初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

カロッツェリアのポータブルカーナビ「楽ナビ」人気ランキング!価格や地図更新方法も

人気のポータブルナビ、「楽ナビ」の人気ランキングTOP10をご紹介!記事の末尾には各モデルのスペック比較表も記載。記事後半では購入後のbluetooth設定方法やTV利用時のトラブル対処法も紹介しています。実際に楽ナビを購入するときの参考にしてください。

カロッツェリアのカーナビ「楽ナビ」とは

パイオニアのカーナビには事業ブランド名の「カロッツェリア」の名を冠していますが、「楽ナビ」はパイオニアのエントリークラスのカーナビのブランド名になります。
楽ナビは機能をおさえたシンプルなモデルで、操作のしやすさと手頃な価格がポイントです。

また、楽ナビにはポータブルタイプとクルマに据付けするインダッシュ型の2種類のタイプがありますが、パイオニアはポータブルナビ製造から撤退しており、楽ナビのポータブルナビは旧モデルしかありません。
過去に、基本機能に特化した楽ナビLite(楽ナビライト)が人気を博したこともありましたが、現在は楽ナビに統合されています。

旧型の楽ナビ(Lite)からの買い替えを検討している方や、シンプルなナビ機能だけでよいという人向けに、楽ナビの人気ランキングTOP10を紹介します。
また、ランキングの最後には利用前の各種設定方法や、TV利用時に起こりやすい「ダウンロード待機中」エラーへの対処法も案内していますので、現在楽ナビを使っているという方はぜひご一読ください。

楽ナビとサイバーナビについてはこちら

カロッツェリアのスマートループはこちら

カロッツェリア「楽ナビ」人気ランキング1位 AVIC-RZ900

お手頃な価格が魅力の楽ナビながら、1番人気なのは楽ナビのハイエンドモデルのRZ900です。
楽ナビとしては高めな価格ながら、充実した機能が人気の理由だと思われます。
画面は標準の7型サイズで、楽ナビでも定評ある使いやすいナビ機能に、Bluetoothやフルセグ、CDからの録音にも対応しています。
オプションでの拡張性も高く、パイオニアらしいパワーアンプやスピーカーをはじめ、ドライブレコーダーやバックカメラ、後部座席のリアモニターもナビと連携しての利用が可能です。
パイオニアオリジナルの直感操作可能なリモコン、スマートコマンダーもオプションとして装備可能です。
ただし、現行モデルから地図データの無料更新がなくなり、有料での更新となっているので注意してください。

「楽ナビ」人気ランキング2位 楽ナビ AVIC-RL900

続いて人気なのが、カーナビ業界で最近トレンドの大型画面を搭載したRL900です。
特に古いモデルから買い替えした人からは、この8型サイズの大型画面が便利で使いやすいと好評です。
ほかにも、楽ナビの900シリーズの画面はブリリアントフィニッシュパネル加工(液晶パネルの上面に光沢パネルを使用)がされており、高コントラストでメリハリのある画質の良さも特徴となっています。

「楽ナビ」人気ランキング3位 楽ナビ AVIC-RW900

楽ナビの人気TOP3は高級モデルの900シリーズの製品で占められています。
このRZ900は第1位のRZ900の型番違いで、サイズ違いの200㎜のワイドモデルです。
機能的には人気1位のRZ900と全く変わりありませんが、車種によってはこちらを選ぶ必要があります。

「楽ナビ」人気ランキング4位 楽ナビ AVIC-RZ300

RZ300は楽ナビでも基本的な機能に絞ったエントリーモデルとなり、価格もこれまでの製品に比べてお手頃なのが魅力のナビです。
画面は7型の標準サイズで、ナビ機能も上位機種とそれほど遜色がありません。
ナビ以外の機能としては、TVがワンセグとなり、Bluetoothやハンズフリーフォンはありませんが、楽ナビの充実したナビ機能があればよいという人は、楽ナビの廉価版となるRZ300を選んでいるようです。
音楽を聴きたい場合は主にSDカードやCDからの再生となりますが、サードパーティ製のBluetoothのトランスミッターを利用すれば、スマホに入れている音楽を手軽に楽しむこともできます。

「楽ナビ」人気ランキング5位 AVIC-RZ700

RZ700は楽ナビのミドルクラスモデルで、RZ300のようなエントリーモデルとの違いはBluetoothが搭載されているところです。
Bluetooth機能により、スマホの音楽を気軽に楽しんだり、運転時にハンズフリーで電話をしたり、スマホ経由で渋滞や駐車場情報などの最新情報が得られます。
RZ700は上位モデルのようなCDからの録音機能や光沢パネル(ブリリアントフィニッシュパネル)といったプレミアムな機能はありませんが、オプションの拡張性の高さと楽ナビの基幹機能を余すことなく搭載した標準モデルといえるでしょう。

「楽ナビ」人気ランキング6位 AVIC-RW300

RW300はランキング4位のRZ300の型番・サイズ違いで、性能的には全く同じ機種となっています。
RZ300と同様、エントリーモデルなのでBluetooth機能はありません。
RW300は200mmサイズのワイドモデルなので、クルマの車種によってはこちらを選ぶ必要があります。

「楽ナビ」人気ランキング7位 AVIC-RZ500

RZ500はランキング5位のRZ700の型番違いで、TVがワンセグとなっているのがRZ700と違うところです。
RZ700とは1万円以上の価格差があるので、車内ではTVはあまり見ないという方はTV以外は機能の違いがない本機でよいかと思います。
現行モデルでは人気が最下位の製品なので、楽ナビユーザーはフルセグに重きをおく人が多いようですね。

「楽ナビ」人気ランキング8位 AVIC-RZ06Ⅱ

RZ06Ⅱは現行モデルよりほんの少し前(2016年2月)に販売された製品です。
従来の機種とくらべ地図更新が有料になったり、パイオニア独自の直感操作型リモコン、スマートコマンダーが別売りとなりましたが、Bluetoothやフルセグを搭載していて、地図データが若干古いのを除くと現行品同様に使えるため、現在でもかなり売れているようです。
ただし、タッチパネルはスマホのような「静電式」でなく、旧式の「感圧式」なので操作感が少し異なることに注意してください。

「楽ナビ」人気ランキング9位 AVIC-MRP770

MRP770は現在では数が少なくなったパイオニアのポータブルナビです。
現在パイオニアはポータブルナビ市場から撤退しており、現在パイオニアのポータブルナビは取扱店にある在庫限りとなっていますのでご注意ください。
MRP770の画面はポータブルナビとしては大型の7型サイズで、通常の楽ナビ同様、高い拡張性があるのも特徴です。
バックカメラやドライブレコーダー、リアモニターの設置やオーディオ機能を拡充することも可能です。
TVについてはワンセグが視聴可能です。
ポータブルナビということで、通常のナビの取り付けが難しい外国車でも装着可能なので、地図更新(有償で可能)にこだわらず、輸入車や旧型車にナビを設置したいという方にはよいのではないでしょうか。

「楽ナビ」人気ランキング10位 AVIC-RW99

RW99は現行品より1年前に販売された型落ちのハイエンドモデルです。
現行の上位モデルとの違いは、パイオニアの直感型リモコン、スマートコマンダーがオプションでなく同梱となっていること、地図更新が3年間無料(2018年10月まで)になっているところです。
そのうえ、光沢パネル(ブリリアントフィニッシュパネル)やBluetooth、CDからの録音機能も現行モデルと同様に搭載されています。
現行品には無料更新サービスやリモコンが付属していないので、旧モデルながら現行の7型モデルよりプレミアム感があり、実勢価格もRW99のほうが高くなっています。
約1年分の無料更新データが欲しいという方で、パイオニアのスマートコマンダーのファンだというのであれば、コスパが良く感じられる製品ではないでしょうか。

楽ナビのbluetooth設定やTV利用時のトラブル対処法

bluetoothの設定の仕方

Bluetoothはスマホに入れている音楽をナビで聴いたり、ハンズフリーで電話をするのに便利な機能で、楽ナビでも対応している機種が増えてきました。
そこで、Bluetooth対応の楽ナビとスマホをBluetooth設定する方法を紹介します。
楽ナビの機種によって多少の違いがありますが、大まかな手順は以下の通りです。

1.ナビ画面の「設定」メニューを進み「Bluetooth設定」を選択
2.スマホのBluetooth登録機能画面を起動(詳細は取説等を確認)
3.ナビ画面の「登録」よりナビとスマホのペアリングを行う
4.ナビ画面にて登録したいスマホ名を選択
5.パスキー入力を求められた場合はスマホにパスキーを入力
6.完了メッセージの表示を確認し終了

TV利用時に「ダウンロード待機中」が出たときの対処法

楽ナビでTVをつけるたびに「ダウンロード待機中」のエラー画面のまま停止し、TVが見れない状態になるというトラブルが多いようです。
ダウンロードのキャンセルをしても、情報の再取得を始めるだけで、いつまで経ってもダウンロードが終了しない…こんな状況に悩んでいませんか?
このダウンロードは地デジの受信強度が弱いと失敗しやすい傾向があり、電波の良いところに移動するか、ダウンロードをしない設定にすることで解消します。

【ダウンロード設定をOFFにする方法】
「システム設定」⇒「TV機能」⇒「ダウンロード設定」をOFF

以上の操作により、TV起動の度に悩まされるこのエラー画面を回避することができます。

楽ナビの各スペック比較表と選び方のコツ

ここまで楽ナビのランキングを紹介してきましたが、どれを選ぼうか迷っている方のために楽ナビを簡単に選ぶコツを紹介します!
楽ナビは3つのグレードに分かれていますが、基本的なナビ機能や拡張性の高さはほぼ変わりませんので、ナビ以外の機能面から好みの楽ナビを選ぶことができます。

・エントリーモデル:Bluetooth(スマホ連携)不要、TVはワンセグでよい
・ミドルクラスモデル:Bluetooth(スマホ連携)機能が欲しい、TV(フルセグ)も見たい
・ハイエンドモデル:下位機種の機能のほか、見た目のよい光沢パネルやCDの録音機能が欲しい

それでは、最後に楽ナビの各グレード別の機能比較表を掲載します。

AVIC-RZ500と300シリーズのスペック比較表

RZ500RW300RZ300
価格49,500~54,000円39,400~44,000円40,600~43,000円
モニターサイズ7V型
光沢パネル-
Bluetooth-
地デジワンセグ
地図更新有償
今後、仕様変更、可能性もありますのでメーカーHPもあわせてご確認ください

900シリーズとAVIC-RZ700のスペック比較表

RL900RW900 / RZ900RZ700
価格92,000~10万円65,000~69,000円60,300~65,000円
モニターサイズ8V型7V型7V型
光沢パネル-
Bluetooth
地デジ12セグ/ワンセグ
地図更新有料
CD自動録音-
今後、仕様変更となる可能性もありますのでメーカーHPもあわせてご確認ください

楽ナビの旧モデルの各スペック表

RW99RZ06ⅡMRP770
価格69,500~75,000円53,500~58,000円39,500~43,000円
モニターサイズ7V型
光沢パネル-
Bluetooth-
地デジ12セグ / ワンセグワンセグ(フルセグはオプション)
地図更新2018/10まで無料有償
CD自動録音
今後、仕様変更となる可能性もありますのでメーカーHPもあわせてご確認ください

その他おすすめカーナビはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す