していたシボレーC1500は、1987年に登場した通算4代目がモデルとなっています。黒のボディと左ハンドル仕様、車体後部に備わった荷台が特徴です。

漫画およびアニメの作中で度々登場し、最後の登場では”諸事情”により爆破された悲劇のピックアップトラックでもあります。赤井秀一の正体が詳細まで明かされていない時期に使用されていたことから、ファンの間でもさまざまな憶測が立てられ、黒の組織の一員ではないかと推測したポイントにも挙げられていた車です。

最新「シボレーC-1500」中古車情報
本日の在庫数 29台
平均価格 256万円
支払総額 120~548万円

フォード マスタング シェルビーGT500

「フォード マスタング シェルビーGT500」は、アメリカの自動車メーカー「フォード」が販売している2ドアクーペです。

2016年公開の映画「純黒の悪夢(ナイトメア)」にて、赤井秀一がカーチェイスのシーンで使用していたスポーツカーのモデルとなっています。赤地に2本の白いストライプが入ったマスタングで、安室透のRX-7とともに黒の組織を追う姿を覚えている人が多いのではないでしょうか。

シェルビーGT500は、ベースの「マスタング」に約660馬力を発揮する5,800㏄V型8気筒スーパーチャージャー付きガソリンエンジンを搭載したハイスペック仕様となっています。

ホールド性に優れたレカロ製バケットシートやブレンボ社製のブレーキパーツが標準装備されることで、サーキット走行へすぐに対応できる充実した装備も魅力です。

公道でカーチェイスはできませんが、サーキット走行などで赤井秀一の雰囲気を味わえるスポーツカーです。

最新「マスタング」中古車情報
本日の在庫数 218台
平均価格 475万円
支払総額 62~2,900万円

スバル 360(「沖矢昴」名義)

「スバル 360」は、1958年に日本の自動車市場で誕生した「史上初の一般家庭向け乗用車」で知られる軽自動車です。

ある事情で「沖矢昴」と名乗ることとなった赤井秀一が操る車となります。

RR(リアエンジン・後輪駆動)レイアウトを採用し、排気量が360ccのエンジンでコンパクトな車体ながら4人乗車を実現しています。1960年代の高度経済成長期を迎えていた日本で、一気に街なかで乗用車の普及に貢献しました。

沖矢昴こと赤井秀一仕様のスバル 360は、漫画紙面上での応募者全員サービスのミニチュアカーともなっています。ファンなら気軽にコレクションができる点にも注目です。

最新「360」中古車情報
本日の在庫数 20台
平均価格 188万円
支払総額 140~275万円

執筆者プロフィール
長谷川 優人
長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期にライター業を開始。日常系アニメと車好き。現在所有はワゴンR(MH95S)。アニメ作品の聖地巡礼などで、各地へドライブに出かける。

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード