MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 【トヨタカローラレビンAE86】歴代最後のFR軽量スポーツカー
トヨタ カローラレビン ae86
メーカー・車種別

更新

【トヨタカローラレビンAE86】歴代最後のFR軽量スポーツカー

FF化の流れ押し寄せるなか、歴代最後のFR「レビン」誕生

トヨタ カローラレビン ae86
画像の個体はカローラ レビン「1600 GT-V」

レビンの正式名称は「カローラ レビン」。2代目カローラの時代、2ドアクーペの最上級スポーツを切り離し、派生モデル「TE27型レビン」としたのが始まりです。

その後、レビンは2代目TE37型・TE51型、3代目TE71型を経て、1983年にモデルチェンジを実施し、4代目AE86型へと移行しました。

また、レビンには同じカローラベースの姉妹車としてスプリンター トレノが存在し、2代目を除きレビンと同じ型式番号となっています。

トヨタ カローラレビン ae86

AE86型レビンのデビュー当時、コンパクトモデルの世界的潮流は、車の軽量化・室内スペース拡大に適したメカニズムである前輪駆動(FF)へと変わっており、レビンのベースとなるカローラも遂にFFへと舵を切ることになりました。

しかし、トヨタはスポーツモデルであるレビンには後輪駆動(FR)の特性が必要と判断。レビンにはFRが残されることとなったのです。歴代レビンはその後1995年デビューの7代目まで生産されますが、FR採用はAE86型が最終モデルとなりました。

AE86レビンのボディバリエーションは2タイプで空力を意識

トヨタ カローラレビン ae86
トヨタ カローラレビン ae86
シートはホールド性の高いハイバック

カローラ レビン AE86型のボディバリエーションは2タイプ。2ドア・ノッチバッククーペと3ドア・ハッチバックのラインナップとしています。

デザインを担当したのは関東自動車工業株式会社、現在のトヨタ自動車東日本株式会社です。

当時の同社担当者によると、AE86型レビンはグローバルモデルとして海外進出が前提となっており、それを見据えたうえで、「2ドアノッチバックはエレガントに、3ドアハッチバックはスパルタンに、両車とも空力を意識したデザインであること」が命題として与えられたと語っています。

トヨタ カローラレビン ae86

カローラ レビンは先代のTE71の時代、車両重量は1,000kgを超えるほどとなっていましたが、AE86では見直され、900kg前後の軽量化が図られました。

グレード体系は、最上位グレードの豪華・快適装備で、ボディカラーにツートン仕様もあった「GT-APEX」、パワステなしでハイバックシートに185/60R14タイヤを装着し、ダイレクトな操舵性にこだわった「GT-V」、GT-Vより控え目で扱いやすくローバックシート採用の「GT」がラインナップ。

また、AE86型の廉価版で1.5L SOHCとしたAE85型も展開されました。

カローラ レビン AE86は吹け上がり抜群!レースでも活躍

トヨタ カローラレビン ae86
トヨタ カローラレビン ae86

カローラ レビン AE86型のサスペンションはフロントがストラット、リアがラテラルロッド付きコイルスプリングとなり先代と同様ですが、エンジンは1.6L 直列4気筒DOHCの4A-GEU型が搭載され、車両重量900kg前後の軽さと相まって、高回転域まで一気に吹け上がる感度の良さが人気で、最高出力は130ps/6,600rpmを達成しました。

さらに、上級グレード「GT-APEX」のマイナーチェンジ前モデルでは、温度を感知し適正な空気量を調節する開閉式「エアロダイナミックグリル」が装備されました。

トヨタ カローラレビン ae86

発売当初より軽量で高回転エンジンを搭載するレビンAE86型は、レースでも人気となり、当時のグループA・全日本ツーリングカー選手権(JTC)では優勝も果たしています。

また、1990年代に入ると漫画「頭文字D」において、主人公・藤原拓海が乗ったレビンと同じ型式を持つAE86型トレノが人気に。販売終了していたにもかかわらず再認識され、その人気は現在にまで続いています。

AE86カローラ レビンは価格高め!コンディションは要チェック

カローラ レビンAE86型は現在でも衰えない人気のため、流通量が非常に多いことが特徴です。

人気は上級グレードGT-APEXや、スパルタンなGT-Vを中心に高価格となる傾向ですが、コンディションによりバラツキがあるので内容の精査が必要です。

最新「カローラレビン」中古車情報
本日の在庫数 73台
平均価格 239万円
本体価格 39~586万円

カローラ レビン AE86のスペック詳細

下記のスペックは1983年発売のカローラ レビン「1600 GT-V」としています。

エンジン1.6L 直列4気筒DOHC(4A-GEU型)
最高出力130ps/6,600rpm
最大トルク15.2kg・m/5,200rpm
ボディサイズ全長 4,200mm 全幅 1,625mm 全高 1,335mm ホイールベース 2,400mm
車両重量940kg
トランスミッション5速MT
駆動方式FR
乗車定員5人
新車時車両価格

*本記事の画像は2019年9月にMEGA WEB トヨタ シティショウケースにて開催された新型カローラ・カローラ ツーリング メディア発表会にて撮影

トヨタ カローラは現行で12代目!【トヨタ カローラ歴代まとめ】

トヨタの本気!2021年7月以降に完全電気自動車を展開する?

【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&新車スクープ

新車で買えるトヨタのクーペ3車種まとめ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事