MOBY

左側通行の国と右側通行の国一覧まとめ|その違いが生まれた理由は?

左側通行の国と、右側通行の国がありますが、どちらの方が多いのでしょうか。また、どのような理由から左側通行や右側通行が生まれたのでしょうか。諸説ありますが、それぞれに最もらしい理由がありました。 また、日本では左側通行ですがどのような経緯からなったのでしょか。日本での状況などについてもまとめました。

右側通行が世界では主流

日本はご存じのとおり左側通行です。法律でも「車両は、道路の中央から左の部分を通行しなければならない。」と定められています(道路交通法第17条第4項)。

しかし世界的には左側通行は少数派。
右側通行の国のほうが圧倒的に多くなっています。

外車=左ハンドルのイメージとなるのは、輸入車のほとんどが右側通行の国で生産されている車だからというわけですね。

右側通行と左側通行の国の状況

左側通行・右側通行の世界地図

この地図では、赤色が右側通行、青色が左側通行となっています。
世界地図で見ると一目瞭然ですね。圧倒的に右側通行が主流ということがわかります。

左側通行の国は

世界では70程度の国や地域が左側通行のようです。

日本以外だと次に思い浮かぶのはイギリスです。
他にはオーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニア、インド、香港、ケニア、南アフリカ共和国などです。これはかつてイギリスの植民地であった地域となっています。

タイのように植民地になっていない国でも、近代になってイギリスの制度や技術等を取り入れた際に、影響を受けて左側通行となった場合もあるようです。

左側通行の理由

国や地域によってその理由は様々です。

日本では武士が右手で刀を取りやすいように、身体の左側に刀を差しているため、という説が有力です(右側通行で対面すると通り過ぎる時に刀同士がぶつかってしまいます)。

そのまま現在でも左側通行となったのは、イギリスの制度を取り入れながら近代化したからです。
実は中世まで遡ると世界でもやはり左側通行が多かったということが分かっているそうです。

これも日本の刀の例と同じように、右手で武器を取りやすいためだったという説があります。

また、馬車も左側通行だったようです。これもやはり馬に鞭を打つ際に対向車と干渉しにくいことが理由にあるとも言われています。
つまり、左側通行というのはそれなりに合理的な理由に基づくものだということですね。

右側通行の国は

ナポレオン

↑ナポレオン

160程度の国や地域が右側通行を採用しているようです。イギリス以外のヨーロッパの国々はほぼ右側通行となっています。アジア、アフリカ、アメリカなどでもイギリス以外との関係が深かった国は右側通行が主流です。
元イギリスの植民地であったアメリカ合衆国でも右側通行となったのは、独立した時にイギリスの影響を捨てたことと、フランスの援助等を受けたからとも言われています。

右側通行の理由

左側通行の理由で説明したように、ヨーロッパの国々も中世までは左側通行が主流でした。
しかし、フランス革命の中で右側通行にしたという記録が残っています。

その変更を指示した人物はナポレオンでした。
戦術的に有利だったからという説が有力なようです。
ナポレオンはその全盛期、大陸ヨーロッパの大半を支配下に置きました。その過程でナポレオンが道路の整備もしていきました。
そのため、広範囲にわたってその影響を受けました。

イギリスはナポレオンの支配を受けなかったので、そのまま左側通行が残った形になるのですね。

ここから右側通行が世界に広がっていくことになりました。
これもイギリスの例と同じように、大陸ヨーロッパの国々の影響を受けたからでしょう。

日本でもかつて右側通行の地域がありました

復帰前の沖縄

↑写真は復帰前の国際通り

それは沖縄です。沖縄の返還は1972年でしたが、返還後もしばらくの間は右側通行のままでした。
沖縄が左側通行となったのは、返還から6年後の1978年でした。7月30日に行われたために、この出来事は730(ナナサンマル)と言われています。
そんなに昔のことではないのですね。

現在の沖縄でも右側通行の頃のことを覚えている人もたくさんいることでしょう。
そして驚くことに、道路標示、道路標識、信号などの変更もわずか8時間で一斉に行われたということです。

右側通行区間が日本でも身近にあった!

中央環状線

出典:https://ja.wikipedia.org/

↑首都高速中央環状線

実は現在の日本でも、有名な高速道路で右側通行になっている区間があります。
それは首都高の中央環状線の山手トンネルの大橋ジャンクションからから大井ジャンクションまでの区間です。
用地確保や一般道からの出入りのしやすさを考慮した結果、こうなったそうです。
ただし、対面通行ではなく、トンネルで左右が完全に分離しているため運転者からすると反対車線は見えません。
そのため混乱することもありません(走行していても右側通行であることには気が付きません)。

他にも、地形などの問題から北陸自動車道の一部(敦賀インターから今庄インターまで)でも右側通行区間もあります。

また、現在建設中の東京外環自動車道のトンネルも右側通行とする計画になっているようです。

海外に行くときは右側通行か左側通行を事前に確認!

右側通行

出典:https://ja.wikipedia.org/

海外旅行などで外国でレンタカーを借りる場合もあると思います。
つい、いつもの左側通行の習慣で運転してしまうと思わぬ危険があります。
行く前に、ご当地の交通ルールを事前によく確認してみてくださいね。

知っておきたい自動車に関する豆知識はこちら

日本の免許でそのままいけるレンタカー観光がおすすめ!

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す