MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > ジャッキアップの方法やジャッキスタンドを使ったタイヤ交換のしかた
役立つ情報

更新

ジャッキアップの方法やジャッキスタンドを使ったタイヤ交換のしかた

タイヤ交換を自分で行う際には必要不可欠な、ジャッキアップの方法を解説します。間違った方法でジャッキアップを行うと大きな事故につながりかねません。ジャッキアップの基礎知識と正しい方法、自分でできるタイヤ交換の方法を学びましょう。

ジャッキアップ=車を持ち上げること。長時間支える場合は要注意

©korchemkin/stock.adobe.com

ジャッキアップとは、整備やタイヤ交換のために車を持ち上げる作業です。ジャッキアップには「ジャッキ」と呼ばれる工具を使用します。一部の整備作業を行うには、車体を地面から浮かせなければなりません。

たとえばタイヤ交換では、タイヤを外せる状態にするために、車体を地面から浮かせます。こうした整備のために車を持ち上げる作業がジャッキアップです。

持ち上げた車を安全に支えたい場合は「ジャッキスタンド」が必須

右が油圧式ジャッキ。左がジャッキスタンド
©Konstantin/stock.adobe.com

ジャッキアップした車を安全に支えるには、ジャッキの他に、専用の台である「ジャッキスタンド(リジットラック)」が必要です。

前述のジャッキは台としては不安定で、作業中に倒れると大事故につながります。長時間の整備には必ずジャッキスタンドを使用してください。

以上のことから、車をジャッキアップして作業する際には「ジャッキ」と「ジャッキスタンド」の2つが必要ということです。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード