MOBY

バックミラー・サイドミラーの正しい使い方とは?角度や位置からその調整方法まで

バックミラーは和製英語です。英語では室内のものをInner rear-view mirror. 屋外のものをOuter rear-view mirror.といいます。日本ではサイドミラー、ルームミラー、フェンダーミラーなどまとめてバックミラーといいます。それはともかく外国でも日本でもバックミラーは車の安全運転には必要不可欠なものなんです。今回はそんなバックミラーの使い方について紹介したいと思います。

ルームミラーとは?

ルームミラーは車の真後ろを確認するものです。
運転する姿勢で、左手で調整してください。
なるべく広い範囲が映るように、次の事をしてください。

まずミラーをまっすぐ後ろに向け、リアウインドウ全体がはっきりと見えるようします。
ミラーは水平にし、少しだけ自分の方に向けましょう。
斜めに傾けてセットすることには、何の意味もありませんのでやめましょう。

サイドミラーとは?

サイドミラーは車の斜め後ろを確認するための物です。
広い範囲が映る事と、後方車との距離感が掴めるように調整します。

サイドミラーの正しい角度・位置について

まず、ミラーを内側に向けて車の両サイドが映るようにしましょう。
上下方向は、運転姿勢をとり下の画像のように、道路と空の境界が1:3で地面に水平になるよう調整します。

横方向は、上の画像のようにボディと背景が1:3になるように調整します。

初心者のためのサイドミラーの調整方法

サイドミラー・バックミラーの見方は練習あるのみ

サイドミラー・バックミラーの見方

出典:http://www.fu-bi.jp/

ミラーに映るものと、自車との距離感を掴むためには練習が必要です。
車が止まっているときに、見る対象を1つ決めましょう。
それを実際の運転姿勢で、ミラーを使うとどのように見えるのか確認します。

車の死角も実際に確認することが大事です。
練習と確認をして初めて安全運転をすることができます。

残念ながら、ペーパードライバーは、サイドミラーの位置合わせをいい加減に行う傾向があるようです。
「どうせ、あまり見ないから」といった理由からだと思いますが、
安全運転の要素の大切な1つにミラーを上手に利用することがあげられます。

ミラーがきっちりセッティングされてない状態での練習では、
運転は上達はしません。

走行前には、しっかり自分のポジションにセッティングするように心がけましょう。

出典:http://wp.paper-driver.jp/

サイドミラー・バックミラーへの目線の動かし方

ミラーを見ながらくれぐれも安全運転で

いかがでしたでしょうか?
バックミラーの正しい使い方は学んでいただけましたか?

運転に慣れてくると、ミラーの正しい位置調整などは疎かにしてしまいがちになります。
しかし、初心者からベテランドライバーまで、ミラーの確認は安全運転の基本です。

この記事を読んでハッとなった方は、ミラーの事を心に留めて安全運転を心がけてくださいね!

車の運転技術に関するおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す