初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産の新型車・モデルチェンジ全情報【2017-2018年最新版】

日産の2017年~2018年に発売される可能性が高いモデルチェンジ・新型車に関する最新情報を紹介。モーターショーで発表された情報から公式未発表の新型車・モデルチェンジ情報、発売日予想、スペック情報を一挙ご紹介します。

2017-2018年 日産モデルチェンジ・新型車最新情報

日産 ロゴ

「やっちゃえ、日産」のCMで有名な日産自動車。
今回は、2017年~2018年に予定されているモデルチェンジ情報から噂レベルの情報まで、日産のモデルチェンジに関する総まとめをご紹介します!
日産の車を検討されている方はぜひご覧ください。
お目当ての車がモデルチェンジを予定しているかもしれません!

日産の中古車情報はこちら!

日産の歴史についてはこちら!

2017年の新型車・フルモデルチェンジ情報!

まずは、2017年に行われると予想・発表されている日産の新型車情報をご紹介します。
すでに公式発表が行われているものから、スクープ段階の新型車情報まで一挙に解説!

【2017年6月】新型マーチ(海外名:マイクラ) フルモデルチェンジ

日産 マイクラ 新型

2017年6月に日産はヨーロッパにて新型マイクラ(日本名:マーチ)を発売開始しました。

新型マーチは主にヨーロッパをターゲットに開発され、現行マーチから大きくデザインが変更されています。
日本発売日に関しては発表はなく、国内の販売の可能性は低いでしょう。

【新型マーチ(マイクラ) 価格】
 約140~180万円(予想)

【2017年6月】新型エクストレイル マイナーチェンジ

日産 新型 エクストレイル 2017

エクストレイルは日産が販売するクロスオーバーSUVです。
エクストレイルの兄弟車である北米専売車、日産ローグが新型モデルも登場し、新型エクストレイルも6月8日に発表の同日に発売されました。

クリーンディーゼルエンジンの追加はありませんでしたが、自動運転技術「プロパイロット」がオプションで選べるようになり注目が集まっています。

【2017年7月】新型ジューク フルモデルチェンジ

ニッサン グリップス コンセプト

日産 グリップス コンセプト 2015年

日産 ジュークは2010年に発売された小型SUVです。
現行型ジュークは、ノートやキューブとプラットフォームを共有しています。
クーペとSUVを融合させたような個性的なデザインで人気を博しています。

上記の画像は2015年開催のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「グリップス コンセプト」で、新型ジュークのコンセプトモデルになると思われます。

新型ジュークにはハイブリッドモデルが追加されると予想されています。
2016年11月に、ノートのレンジエクステンダーEVモデルが登場していることからも、同様のEV車になる可能性もあります。

【2017年7月】新型NV350キャラバン マイナーチェンジ

日産 NV350キャラバン 2017 マイナーチェンジ

NV350キャラバンとは、日産自動車が製造・販売している商用バンです。
初代モデルは1973年に「キャラバン」として発売されました。2017年7月31日にマイナーチェンジが行われ、安全性能と便利機能が強化されます。
外装も力強いVモーショングリルとなり魅力が向上しました。

【2017年9月】新型リーフ(フルモデルチェンジ)

日産 新型 リーフ 外装・エクステリアデザイン

2017年9月6日に日産リーフがフルモデルチェンジを行いました。
注目の航行距離は400kmになり、外装、内装のデザインも変更となりました。
e-Pedalやプロパイロットパーキングなど日産の最新技術が搭載されており、大きく注目を集めています。

新型リーフに関する最新情報は以下の記事をご覧下さい。

【2017年10月】新型ノート クロスギア

日産 ノートシーギア

日産が人気コンパクトカー「ノート」にSUVテイストを加えた「新型ノート クロスギア」を10月30日に発売されることが発表されました。

新型車として登場するノート クロスギアは、あくまでコンパクトカーである「ノート」をSUV風にアレンジしたもので走行性能に差はほとんど予想されていません。

ライバル自動車メーカーであるトヨタから発売された「アクア クロスオーバー」の対抗車として登場したノート クロスギアは、日産の目標であるノート全販売の10%を達成できるのか見どころです。

