MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 漫画「らき☆すた」にも登場!スポーツカーも真っ青な軽ホットハッチの名車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

漫画「らき☆すた」にも登場!スポーツカーも真っ青な軽ホットハッチの名車たち【推し車】

「ラリーでライバル同士の名勝負」といっても、WRC(世界ラリー選手権)をはじめ国内外で熱く戦った、三菱 ランサーエボリューションやスバル インプレッサWRXなどハイパワーマシンばかりではありません。

かつて全日本ラリーに小排気量クラスがあった頃には軽4WDホットハッチによるバトルが、それも時には三つ巴で繰り広げられたものでした。そんなリトルモンスター3台をご紹介します。

ダイハツ L210S ミラX4-R(1991年)

ダイハツL210S ミラX4-Rのベース車、ミラX4(クロスフォー)

国内ラリーでは1980年代末の550cc時代にスズキ アルトワークスとダイハツ ミラターボ4WDの軽ターボ対決が激しくかったものの、1990年に軽規格が660ccになった当初、4WDターボのデビューが遅れたダイハツは、FF車で戦い苦戦していました。

巻き返したのは1991年2月。4WDターボのX4(クロスフォー)にクロスミッションやボールベアリングターボなど組み込んだモータースポーツベース車、X4-Rを発売してからです。

その年から宿敵アルトワークスへ優位に立つものの天下は長く続かず、次期型L512SミラX4でもアルトワークスに惨敗を喫したダイハツは、軽規格を規則限界までハミ出すモンスター・ストーリアX4を生む事になります。

最新「ミラ」中古車情報
本日の在庫数 820台
平均価格 34万円
支払総額 9~168万円

スバルKK4 ヴィヴィオRX-RA(1993年)

スバル ヴィヴィオRX-RAのベース車、RX-R

スズキ、ダイハツ決戦だった国内ラリーAクラスへ乱入したのは、レックス後継車ヴィヴィオのモータースポースベース車RX-RAを擁するスバルでした。

お得意の4WDと4輪独立懸架サス、DOHCスーパーチャージャーでミラX4-Rを追い落とし、王者アルトワークスRへ真っ向勝負を挑みます。

しかし結局は全盛期のスズキの牙城は崩せず、アルトワークスも新型に変わるとますます太刀打ちできなくなります。国内ラリーでのヴィヴィオRX-RAは華々しい成績に恵まれずに終わりました。

そのためか、1993年のサファリラリーなど大舞台での活躍の方が有名なヴィヴィオですが、国内の地方選手権ラリーやダートトライアルでは長らく活躍しています。

最新「ヴィヴィオ」中古車情報
本日の在庫数 47台
平均価格 88万円
支払総額 34~256万円

スズキHB21S アルトワークスR(1995年)

スズキHB21S アルトワークスRのベース車、RS/Z 4WD

550ccターボ時代や、660cc時代ミラX4-Rに苦戦した時期を除くほとんどの期間、軽4WDターボ最強だったのがスズキのモータースポーツベース車・アルトワークスRです。

特に660cc旧規格末期、巨大なボンネットエアインテークのHB21S型は中身の別物具合が凄まじく、排気量以外はどこが軽なのかというレベルでした。

後にダイハツが713ccターボのストーリアX4を持ち出しても、スズキスポーツがワークス体制で参戦しているうちは容易に勝てぬほど、高い戦闘力を誇りました。

おそらく現在に至るまで、ターボ車を含む1,000cc未満のホットハッチでHB21SアルトワークスRに勝てるマシンは、そうそうないはずです。

最新「アルトワークス」中古車情報
本日の在庫数 448台
平均価格 133万円
支払総額 15~420万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード