初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

バッドボーイズ 佐田正樹×日産ローレル:Vol.5「ほんとうに大切なもの」MOBYクルマバナシ

車は人生をともに過ごす仲間。“その車”には、どんな想いが詰まっているのだろう――。福岡最大勢力を誇った暴走族の元総長。暴走族引退後は、お笑いの世界を目指し芸能界へ。現在は暴走族時代に憧れた車、ローレルに乗る佐田正樹さん。そんな波乱万丈な人生で、様々なエピソードがあったはず。ヤンチャ時代から現在の話、旧車への想いなど。車にまつわるエピソードや、愛車の魅力について語っていただく、“MOBYクルマバナシ”。

【Profile】バッドボーイズ 佐田正樹1978年9月13日生まれ。福岡県糟屋郡篠栗町出身。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。かつて福岡では最大勢力を誇った、元・福岡連合二代目総長及び暴走族「幻影」の元総長。福岡第一高等学校の同級生で同じく暴走族「福岡連合」出身の大溝清人と1997年4月に「バッドボーイズ」を結成。ツッコミを担当。現在は得意のDIYを活かしリフォーマンとしても活躍中。
愛車は日産 ローレル(1976年式)。

Vol.5「ほんとうに大切なもの」

若者の車離れが加速していると言われているんですけど、佐田さんはどうしたら阻止できると思いますか。

なんやろね、世代やろうしね。俺らの時代は「先輩が乗ってるあれに乗りたい!」みたいなとこもあったしね。負けたくないみたいな。

「車なんかいらないよ。危ないよ」とか言ってる人達に、車の良さを伝えるのも難しいしね。事故もあるし。もしかしたら人を殺すかもしれないっていう武器にもなるわけやから、絶対に乗れとも言えん。だから「車になんでそんなにお金がかかるのか、僕にはちょっとよくわかりません」って人を理解させるのってやっぱり難しい。レンタカーで十分な人にマイカーは必要ないわけやし。

車を好きになってくれたらいいけど、興味がないものをこっちも押しつけるんは、違うと思う。

車ってあったら便利やし、ラクやけどね。

たしかに、興味がない人に好きになってもらうのは難しいですよね。

俺はこのローレルが本当に格好良いと思ってるから乗ってる。だから真似したければ真似すればいいし、ダサいと思うならそれでもいいっていう感覚。

もしかしたら、格好良いと思える車が少ないのかもしれないですね。昔は映画見ても、「あのアメ車いいわぁ」とか、そんなことを言い合ったけど、今はそういうのもないしね。

あと、あんまり車の文句は言いたくないけど、お金もかかりますしね。重量税とか駐車場代とか。都内だと田舎の家賃くらいかかる。車を持つハードルが高いかもしれないね。

10代の頃から車に乗り続けている佐田さんにとっての、車の魅力とは何ですか。

車の魅力ねぇ……。

「足」やね。車はやっぱり僕の足やから、便利よね。どこでも行けるし、疲れもせんし、運転も好きやし。

バイクも欲しいけど、今の自分の生活でバイク乗るかなと思ったら乗らんやろうし。バイクと違って車って雨もしのげる。その点、車の魅力はいっぱいあるよね(笑)。

暑いときでも寒いときでもそうだけどさ、服とか考えなくていいでしょ。車で移動して現場に行けば、外に出るのってちょっとの間やから、冬でもジャンパーいらんし、夏でも涼しく移動できるし。

電車移動だと替えのシャツとか汗拭きシートとか必要やし、汗くさいと思われてないかな? とか考えるやろうけど、車だと瞬間移動みたいなもんやから。だから家で移動してるみたいな感覚かな。

最後の質問です。そんな昔ヤンチャだった佐田さんが思う、芸人に一番必要な心意気や精神は何だと思いますか。

芸人に必要な心意気や精神かぁ……。

人間力。

人間力とは?

まぁ芸人だけじゃなく、全てに通ずると思うんです。俺はもうすぐ40歳になるんですけど、全ての仕事に必要なものって「人間力」やなと。

川を転がる石みたいに、悪いところが削られてどんどん丸くなっていく中で、それもいろんな人と会って、たくさん経験して一人の人間が形成される。

「面白さ」を追及していくと、たとえネタや言葉がつまらなくても、その人自身が面白かったら面白く見えるわけ。「面白い」ってつまり、その人が「見たい」「楽しい」「しゃべりたい」「会いたい」っていうことだと思うんですよね。それ全部が人に好かれる「人間力」だと思うんです。

いろんな笑いのジャンルがある中で、結局は人が面白くないと、良い人じゃないと面白くない。例えば、嫌いな奴がどんな面白いこと言っても、絶対笑わないと思うんですよ。そいつが嫌いやから。

そこをどう好きになってもらうか、どう接しやすいと思われるかが人間力。芸人問わずどんな仕事でも「この人と仕事したいな」「この人とまた話したいな」と思わせるような人間が成功する人なんじゃないかな、と思います。

だから必要なのは、人間力。

今回の撮影に協力してくださった、スターロードの代表を務める井上正嗣さんとのツーショット。撮影の合間にも終始車の話で盛り上がっており、普段から親交が深い様子が伺えました。

芸人に必要なものは「人間力」と答えた佐田さん。当時の福岡では最大勢力を誇った暴走族をまとめるのも、相当な人間力が必要だったと思います。たくさんのお話、本当にありがとうございました。

取材:三浦眞嗣、米永豪
撮影:近藤浩之
文:MOBY編集部

撮影協力:スターロード

【出演者一覧】インタビュー特集はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す