MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > 車のアルミテープチューンとは?どんな効果がある?おすすめの貼り付け箇所と注意点
アイテム

更新

車のアルミテープチューンとは?どんな効果がある?おすすめの貼り付け箇所と注意点

車のアルミテープチューンとは?

アルミテープ
©frog/stock.adobe.com

車のアルミテープチューンとは、その名の通りアルミテープを車両に貼り付けることで性能向上を図るというチューニングです。

クルマの表面は空気と同様に+に帯電しやすいものです。同じ+電位同士だと反発力が強くなり、抵抗が生じ、スムーズな走りができなくなります。

アルミテープがもたらす除電効果により、走行中のクルマが受ける空気と、生じる抵抗を減らすことができ、クルマが持つ本来のパフォーマンスを引き出したスムーズな走りを実現させることを可能にします。

ちなみに、静電気は湿度が高いほど短時間で解消され、雨天ならクルマの帯電が晴天より少ないことが証明されています。

トヨタが特許を取得、86のマイナーチェンジ時に導入し話題に

2016年秋に行われた86のモデルチェンジのタイミングでトヨタが発表したアルミテープは、ネットなどで話題になりました。

クルマに貼ることで空力改善などクルマが持つ本来のパフォーマンスを引き出す効果が期待できるとか。

アルミテープはコストが安く、そして耐久性もあるので、発表当初はトヨタディーラーやホームセンターからアルミテープが消える現象が起きました。

車にアルミテープを貼り付けるとどんな効果がある?

直進性・操舵安定性の向上

車体に帯電している静電気を除去することで、その車本来の性能を発揮できる、または向上させるという効果が得られます。

主に、バンパー、ドアガラス、フロントガラス下部、ステアリングコラム下へアルミテープを貼ることで車体の静電気を除去します。これにより、空気の流れを整えて直進性能や車体の安定性、操舵安定性を確保できます。

燃費の向上

前述していますが、アルミテープをクルマに貼ることで、直進性・操舵安定性が向上します。直進性・操舵安定性が向上すれば、アクセル操作を減らすことができるので、燃費の向上も期待することができます。

アルミテープを貼り付けるおすすめ箇所

前後バンパー

前後バンパーは、アルミテープを貼る位置としてトヨタが正式発表しているベーシックな箇所の一つです。クルマの見た目に影響を与えてしまいますが、空気の流れをもろに受けている部分なのでアルミテープの恩恵を期待することができます。

ホイールハウス内

ホイールハウス内は帯電率が高いので、アルミテープの除電効果を発揮するにはおすすめの箇所です。ホイールハウス内に貼ることで、タイヤの接地面が高くなりスタビリティが向上する効果を期待することができます。

ドアガラス・フロントガラス下部

ドアガラスやフロントガラス下部などは特に帯電しやすいため、アルミテープの除電効果の恩恵を期待することができます。スタビリティ性能を高めるのに効果的な場所の一つです。

エンジンルーム内

外装部品だけでなく、エンジンルーム内にもアルミテープは効果的です。エンジン本体の電圧値が高電圧になると、機関出力が低下します。この高電圧を除去するために樹脂製のパーツ、ヘッドカバーやマニフォールドにアルミテープを貼り付けエンジン出力の向上を図ることができます。

ハンドルコラム下部

ハンドルコラム下部にアルミテープを貼ることで、ステアフィール向上の恩恵を享受することが期待できます。

マフラー

マフラーつまり排気系部品もアルミテープチューンが有効な場所とされています。サイレンサーを車体に固定するマフラーハンガーというゴム製の部品にアルミテープを貼ることでアルミテープチューンの効果が期待されるというものです。

アルミテープを貼ってはいけない箇所や注意点はある?

アルミテープの効果は、車種によっては効果が様々なこともあり千差万別です。運転に支障を与えない箇所に貼ったり剥がしたりを繰り返し、自身の愛車に効果の有る箇所を模索することをおすすめします。

ちなみに、アルミテープを大量に貼ることは悪い結果につながることが多いようなので注意しましょう。

【参考】トヨタの研究によるアルミテープ除電効果がある箇所

下記は、トヨタの研究によるアルミテープ除電効果がある箇所の一覧です。全ての車種には当てはまるものではないので、列挙されている箇所にアルミテープを貼ってみて、ご自身の愛車で効果を享受できるのかをテストしてみましょう。

  • ステアリング、ステアリングコラム(車両の操縦性及び走行安定性を向上)
  • イントレット、エアクリボックスなど吸気装置(帯電電荷量を低下させて吸気効率を向上)
  • ファンシュラウドなど冷却装置(帯電電荷量を低下させて冷却効率を向上)
  • ボディサイド(車体の空力特性の悪化・操縦安定性などの走行性能の低下を抑制)
  • マフラーリングなど排気装置(排気系部品の除電、機関出力を向上)
  • 燃料タンク、オイルパンなど(潤滑油又は燃料を除電して機関の運転応答性を向上)
  • ショック(ショックアブソーバ内オイルの電荷の帯電、減衰力が過剰になることを防止)
  • ハブ(車輪支持装置の軸受内のグリースの電荷を除去、軸受内の粘性抵抗増加を防止)
  • ブレーキ(制動力発生装置内のグリースの電荷を除去、軸受内の粘性抵抗増加を防止する)

車に貼れるアルミテープの種類

導電用アルミテープ

粘着面とアルミテープ表面両方に導電するアルミ箔テープです。防水性も備えています。

耐熱アルミテープ

3M スコッチ アルミテープ 耐熱 耐寒用 25mm×5m KAL-25

3M スコッチ アルミテープ 耐熱 耐寒用 25mm×5m KAL-25

675円(09/24 16:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

使用温度範囲が−50℃から150℃となっている3Mのスコッチブランドのアルミテープです。アルミテープチューンだけでなく日常生活での各補修作業などにも利用できます。

アルミテープの耐熱温度に注意

アルミテープに限ったことではありませんが、多くの工業製品には耐熱温度が設定されています。

アルミテープチューンでアルミテープが貼られる箇所の中にはエンジン周りや排気機関周りがあるので、実際にアルミチューンをする際には耐熱温度が高いテープを使うようにしましょう。

コーナーセンサーって必要?後付けは可能?

リアスポイラーとは?リアウイングと何が違う?

スカッフプレートは必要ない?メリット&デメリットから自作での取り付け方まで

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事