【2017年11月】新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60)

日産 スカイラインクーペ(インフィニティ Q60) 新型

©Shutterstock.com/Grzegorz Czapski

北米でインフィニティQ60として登場した新型スカイラインクーペ。
日本での新型スカイラインクーペの発売は2017年11月と予想されています。
2.0L直列4気筒ターボと3.0L V型6気筒ターボエンジンが搭載され、FRベースのAWDシステムと組み合わされます。

【新型スカイラインクーペ 価格】
 約500万~600万円

【2017年11月】インフィニティ Q30(フルモデルチェンジ)

新型 インフィニティ Q30

日産インフィニティQ30

日本以外では2016年8月に発売されているインフィニディQ30/QX30が日本においても発売される可能性があります。
インフィニティは日産の海外向けブランドです。

新型Q30はメルセデスベンツAクラスとプラットフォームを共有するコンパクトSUVで、2.0L 直列4気筒ターボエンジン・7速ATを搭載します。
この新型インフィニティQ30、QX30が2017年11月より日本でも発売されると予想されています。
価格は約400万円〜になると考えられています。

【2017年12月】日産 キューブ(フルモデルチェンジ)

日産 キューブ Z12型

日産 キューブの現行モデルは2008年に登場し、今年で9年目を迎えます。
一部改良やマイナーチェンジは数回ありましたが、ついに待望のフルモデルチェンジが行われるようです。

パワートレインには同社のハイブリッドシステム「e-POWER(イーパワー)」を搭載する可能性があり、飛躍的な燃費性能の向上を図ると考えられます。
価格はやや引き上げられ、ベースグレードで170万円になるのではと予想されています。

【2017年内?】ティーダ フルモデルチェンジ

日産 ティーダ 海外専売モデル

日産のティーダは、現在日本では発売されていない海外専売モデルです。
発売当初は、プレミアムコンパクトカーという立ち位置でした。
日本ではあまり人気が出ませんでしたが、海外では人気も高く、世界中で幅広く展開されています。

2016年4月に開催された北京モーターショーで、ティーダの新型モデルが世界初公開されました。
日産の統一デザインとなっている「Vモーショングリル」が搭載され、モダンで流れるようなデザインになっています。

日本への導入は未定で、可能性は低いと言わざるを得ませんが、仮に実現するとしたら発売日は2017年以降となると思われます。

2018年以降の新型車・フルモデルチェンジ情報!

続いて2018年に行われると予想・発表されている日産の新型車情報をご紹介します。

【2018年春】セレナ e-POWER(新型車)

日産新型セレナe-POWER ハイウェイスター(参考出品車)

日産新型セレナe-POWER(参考出品車)

2016年にフルモデルチェンジして登場した新型セレナに、新型ノートに採用されているレンジエクステンダーシステム「e-POWER」搭載モデルが追加されます。
東京モーターショー2017でお披露目となるセレナ e-POWERは、専用ティザーサイトもオープンしています。

新型セレナ e-POWERの燃費性能はJC08モードで30km/Lを超えるのではないかといわれ、期待が高まっています。
燃費性能は2016年に登場したセレナの弱点でもありましたが、e-POWER搭載モデルが市販化されれば、ライバルに大きく差をつけることができるのではないでしょうか。

新型セレナe-POWERに関する最新情報は以下の記事をご覧下さい。

【2018年4月】新型フーガ(インフィニティQ70) フルモデルチェンジ

日産 フーガ 2015年型

日産フーガとは、2004年から製造・販売されているセダンであり、乗用車分類ではEセグメントになります。
新型日産フーガは2017年10月27日に行われる東京モーターショーで世界初公開され、インフィニティブランドで先行発売されるでしょう。
日本では2018年4月に発売されると予想されています。

【2018年】新型ティアナ フルモデルチェンジ

現行型 ティアナ

ゴルフバッグを4つ積める車・ティアナ

日産の大型セダン「ティアナ」が2018年にフルモデルチェンジするかもしれません。
新しいデザインにはVモーショングリルを採用することで、よりスポーティになることが期待されています。
さらに、日産の自動運転技術「「プロパイロット」の採用で、より快適に長時間の走行ができるのではないかとも予想されています。

【2018年】新型フェアレディZ Z35 フルモデルチェンジ

現行型 フェアレディZ

日産 フェアレディZ Z34型

時期は明確ではありませんが、噂では7代目「フェアレディZ」がZ35型系が発表されるのではないかと噂されています。
今回の新型への改良によって、外観デザイン、エンジンの改良、価格を低く設定されるかもしれません。

不確定な情報が多く出回っていますが、最新情報を随時更新していきます。

【2019年】新型インフィニティ QX80モノグラフ

2017年4月に公開されたQX80モノグラフ

インフィニティ QX80 モノグラフ 2017年

2017年4月、日産はニューヨーク国際オートショーで新型「インフィニティQX80モノグラフ」を発表しました。
現行型QX80の後継コンセプトモデルになると予想されます。

前衛的なデザインが特徴的なQX80モノグラフですが、詳しいスペックや価格、発売日については発表されていません。
少なくとも2019年以降の登場になると予想されます。

新型QX80モノグラフに関する最新情報は以下の記事をご覧ください。

2016年に行われた主な新型車・モデルチェンジ

2017年・2018年のモデルチェンジ情報をご紹介したところで、2016年に行われた主なモデルチェンジ情報をご紹介します。

【2016年7月】新型GT-R マイナーチェンジ

日産 GT-R 17年型 Premium Edition

2016年8月25日、新型GT-R R35 2017年モデルがついに発売開始されました。
フルモデルチェンジしてR36になるとの予想も少なからずありましたが、今回は2017年モデルへのマイナーチェンジとなりました。
現行GTR「R35型」としてはラストのビッグマイナーチェンジだと思われます。

エクステリアデザインや内装・装備だけでなく、走行性能も大幅に改良されています。
新型GT-Rのエンジンは最高出力565psを発生し、従来モデルから20ps引き上げられています。
進化した3.8L V型6気筒ターボエンジンは、発進からわずか2.7秒で時速100kmに到達します。

【新型GT-R 価格(消費税込)】
 9,960,840~18,700,200円

【2016年8月】新型セレナ フルモデルチェンジ

日産 セレナ新型 2016年型

日産の誇る大人気ミニバンのセレナ。2016年8月についに新型モデルが発売されました。

セレナが属する「ミドルサイズミニバン」市場には、ノア、ヴォクシーなどといった超強力なライバルがひしめき合っていますが、新型セレナは最新の自動運転システム「プロパイロット」を搭載することで独自性を発揮しています。

プロパイロットは高速道路の同一車線の運転をサポートするシステムで、長距離運転の効率化や渋滞の回避につながるとしています。

【新型セレナ 価格(消費税込)】
 2,316,600~3,187,080円

【2016年11月】新型ノート ビッグマイナーチェンジ&e-POWER投入

日産 ノート e-power 新型

2016年11月2日、日産はコンパクトカー ノートのマイナーチェンジと同時に、レンジエクステンダーEVハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載したモデルを販売開始したことを発表しました。

レンジエクステンダーEVを搭載するノート e-POWERは、直列3気筒エンジンと電動モーター、リチウムバッテリーを採用し効率化を図ることでJC08モード燃費で37.2km/Lを達成します。
これはライバルにあたるトヨタ・アクアを上回る燃費性能です。

【新型ノート 価格(消費税込)】
 1,393,200~2,244,240円

日産の新型車が待ち遠しい!

新型情報に期待が膨らむ!

日産 ロゴ

©Shutterstock.com/FotograFFF

日産新型車・フルモデルチェンジ情報はいかがでしたでしょうか。

今年もたくさんの新型車が出そうですが、気になるモデルはありましたか?

多くの車種において新型が開発中ですが、今後日産がハイブリットカーや電気自動車に対してどのような姿勢をとるのかも楽しみですね。

MOBYでは今後も日産の新型車情報を随時更新していきますので、どうぞご期待下さい。

新型車に関連するおすすめ記事!

日産に関するおすすめ記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK