MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > タイヤ・スタッドレス > スタッドレスタイヤへの交換時期は12月でいい?寿命の判断基準や長持ちの秘訣も
タイヤ・スタッドレス

更新

スタッドレスタイヤへの交換時期は12月でいい?寿命の判断基準や長持ちの秘訣も

スタッドレスタイヤへの交換時期、東京は12月

スタッドレスタイヤを装着した車
©Shutterstock.com/ AnyVidStudio

雪道を安全に走行するためにも、冬季はスタッドレスタイヤへの交換が必要になります。

新品スタッドレスタイヤの場合は、タイヤ表面の油や汚れを取り除くためにも、雪のない道路で200kmほど慣らし走行をするのが理想的です。

そのため、新品のスタッドレスタイヤを履くのは、初雪のタイミングから1ヶ月前がおすすめ。気象庁が公開している過去30年のデータから、自分のエリアの初雪時期が予想できます。

過去の気象データ検索【気象庁公式】

上記データを元に、各地のスタッドレスタイヤへの交換時期を以下のように算出しました。

スタッドレスタイヤへの交換時期(新品タイヤ)

  • 札幌:9月末
  • 東京:12月初め
  • 長野:10月末
  • 大阪:11月末
  • 広島:11月初め
  • 福岡:11月初め

ただし、これはあくまで基準値ですので、初雪が早まる場合もあります。冬季は天気予報に注意し、早めのスタッドレスタイヤへの交換を行いましょう。

スタッドレスタイヤ 寿命の判断基準3つ

スタッドレスタイヤを装着した車

サマータイヤよりも、柔らかいゴムでてきているスタッドレスタイヤは、より摩耗しやすい傾向にあります。 摩耗して残り溝が浅くなったスタッドレスタイヤは、雪や水をトレッドから排出できなくなり、車の運動性能を極端に低下させます。また、 経年劣化によってスタッドレスタイヤのゴムが硬化すると、アイスバーンでのグリップ性能が格段に低下して非常に危険です。

使用条件によっても異なりますがスタッドレスタイヤの寿命は、一般的には3~5シーズン程だと言われています。しかしあくまで交換時期の目安なので、こまめな点検を欠かさないことが重要です。

スタッドレスタイヤの寿命の判断基準は、以下3つです。

  • タイヤは溝(スリップサイン)とプラットフォームをチェック!
  • スタッドレスタイヤの製造年週をチェック!
  • スタッドレスタイヤの寿命はゴムの劣化に注意!

基本的には通常のタイヤと判断基準は同じです。気をつけたいのはスタッドレスタイヤ特有のプラットフォーム。残り溝を見るときは注意しましょう。

タイヤの交換時期・寿命の判断基準について詳しくは、以下記事をご覧ください。

スタッドレスタイヤ、夏場には必ず夏タイヤへ交換を

雪道を走る車

毎年のように履き替えを行う夏タイヤと冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)。夏タイヤでの雪道走行の危険性はよく知られていますが、同様にスタッドレスタイヤをオールシーズン履き続けることも大変危険です。

スタッドレスタイヤは雪道を滑らずに走行するために、夏タイヤよりもゴムが柔らかいという特徴があります。そのため、乾いた路面では制動距離が長くなり、ブレーキの効きが鈍くなってしまいます。さらに、スタッドレスタイヤの溝は水が溜まりやすいため、雨天時にスリップする危険性がアップするのです。また、スタッドレスタイヤでの走行は車の燃費の悪化にもつながります。

もちろん、「溝が減ってスタッドレスとしては使えなくなったから夏タイヤとして使用する」というのもNG!安全な走行のために、季節に応じたタイヤを履きましょう。

スタッドレスタイヤ VSノーマルタイヤ ブレーキテスト

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの比較実験の動画です。ブレーキングのみのテストですが、夏のスタッドレスタイヤ装着の危険性もわかりますので、ぜひチェックしてみてください。

オールシーズンタイヤの選び方|スタッドレスとの性能比較などまとめ

スタッドレスタイヤに正しい保管方法&優しい走りが長持ちの秘訣

タイヤの整備

交換時期や寿命を長くするためには、 正しい方法でスタッドレスタイヤを保管することが大切です。スタッドレスタイヤは保管期間が長いので、その間の管理の仕方で、その劣化具合が変わってきてしまいます。直射日光や風雨にさらされる屋外は避け、空気圧を適正値の半分程度に下げて平積みで保管することで、タイヤにかかる負荷を減らすことができます。

また、スタッドレスタイヤでの乾燥路での走り方にも注意が必要です。急ブレーキや急発進をせず、コーナーもゆっくり丁寧に曲がることで、スタッドレスタイヤの摩耗を減らすことができます。

最もスタッドレスタイヤに優しいのは乾燥路を走らないことです。スタッドレスタイヤは本来雪道を走るために設計されているので、乾燥路での走行に適していません。さらに、乾燥面ではブレーキの効きがスタッドレスタイヤの方が悪いため、夏場のスタッドレスタイヤ装着走行は危険です。

使用環境によって適切なタイヤに履き替えることが、愛車の安全にとって最良だといえますね!

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

関連キーワード