車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

タイヤのプロに訊いてみた!ナンカンタイヤの性能と信頼性

国産有名ブランドよりも安く購入できる輸入タイヤは、ネット通販の人気も相まって近年ユーザーを増やしています。しかし、「安い輸入タイヤは品質が不安」という声も。そこでMOBYはタイヤのプロを取材。プロおすすめの「ナンカンタイヤ」について、性能と信頼性を伺ってきました。

安さが魅力の輸入タイヤについて、タイヤのプロに訊いてみた!

タイヤフィッター 府中店

タイヤ取付店・タイヤフィッター府中店を取材。

MOBYはタイヤ取付店「タイヤフィッター府中店」を取材しました。お話をお聞きしたのは、「タイヤフィッター」を運営するタイヤフィッティングサービス株式会社 代表取締役の米澤延行さん。乗用車だけでなく大型トラックのタイヤ取付も行ってきたタイヤのプロです。

タイヤのネット通販がメジャーになり、選べるタイヤの選択肢が広がった

タイヤフィッター 府中店

タイヤフィッティングサービス株式会社 代表取締役・米澤延行氏

当店「タイヤフィッター」は、東京・横浜に4店舗あるタイヤ取付店です。会社自体は15年やっていますが、私自身は18歳の頃からタイヤ取付業務に携わり、30年ほどになりますね。当時は国産タイヤメーカーの系列店にいたのですが、当時から「色んなメーカーのタイヤを取り付けたい」というお客様の声が多かったんです。

さらに、インターネット通販が主流になり、タイヤも店頭販売だけでなく、ネット販売が増えてきました。系列の取付店はお客様がタイヤの持ち込みをしにくい背景もありますし*、かといってお客様が自分でタイヤ交換するのも難しい。

特に最近のタイヤは昔よりも扁平化していますし、さらにランフラットタイヤも増加していることもあって、薄くて硬い。普段タイヤ交換に慣れていない方が自分でタイヤを組み換え**するのが難しいんですよ。

そういうわけで、ニーズに合わせて色んなメーカーのタイヤの取り付けができる会社を立ち上げたというわけです。

*タイヤメーカーの系列店は、メーカーのタイヤを購入→取付することを前提としたサービスや料金になっている場合が多く、持ち込みタイヤ(=メーカー非系列のタイヤ)の取り付けを行っていない、またはメーカー系列タイヤよりも工賃が高額になるケースが多い。

**既存のタイヤをホイールから外し、新しいタイヤをホイールにはめ込むこと

米澤社長がおすすめするのはナンカンタイヤ!

インターネット通販の普及に目をつけた米澤社長。「色んなメーカーのタイヤを取り付けたい」というユーザーニーズがポイントです。

タイヤフィッター 府中店

米澤社長のテスラ モデルS P100D。0-100km/h加速 3秒を切るハイパフォーマンスEVだ。

タイヤフィッター 府中店

モデルSの純正ホイールは21インチだが、米澤社長の愛車はインチアップして22インチに。ナンカンタイヤはサイズバリエーションが豊富なため、インチアップにも対応できる。

ちなみに米澤社長の愛車はテスラ モデルS。履いているのは社長イチオシのナンカンタイヤです。

ナンカンタイヤのように、国産有名ブランドよりも安く購入できる輸入タイヤは、ネット通販の人気も相まって近年ユーザーを増やしています。モノによっては、国産ブランドタイヤの3分の1ほどの価格で購入できることも。

しかし、「安い輸入タイヤは品質が不安」という声はよく聞かれます。さらに、タイヤ購入の選択肢が拡大したことで、購入時のユーザーの悩みも増えたとも言えるかもしれません。
そこでMOBYはタイヤのプロに輸入タイヤについて詳しくうかがってきました。社長がなぜナンカンタイヤをおすすめするのか、その性能と特性に迫ります。

【タイヤ選びの注意点】自分が安心できる名前のブランドを

タイヤを選ぶときに、注意すべきことは?

そもそも、各タイヤメーカーはほぼ同じコンセプトでタイヤを作っているので、どのメーカーのタイヤを選んでも基本的には一緒だと思いますよ。

タイヤの性能は、もはやどのメーカーも同じような高水準に達しています。自動車も、日本車、外車、どのメーカーでも基本的な性能は同じですよね。タイヤも同じで、たとえばスタッドレスタイヤ、スポーツタイヤ、コンフォートタイヤなど同じ種類のタイヤを各メーカーのブランド名を隠して試乗したら、普通の人にはまず違いがわからないと思います。

でも、「このブランドのタイヤで本当に大丈夫だったかな?」という気持ちが少しでもあると、何気ないハンドリングやロードノイズが気になってしまうものです。運転中に不安を感じると「やっぱりこのタイヤにしなければよかった」と思ってしまいます。こういう気持ちでずっと車に乗り続けるのはよくないですから、自分が安心できるブランドのタイヤを選ぶのが大切だと思いますね。

そういった意味では、国産ブランドのタイヤは知名度も高いですから安心感があります。しかし、聞き慣れないブランドのタイヤであっても性能はほぼ同じ。もし自分が知らないブランドのタイヤを取り付けたい場合は、そのブランドや製品を少し調べて不安を取り除くのがおすすめです。

米澤社長おすすめのタイヤは?

おすすめしたいのは、ナンカンタイヤですね。台湾の老舗タイヤメーカーで、日本では「NANKANG」というブランドを展開しています。

品質もよく、リーズナブルで、バリエーションが豊富なことです。品質や価格が支持されていることもあり、ナンカンタイヤは母国・台湾よりもヨーロッパで人気があるんですよ。

タイヤフィッター 府中店

店内にはナンカンタイヤの売れ筋スタッドレス「ESSN-1」が展示されていた。

タイヤのプロおすすめ!ナンカンタイヤの性能や信頼性

米澤社長おすすめのナンカンタイヤ。1959年設立の台湾のタイヤメーカーです。前身はゴム製造会社でした。「品質もよく、リーズナブルで、バリエーションが豊富」このポイントを米澤社長に解説していただきました。

おすすめポイント①日本向けの高品質製品

米澤社長

ナンカンタイヤのスタッドレスに「ESSN-1」という製品があるんですが、北海道でテストしているコンパウンドを使用しています。このこともあってか、ESSN-1は北海道でもけっこう売れているみたいなんです。

どんなメーカーのタイヤでも性能は一緒とお伝えしましたが、日本国内でテストを行っているナンカンタイヤは、輸入タイヤの中でも日本市場を考えて作られているという点で高品質と言えると思います。

おすすめポイント②リーズナブルな価格設定

米澤社長

ナンカンタイヤは国産ブランドタイヤの半額以下で購入できることもある、リーズナブルな価格設定が魅力です。大型セダン用などの大径で扁平率が低いタイヤであれば、さらに価格差は広がりますね。国内外問わず、趣味でサーキットを走るユーザーにも人気です。

もちろん、国産タイヤより安いからといって寿命が短いというわけでも、品質が低いというわけでもありません。

おすすめポイント③サイズのバリエーションが超豊富

米澤社長

ナンカンタイヤはサイズのバリエーションが豊富で、タイヤをインチアップさせたいユーザーのニーズにも柔軟に対応できます。売れ筋のサイズを中心に展開する国産ブランドタイヤとは対極にありますね。

おすすめのナンカンタイヤ製品は?

スタッドレスタイヤなら、先ほど紹介した「ESSN-1」がおすすめです。ナンカンタイヤでも売れ筋の製品なんですよ。

ESSN-1はアイスバーン性能に重点を置いていて、凍った道でも安心して走ることができます。何度も言うように、基本的な性能は国産ブランドはじめ他のタイヤと同じですから、安全な状態のものを正しく使えば問題ありません。

ナンカンタイヤであればそんなスタッドレスタイヤをリーズナブルな価格で購入できるので、賢い買い物だと思いますよ。

【必見】タイヤを使うときの注意点3つ

最後に、米澤社長にタイヤを使うときの注意点をうかがいました。

減ったら効果なし!自分の車の特性を理解しよう

米澤社長

オールシーズンタイヤ、スタッドレスタイヤを使うときは、残り溝がどれくらいかをきちんと確認してください。「高いタイヤは長持ちするから何年も使える」と思っている方もいらっしゃいますが、それは間違い。磨り減ってしまえば、雪道での効果はなくなります。

特に、オールシーズンタイヤは昨年かなり売れたので、今年の冬をそのまま迎えるという方には気をつけていただきたいですね。

一般に、オールシーズンタイヤ、スタッドレスタイヤは山の半分くらいまで使ったらおしまい。走行距離で言うと、夏タイヤは3万~4万km、スタッドレスタイヤは1.5万kmほどで寿命です。

また、最近の車はFFが多いので、昔よりタイヤは減りやすくなっています。駆動方式やパワーなど、自分の車の特性を理解してタイヤを使う、状態を確認することが大切ですね。

空気圧は常に1割高めで。1ヶ月に1回チェックを

米澤社長

当店では適正空気圧の1割高めをおすすめしています。

「1割高め」というと、高速道路走行時を思い浮かべるかもしれませんが、今や高速道路は身近な存在。高速道路に乗るたびに空気圧を調整するのは面倒ですし、タイヤの空気は放っておくと勝手に抜けていくので、適正ぴったりで合わせておくと、多くの人は空気圧が低めの状態で車を乗り続けることになります。

空気圧が低いと、タイヤが転がりにくくなり、燃費も悪化してしまいます。
タイヤの空気圧は1ヶ月に1回、ガソリンスタンドで2回に1回は見てもらうようにしましょう。

パンクは「台風のあと」「雪が積もったあと」に多い

米澤社長

タイヤがパンクしやすいのは台風のあとと雪が積もったあとです。なかなか防ぐのは難しいかもしれませんが……

台風のあとは、雨や流水で流れてきた釘や金属片が道路脇にたまりやすくなります。前のタイヤで釘を踏んで起こしてしまい、後ろのタイヤで踏んでしまうため、左後輪がパンクしやすいようです。雪が積もったあとは、チェーンの切れ端を踏んでしまうケースが多いようです。

新しいタイヤを取り付けたときは要注意!

米澤社長

新しいタイヤを取り付けてすぐは、車の挙動や運転に注意しましょう。

新しいタイヤ、特に扁平率の低い新しいタイヤを取り付けたときは、高速道路のわだちにハンドルが取られやすくなります。これはタイヤが新しく、カドが立っているからで、走っているうちに馴染んできます。

また、新しいタイヤを取り付けたあと、自動車メーカー純正の空気圧センサーが異常を検知することがありますが、空気圧センサーをリセットすれば、異常を検知しなくなります。

自動車メーカー純正の空気圧センサーは、タイヤ交換により、これまで取り付けていたタイヤと新品のタイヤとで外径がわずかに変わってしまったことを、「パンクで外径が変わった」と認識してしまうこともあるようです。

タイヤフィッター 府中店

普段聞けないタイヤの話を興味津々な様子で聞き入るMOBY編集長・宇野(右)


米澤社長は最後に「今後は”アジアンタイヤ”という言葉自体が死語になるのでは」とおっしゃっていました。海外から見れば、日本国産ブランドタイヤもナンカンタイヤもアジアのタイヤ。品質や性能が同じであるのに、わざわざ差別化するメリットはないといいます。

また、タイヤのせいで事故が引き起こされることはなく、ほとんどがタイヤの誤った使い方や安全運転を怠ったことが原因。タイヤの性能や信頼性も気になりますが、まずはユーザーひとりひとりが正しい知識と安全運転意識を身につけることも大切です。

今回ご紹介したタイヤはこちらで購入できます。

タイヤフィッター 府中店 店舗情報

住所:東京都府中市若松市4-8-25
電話:042-310-9148

タイヤフィッター 府中店

左から、タイヤフィッティングサービス株式会社 代表取締役の米澤延行さん、タイヤフィッター府中店スタッフの皆さん

タイヤフィッター 府中店

店内にはキッズスペースを完備。作業の間もゆっくり過ごせる。

タイヤフィッター 府中店

作業ピットは車2台分のスペース。タイヤ交換はリフトとジャッキアップにより作業を行う。

タイヤフィッター 府中店

タイヤフィッターは完全予約制。タイヤ交換は来店から作業終了まで約20分ほどで完了。

タイヤフィッター 府中店

お客様が注文したタイヤが配送される。

タイヤフィッター 府中店

特殊なプリンターを使い、タイヤのサイドウォールをデコレーション!所ジョージさんの「世田谷ベース」ロゴをプリントした自転車が展示されていた。

タイヤフィッター 府中店

「持込タイヤ大歓迎」の看板が目を惹く。

インタビュアー、撮影・宇野 智(MOBY)
編集・池田 貴美(MOBY)

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す