MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 峠に集まる走り屋たちの相棒も!1980年代コンパクトFRスポーツの名車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

峠に集まる走り屋たちの相棒も!1980年代コンパクトFRスポーツの名車たち【推し車】

かつて若者たちがこぞって乗り回していた国産コンパクトFRスポーツは、1980年代以降、後継となる車が現れなかったりFFへ転換したりといったかたちで続々と消滅していきました。

そのため、モータースポーツなどの第一線では各車種の最終モデルが長らく活躍することとなります。

今回は、1970年代末期に登場したものも含め、1980年代からその後も長らく活躍、後継モデルの登場を望まれていたような3台のコンパクトFRスポーツを紹介します。

トヨタ スターレット(KP61型・1978年)

トヨタ スターレット

2代目パブリカの上級派生モデルだった初代スターレットは、2代目のKP61型で近代的な2BOXハッチバック車(および5ドアのライトバン)へボディタイプを刷新。しかし、当時の保守的なトヨタらしく、駆動方式は先代同様、後輪駆動を継続しています。

エンジンは1.3リッター直列4気筒OHVの「4K-U」。スターレットは3代目以降、ターボDOHCエンジンが搭載されるようになりますが、KP61型に搭載されたこの当時にして平凡とも言えるエンジンでも、軽量な小型ボディには十分な力を発揮するものでした。

中古車も安いので「走り」を求める若者には重宝され、本格的なワンメイクレースから草レース、ラリーやジムカーナなどあらゆるモータースポーツシーンで見かけられました。

最新「スターレット」中古車情報
本日の在庫数 47台
平均価格 145万円
支払総額 25~413万円

三菱 ランサーEX ターボ(A170型・1981年)

三菱 ランサーEX 2000ターボ(画像は海外仕様・国内向けは1800ターボ)

ランサーといえば「ランエボ」ことランサーエボリューションの存在が有名ですが、ランエボが登場する約10年前は「ランタボ」の愛称を持つランサーが登場しています。

ラリーシーンでの活躍が目覚ましかったランサーは、1979年に2代目へのモデルチェンジで「ランサーEX」へ改名。FRレイアウトは初代から継承しつつも、ボディタイプは2ドアがなくなり4ドアセダンのみのモデルとしてデビューしました。

1981年には、強化された5速マニュアルミッションと足回り、そして1.8リッターターボエンジンを搭載した「ランサーEX 1800ターボ」が登場。これが「ランタボ」という愛称で人気に。ほかにもターボを搭載したランサーは登場していますが、「ランタボ」といえばこのランサーEX 1800ターボのことです。

最新「ランサー」中古車情報
本日の在庫数 300台
平均価格 376万円
支払総額 48~1,033万円

トヨタ カローラレビン/スプリンタートレノ(AE86型・1983年)

トヨタ カローラレビン 3ドア(画像はヨーロッパ仕様のカローラGT)

実用大衆車ベースで作られた「旧時代的」なコンパクトFRスポーツの中でも最後を飾ったのが、「ハチロク」ことAE86型カローラレビン/スプリンタートレノです。

この2台は、80系カローラ(5代目)がFFレイアウトとなって発売されたあとも、先代の「ナナイチ」ことTE71型で使われていた足回りや駆動系を使い、FRレイアウトの車として製造されていました。

AE85型には先代のAE70型からキャリーオーバーした1.5リッター直列4気筒SOHCエンジンの「3A-U」が採用されましたが、AE86型には新開発の1.6リッター直列4気筒DOHCエンジン「4A-GEU」を搭載。

初代のTE27型から煮詰めに煮詰められた小型軽量のFRスポーツの最終進化系とも言えるこのAE86。

発売当時から人気でしたが、FF化された次期型のAE92の登場や漫画「頭文字D」のヒット、「ドリキン」こと土屋圭市選手の愛車として注目される、型式名を冠した「86」が新型車として登場するなど、いつの時代にも強い存在感を放つ車として不動の人気を獲得しています。

最新「カローラレビン」中古車情報
本日の在庫数 119台
平均価格 295万円
支払総額 51~1,100万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード