MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > そんなのアリ?日本車史上最も悲劇的な車も…メーカーの扱いが不遇だった車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

そんなのアリ?日本車史上最も悲劇的な車も…メーカーの扱いが不遇だった車たち【推し車】

車は、目標販売台数の大小を問わず、メーカーと部品のサプライヤー、販売会社、ユーザーなど、その車に関わる全ての人にとって幸せをもたらすような存在であってほしいと、期待されて世に出され、販売終了までの日々を過ごします。

しかし、メーカーの経営悪化や市場動向を読み誤った事で、長期にわたり放置に近い扱いを受ける車もあります。中には単なるメーカーの都合だけで「それはあまりにも…」と不遇な扱いを受けるケースもあります。今回はそんな車を3台、集めてみました。

スズキ セルボ(歴代全て)

結局、スズキにとってセルボとは何だったのか?

3代目セルボのガラスルーフは今見ても秀逸だが、フロントは旧型アルトのままなのが惜しすぎた

初代は硬派スポーツの名車フロンテクーペが基本。女性向けパーソナルクーペとしては無理があり、2代目でFF化とターボで持ち直すも、スポーツ系の座をアルトワークスに奪われた3代目は、ガラスルーフなど磨けば光る素材なのに660cc化されず。わずか2年半で廃止となりました。

4代目セルボモードはスズキ軽唯一の4気筒エンジンがMTのみ。上級車なのに4ATはほとんどなし。モデルチェンジも新型K6Aエンジン搭載もないまま新規格へ移行せず廃止。2006年に復活した5代目も走りを重視と言いつつMTはありません。

歴代全て、発売したはいいもののコンセプトを十分に活かせず扱いに困ったようで、冷遇ぶりが目立つ軽スペシャリティカーでした。

スズキ キザシ

日本車史上、もっとも悲劇的な車として記憶されるべき

「伝説の日本車」として、これからも語り継がれるであろうキザシ

何度かコンセプトカーとして出展後、2009年に突然発売して業界を驚かせた車。その直後、主要市場として想定した北米から撤退したため存在意義を失い、他の国でも全て中途半端なセールスに終わりました。

特に日本では警察に投げ売りされたと噂され、実際に警察用車両以外で見かける機会は稀と言われ、「一体何のために発売したのか」と誰もが首を傾げます。

数少ないオーナーによれば運転しやすく品質も高評価でした。明確な販売戦略のもとグレードや派生車を増やしていけば、プレミアムコンパクト路線を推し進めていたスズキのフラッグシップとして成長する余地は大いにあったと、冷遇ぶりが惜しまれる車です。

4代目トヨタ ソアラ / 2代目レクサスSC

え?今日からソアラじゃないの?

レクサスSCになってからも5年売り、SUPER GTにも出てしまったので4代目ソアラというイメージは薄い

2代目までとはデザインが大きく変わったものの、2ドアクーペだったのでまだ許せた3代目から、4人乗りクーペカブリオレとなってユーザーを困惑させた4代目ソアラ。

それでもソアラであるうちは「これが現代のラグジュアリークーペというなら仕方ない」と思われていましたが、悲劇は2005年8月に起きました。

なんと、モデル途中でトヨタ車としてのソアラは廃止。以後はレクサスから、SCとして売るというのです。

セルシオがモデルチェンジまで、ハリアーは旧型をトヨタブランドで継続販売したのに対し、途中でいきなりレクサスになったのはソアラくらいでした。新旧どちらのユーザーも微妙な気分になる、何とも雑で残念な扱いでした。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード