MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 「ジイちゃんがポルシェで迎えにくる!」来たのは軽トラ…農道のスーパーカーたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

「ジイちゃんがポルシェで迎えにくる!」来たのは軽トラ…農道のスーパーカーたち【推し車】

その昔、田舎の小学校では「今日はウチのジイちゃんがポルシェで迎えにくるから!」と言えばスバル サンバー、「ウチはフェラーリだぞ!」と言えばホンダ アクティの軽トラが来た…といいます(※時代や地域により差あり)。

筆者の知り合いに至っては、「おじさんがブルドーザーで迎えにきた」という変わった人もいましたが、とにかく自由な日本の農村、農道のポルシェやフェラーリと言われた車をご紹介しましょう!

農道のポルシェ|スバル サンバートラック

スバル サンバートラック(3代目・1980年式)

ポルシェといえば911でRR(リアエンジン・リアドライブ)、RRといえばスバル サンバー…というわけで、まだスバルが独自に軽自動車を作っていた時代のサンバーは「農道のポルシェ」とも呼ばれました。

あいにく水平対向エンジンではなく直列4気筒(昔なら2気筒)ですが、スーパーチャージャーを積んだハイパフォーマンスモデルもありますし、自然吸気仕様なら農道の911カレラ、スーパーチャージャー車なら農道の911ターボといったところでしょうか。

なお、サンバートラックは農家ネタ以外にも、電気屋で「20インチTV(ブラウン管時代)を積んだ時のコーナリングが最高」など、妙な評価をよく聞く車でした。

最新「サンバートラック」中古車情報
本日の在庫数 849台
平均価格 55万円
本体価格 7~980万円

農道のフェラーリ|ホンダ アクティトラック

4代目ホンダ アクティトラック TOWN スピリットカラースタイル(2018年)

RRのサンバーがポルシェなら、ミッドシップのホンダ アクティこそ「農道のフェラーリ」にふさわしい車です。

ミッドシップなら別に、ランボルギーニでもロータスでもMR2でも何でもいいような気もしますが、ランボルギーニは(別会社ですが)農業用トラクターメーカーでもあり、シャレになってないので、一番農村から遠そうなフェラーリが選ばれたのでしょう。

実際、アクティトラックはビート用のMTRECエンジンなどスワップチューンが行われる事も多く、「F1にも参戦したメーカーの2シーターミッドシップスポーツ」と言われると、妙な説得力があるような、ないような?

最新「アクティトラック」中古車情報
本日の在庫数 819台
平均価格 60万円
本体価格 9~198万円

農道のBMW|スズキ キャリイターボ

初期にはターボ車もあった、10代目スズキ キャリイ

サンバーとアクティを除き、近代的軽トラは全てキャビンの下へエンジンを備えたフルキャブ/セミキャブオーバーでフロントエンジンなFR車(と4WD)であるため、「農道の○○」はどれでもいいのですが、あえてのチョイスはキャリイターボです。

9代目末期から10代目初期、1997年から2000年までの短期間のみ存在したキャリイターボは軽トラ唯一のターボ車で、軽トラマニアにもちょっと人気のレアモデル。

輸入高級車でターボなら何がいいかなと思うと、ちょっとこじつけではありますが、「マルニターボ」こと2002ターボで市販ターボ車を早くから実現したBMWに敬意を払い、ここでは「農道のBMW」ということにしておきます。

最新「キャリイトラック」中古車情報
本日の在庫数 2753台
平均価格 72万円
本体価格 8~435万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード