MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > 黄色線でも追い越しできる?意外と知らないセンターラインのルールを復習!
道交法・交通事故

更新

黄色線でも追い越しできる?意外と知らないセンターラインのルールを復習!

黄色のセンターラインは実は追い越し禁止ではない!

https://www.youtube.com/watch?v=irNIUQEXtAQ&feature=emb_title

センターラインの種類の違いを自信を持って説明できますか?
基本的なセンターラインには白線、黄線、白の点線の3種類があります。

その中でよく勘違いされがちなのが黄色のセンターラインです。
黄色のセンターラインを「追い越し禁止」と思っている人が多くいますが、禁止されているのは「追い越しのためのはみ出し」であり、センターラインからはみ出さなければ追い越しすることも可能なのです。
追い越しは可能ですが実際には追い越しできるスペースがほぼ無い道路に使われているため、実質的に「追い越し禁止」の意味合いを持ちます。

しかし、駐車車両、道路工事や軽車両を追い越すときなど、やむを得ない場合はセンターラインの右側ではみ出すことができます。
車線変更はどれにも当てはまらないため、もちろん禁止されています。

白線と黄線の違いは?

道路

黄線は片側一車線の道路に引かれ、破線の白線は片側に複数車線がある道路に引かれていることがほとんどです。急カーブなど一部区間では、片側に複数車線があっても黄線が引かれていることがあります。

白線は黄線と違い、「(原則として)絶対にはみ出し禁止」となっています。

少しでも自信がない方は、他のセンターラインのルールについても、もう一度復習しておきましょう!

他のセンターラインに関する詳しい情報はこちら

【要注意】道路のセンターライン(中央線)の種類と意味とは?

交通ルールを復習して安全運転を!

道路標識
©Shutterstock.com/ Carsten Reisinger

理解している人からしたら黄線が「はみ出し禁止」というのは当たり前のことかもしれません。
しかし、普段から運転していないと、交通ルールは忘れてしまうものです。

この機会にもう一度交通ルールを復習して、安全運転を心がけましょう!

他の道路交通法についてはこちら!

【要確認】知らずに捕まる道路交通法20選!これは知らないとやばい

方向指示器を出さないと道路交通法違反になるケース5件!色や音の規制と自転車についても

【自転車編】みんな知らずに捕まる道路交通法15選!家族に教えてあげたい

【箱乗りとは】実は道交法違反?定義や意味を画像や道路交通法を元に解説!

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!