MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 【でかい車】圧倒的存在感!大きい車 人気ランキングTOP10|国産車から外車まで
メーカー・車種別

更新

【でかい車】圧倒的存在感!大きい車 人気ランキングTOP10|国産車から外車まで

好き嫌いはあっても、その存在感は無視できない「大きい車」

©Mike Mareen/stock.adobe.com

3ナンバー車が当たり前になった現在でも軽自動車やコンパクトカーが主流、国産車メーカーも北米向けフルサイズ車はほとんど輸入していない日本。

しかし大きな車好きには嬉しい事に、スペックを見ただけでいかにも扱いにくそうなデカイ車も国産・輸入問わず、意外と売っています。

そこで今回は大きな車でも日本国内で正規販売している乗用車に絞り、全長×全幅×全高×ホイールベースで「総合スコア」を計算(車重はバッテリーやエンジン重量の比重が大きく、カタログで非公表車種もあるので除外)。

その中でも魅力的に思える10台をランキングにしてみました!

10位:ベントレー ベンテイガ

総合スコア:507.3点

かつてはロールスロイスのスポーツブランド的な扱いでしたが、フォルクスワーゲン傘下となってからはかつての高級スポーツ&スペシャリティメーカーとしての輝きを取り戻したベントレーが、2016年に初めて発売したSUV

ロールスロイスほど闇雲な大型高級路線でなく、今回ランクインしたSUVの中でも一番車高が低い車ですが、それでも全長5m以上、全幅約2mの高級スポーツSUVが疾走する姿は圧巻です。

  • 全長:5,125~5,150mm
  • 全幅:1,995~2,010mm
  • 全高:1,710~1,755mm
  • ホイールベース:2,995mm
  • 車重:2,415~2,648kg
  • エンジン(S / V8):3,996ccガソリンV8ツインターボ550馬力・78.5kgm
  • エンジン(スピード):5,945ccガソリンW12ツインターボ635馬力・91.8kgm
  • エンジン(ハイブリッド):2,995ccガソリンV6ツインターボプラグインハイブリッド449馬力・71.4kgm(システム出力)
  • 価格:2,269万~3,345万円

9位:トヨタ ランドクルーザー300

総合スコア:544.2点

国産大型高級SUV代表のランドクルーザーとレクサスLXも国産車にあるまじき巨体。かつて自衛隊の「高機動車」民生化版メガクルーザーほどでないにせよ、利用にはそれなりの制約があります。

今回は2021年8月発売、スポーツモデル「GR SPORT」も初ラインナップした最新型、トヨタ版のランドクルーザー300をノミネート!

全長5m・全幅&全高とも2mへ迫るボディは、「トヨタSUV艦隊の旗艦」にふさわしい貫禄です。

  • 全長:4,950~4,985mm
  • 全幅:1,980~1,990mm
  • 全高:1,925mm
  • ホイールベース:2,850mm
  • 車重:2,360~2,560kg
  • エンジン(ガソリン車):3,344ccガソリンV6ツインターボ415馬力・66.3kgm
  • エンジン(ディーゼル車):3,345ccディーゼルV6ツインターボ309馬力・71.4lgm
  • 価格:510万~800万円

8位:メルセデスマイバッハ Sクラス

総合スコア:556.5点

2021年7月にモデルチェンジしたばかりの超高級ブランド、メルセデス・マイバッハ Sクラス。

メルセデス・ベンツ Sクラスのロングよりさらに全長とホイールベースを延長、ブラックアウトされたグリルなど内外装の威厳ある高級感と合わせ、只者ではない雰囲気です。

  • 全長:5,469mm
  • 全幅:1,921mm
  • 全高:1,510mm
  • ホイールベース:3,396mm
  • 車重:非公表
  • エンジン(S580 4MATIC):3,982ccガソリンV8ツインターボマイルドハイブリッド503馬力・71.4kgm
  • エンジン(S680 4MATIC):5,980ccガソリンV12ツインターボ612馬力・91.8kgm
  • 価格:2,648万~3,201万円

7位:BMW X7

総合スコア:588.6点

ライバルに先んじて投入、今やフルラインナップ化するほど成長したSAV(SUVのBMW名)群の旗艦、X7も堂々のエントリー。

ディーゼル・マイルドハイブリッド、4.4リッターV8ガソリンターボといったパワーユニットもさることながら、BMWの「顔」であるキドニーグリルも巨体に見合った大型で、迫力やインパクトでは十分!

それでいて若々しいスポーティさも感じさせるのが、BMWらしいところです。

  • 全長:5,165mm
  • 全幅:2,000mm
  • 全高:1,835mm
  • ホイールベース:3,105mm
  • 車重:2,500~2,580kg
  • エンジン(xDrive40d系):2,992ccディーゼル直6ターボマイルドハイブリッド340馬力・71.4kgm
  • エンジン(M50i):4,394ccガソリンV8ターボ530馬力・76.5kgm
  • 価格:1,114万~1,623万円

6位:ロールスロイス・カリナン

総合スコア:645.7点

「超」高級車メーカーでも超名門ブランド、ロールスロイスが「本気で作りましたが、文句はありませんねッ?!」と言われてグゥの音も出ない超高級SUV。

全幅5.3m超、全幅2mも大したものですが、3.3m近いホイールベースは今回紹介する大型SUVでも随一で、後席はさぞかし快適かと思います。

200万円以上のアウトドア用オプションなど、キャンプより貴族の狩猟用というべき豪華さで、何から何まで圧倒されっぱなしです。

  • 全長:5,340mm
  • 全幅:2,000mm
  • 全高:1,835mm
  • ホイールベース:3,295mm
  • 車重:2,750~2,850kg
  • エンジン(カリナン):6,748ccガソリンV12ツインターボ571馬力・86.7kgm
  • エンジン(ブラックバッジ カリナン):同600馬力・91.8kgm
  • 価格:4,085万~4,712万円(コーンズ)

5位:キャデラック エスカレード

総合スコア:658.6点

2021 Cadillac Escalade

デカイ車といえばアメ車!しかし今や正規輸入はキャデラックとシボレー、ジープ、テスラくらいで、マスクだけコワモテか、大きいけどスポーティな車が多い印象。

それでも、これぞ迫力や存在感あふれるアメ車のSUVでしょう!と言いたくなるのがキャデラックのエスカレード。

ターボやモーターを組んで先進性を感じさせるより、6.2リッターV8OHVの自然吸気エンジンなところも、アメ車ってそうだよね?!と嬉しくなります。

  • 全長:5,400mm
  • 全幅:2,065mm
  • 全高:1,930mm
  • ホイールベース:3,060mm
  • 車重:2,740kg
  • エンジン:6,156ccガソリンV8 416馬力・63.6kgm
  • 価格:1,490万~1,520万円

4位:トヨタ グランエース

総合スコア:667.0点

ハイエース海外仕様ベースで、送迎用に便利そうな4列シート8人乗り、あるいは3列シート車でゆったり快適6人乗り仕様で2019年12月にデビューしたのが、グランエース。

FRの商用車ベースなだけに、高級感や乗降性ではアルファードに、知名度や総合的な使い勝手ではハイエースに譲る微妙なポジションですが、逆に既存車種がありながら、こういう車種も選択肢として準備できるのが今のトヨタの強みです。

  • 全長:5,300mm
  • 全幅:1,970mm
  • 全高:1,990mm
  • ホイールベース:3,210mm
  • 車重:2,740~2,770kg
  • エンジン:2,745ccディーゼル直4ターボ177馬力・45.9kgm
  • 価格:620万~650万円

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード