初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタのハイブリッド車一覧!燃費・価格やリアルな評判まで徹底紹介

トヨタハイブリッドカーの評判を車種ごとに徹底紹介します。人気のプリウスやコンパクトカー、SUV、ワンボックスなど気になる人気車などなど多彩な情報をお届け。トヨタ ハイブリッドカーの新車購入に役立つ情報満載!

トヨタのハイブリッド車を一覧で紹介!

ゴルフバッグが4つ積める車・プリウス

トヨタは1997年に世界初の量産型ハイブリッド車「プリウス」を発売しました。
「21世紀に間に合いました。」のキャッチコピーのとおり、当時はセンセーショナルで大きな話題になりました。

現在では当たり前の存在となったハイブリッド車ですが、その研究・開発には並々ならぬ努力がありました。
この記事では、ハイブリッド車のパイオニアともいえるトヨタのハイブリッド車を紹介します。
燃費、新車・中古車の販売価格相場、また購入者による評価など、トヨタのハイブリッドカーを検討している方は必見です!

トヨタのハイブリッド車① アクア

トヨタ アクア 2016年

ハイブリッドカーの代名詞といえばプリウスですが、そのプリウスで培われた技術を若者向けにアレンジしたのがアクアです。

アクアの特徴は何といっても「コンパクト性」と「燃費」です。

トヨタ・アクアの燃費

JC08モード33.8~37.0km/Lとかなり低い燃費性能を実現。

また1,496ccと排気量は少なく、パワーは74PSと少し控えめです。しかし、車重が軽く1,050~1,090㎏です。

このため、峠道の上りでもスポーティな走行が可能な実力を持ちます。
モータージャーナリストによる試乗記で「1,800ccクラスの動力性能」と紹介されることもありますが、その理由は車体の軽さによるものです。

トヨタ・アクアの価格

価格は新車で176~243.1万円と、ハイブリッド車でありながら比較的安い車両価格となっています。

元々の新車価格がお手頃価格のため、中古車でも50万円くらいから購入できることもあります。


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ・アクアの特徴「小回り性能」

アクアはとてもコンパクトな車です。
買い物や送迎といった、日常使いでとても便利に使える基本性能を備えています。
特に大きく実感する事は、小回り性能です。
カタログなどでは「最小回転半径」という項目で表示されるものですが、アクアの場合、4.8mしかありません。(特別仕様車のX-URBANを除く)

最小回転半径が5mを切る車両は、かなり運転しやすいと感じるはずです。

免許を取得されたばかりの方や女性ドライバーから、「非常に運転しやすく、扱いやすい車」といった感想が多く挙がります。

トヨタ・アクアの評価

燃費が非常に良く経済性に優れている。
コンパクトな車なため運転に自信がない方でもとても運転し易く駐車も簡単にできる。

出典:http://www.goo-net.com/

見た目が良く低燃費、これから乗るのはハイブリッドカー、コンパクトカーナンバーワン

出典:http://www.goo-net.com/

加速、ハンドリング等走行性能は全く問題なし。
装備も一通り揃ってます

出典:http://www.goo-net.com/

スポーティで取り回しが良いことや、実際の燃費も満足のいくものという意見が多くありました。
ただし、インテリアが少々チープだという意見もあり、値段相応といえるでしょう。

トヨタのハイブリッド車② プリウス

トヨタプリウス 2016年式

ハイブリッド車の先駆けのトヨタ・プリウスは、2015年の12月に4代目が発売されました。

トヨタ・アクアが発売されるまでは、他を寄せ付けない圧倒的販売数を誇りました。

特に4代目は、プラットフォームから刷新されたフルモデルチェンジにより、再び脚光を浴びました。

トヨタ・プリウスの燃費

燃費はJC08モードで37.2~40.8km/Lで驚異の低燃費です。(E-Fourは34.0km/L)
実用燃費では30km/Lを超えるといわれています。

トヨタ・プリウスの価格

価格は新車で243~320万円、特別仕様車のS“Safety Plus”は、270万円です。
中古で150~270万円が相場となっています。


中古車情報
システムメンテナンス中


プリウスの特徴①快適な走りと安全性能

4代目プリウスはボディー剛性の改善による気持ちの良い走りを実現、ボディパーツやデザインにこだわった空力性能の追求、車内の静粛性が向上しました。
万が一の衝突時にも、「全方位コンパティビリティ構造」で衝撃を吸収しつつ、高強度キャビンで車内は守られます。

プリウスの特徴②最先端のインパネ

今回のプリウスでは目に見えるところにも最先端の技術が取り入れられています。その1つがインパネ周りの高機能な装備です。

グレードによっては「マルチインフォメーションディスプレイ」や「グラフィックメーター」さらには「カラーヘッドアップディスプレイ」を備え、ドライバーに必要な走行情報を高精細な画像で表示してくれます。

これらの情報は、ハンドルに内蔵されたスイッチで操作できるため、運転しながらの操作がこれまでよりしやすくなりました。

トヨタ・プリウスの評価

初めてのハイブリッド車になりますが、予想通りの良い車だと思います。
若者~年配者の方でも幅広く乗れると思います。
何と言っても燃費の良さ
装備も充実しています。

出典:http://www.goo-net.com/

維持費が楽。
燃費がいい。
パワーモードに切り替えると驚くほど加速が良くなる

出典:http://www.goo-net.com/

乗り心地と燃費が素晴らしく,つい遠出したくなる車。剛性感も以前とは比較にならないほど高くなっているように感じられ,走りにも安定感と安心感がある。若者からチョイ悪中高年まで,満足出来る一台です

出典:http://www.goo-net.com/

トヨタのハイブリッド車③ カローラフィールダー

トヨタ カローラフィールダー

カローラフィールダーは、トヨタが生産・販売するステーションワゴン型の乗用車です。

歴史あるトヨタ・カローラの派生車で、人気俳優のCM効果、リーズナブルな価格ということもあり、若い人からカローラになじみのある世代まで、みんなで気軽に乗れる「カジュアルなステーションワゴン」です。

トヨタ・カローラフィールダーの燃費

カローラフィールダーのハイブリッドモデルの燃費はJC08モード33.8km/Lです。

現在、カローラフィールダーのラインナップは、ハイブリッド車とガソリン車があります。

カローラフィールダーの燃費について特筆すべき点は、実はプリウスαよりも燃費が良いということです。

プリウスαはJC08モードでの燃費が26.2km/Lとなっていますが、カローラフィールダーのハイブリッドモデルは、燃費が33.8km/Lとなっています。

トヨタ・カローラフィールダーの価格

トヨタ・カローラフィールダーの価格はハイブリッドモデルの新車で220~247万円です。
中古車で100~250万円が相場です。


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ・カローラフィールダーの特徴(その1)・お手頃価格

実用性はとても良く燃費も良いことから遠出やキャンプ、サーフィンなどレジャー使いが多いユーザーにとっては特に嬉しい車でしょう。
また車両価格もプリウスαよりも数十万円安いので、レジャー用途ではフィールダーが圧倒的に有利という意見もあります。

トヨタ・カローラフィールダーの特徴(その2)・安全性も充実

日常使いからレジャー使いまで幅広く使えるカローラフィールダーですが、お出かけの機会が多いと、その分危険な場面に遭遇する事も多くなると考えられます。

カローラフィールダーのグレード「HYBRID G」には、「Toyota Safety Sense C」という衝突回避支援パッケージが装備されています。

フロントガラス上部に設けられた単眼カメラとレーザーレーダーによって車両前方の状況を認識することに加えて、自動ブレーキ、車線逸脱警報、ハイビーム自動切り替えの機能があります。

例えば、自動ブレーキは約10~80km/hの速度域で作動し、衝突の回避や被害の軽減に貢献します。

他にも衝突の可能性がある場面ではブレーキを踏んだ際に制動力をアシストする機能も備えられているため、事故が起こりそうな状況に合わせて、車も対応してくれます。

トヨタ・カローラフィールダーの評判

室内がとっても高級感がある。皮チックな黒とレッドの色調がとっても良い。
外観は顔もカッコいいし後ろからも最高。
ナノイーがエアコンについていて良かった。
乗ってても疲れにくいし、値段の割に立派に作っている。
さすが世界のカローラだと思った。
リッター17くらい走るので満足です。

出典:http://www.goo-net.com/

なんと言っても燃費です。加速を抑えてEV走行を意識すれば市街地走行でもリッター23Km位走ります。
車体の大きさは丁度よく運転しやすいサイズです。
荷室もそこそこ広く後席を倒せはフラットになります。
サイドエアバッグや衝突回避システムなど安全装備も充実しています。
また、とても静かで乗り心地もよいと思います。

出典:http://www.goo-net.com/

シートのホールド性が高く走っていても疲れないので運転は非常に楽です。純正エアロは車高があまり落ちないので車輪止めや路面を気にする必要がないことも気に入っています。
マットを敷けば車中泊にも完全に対応します。

出典:http://www.goo-net.com/

姉妹車のカローラアクシオ

カローラアクシオ 2代目 後期型 エクステリア

カローラフィルダーの詳細はこちら

トヨタのハイブリッド車④ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

ヴォクシーは、四角い箱型を強調したボディデザインで、ゴツくてカッコいい車が好きな若者やファミリーに人気があります。

ミニバンでありながらスタイリッシュな外観、高めの室内高で広々とした空間、使いやすさにも気を配った作りであることから、ミニバンでは2年連続で販売台数No.1の実績を持つ車種でもあります。

トヨタ・ヴォクシーの燃費

ハイブリッドモデルの燃費はJC08モードで23.8km/Lです。

トヨタ・ヴォクシーの価格

ハイブリッドモデルの新車で300~332万円です。
中古車で170~400万円が相場です。


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ・ヴォクシーの特徴・広々空間とスタイリッシュなデザイン

ヴォクシー・シートアレンジ

ヴォクシーは、室内高が1400mmもあり、低学年の小学生であれば、屈まずに直立できる高さです。アウトドアなどで室内で着替えをしたいときなどにとても便利です。

ヴォクシーは7人乗り、8人乗りでありながらも、余裕ある車内空間が魅力です。

他にもスタイリッシュなデザインも人気が高いです。外装のデザインに沿ったスタイリッシュな内装、シートはシックな配色の落ち着いたもので、座面・背面とサポート部の色を変えるなど、スポーティな印象をさり気なく演出しています。

また、ハイブリッドモデルはカローラフィールダーにも搭載されている衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」が標準装備です。

トヨタ・ヴォクシーの評価

広々としていて乗り心地もよくサイコーです。見た目のカッコよさも気に入っていますので購入出来てよかったです。

出典:http://www.goo-net.com/

とても良いです。外観も良く室内空間も広いので満足してます。
電動スライドドアは便利ですし、男女問わず運転しやすいと思います。

出典:http://www.goo-net.com/

燃費、ハンドリング等も前車より良くなり、室内も広くなって、使い勝手もよくなった。

出典:http://www.goo-net.com/

走りへの満足感や、燃費も評価も上々です。

姉妹車のノア・エスクァイア

●トヨタ・ノア

トヨタ ノア特別仕様車 Si“W×B” 2016年

●トヨタ・エスクァイア

トヨタ エスクァイア 特別仕様車 Gi Black-Tailored 2016年

ヴォクシー・ノア・エスクァイアに関する記事はこちら

トヨタのハイブリッド車⑤ ハリアー

トヨタ ハリアー 3代目

ハリアーは、クロスオーバーSUVで、ハリアーが販売されるまではこのSUVのジャンルに“高級”というカテゴリーはありませんでした。

このため、ハリアーは、乗り心地の良さとゴージャスな雰囲気を持ち込んだ、SUVの記念すべきモデルと言われました。

現行モデルは2013年に登場した3代目で、ハイブリッドモデルは、2.5Lのエンジンを搭載し21㎞/Lを超える燃費を実現し、優れた省エネ性能を実現致しました。

トヨタ・ハリアーの価格

ハイブリッドモデルは新車で371~459万円 中古車で100~510万円と言われます。

ハリアーは、内外装や装備の違いによって、4つのグレードが設定されており、上からPREMIUM “Advanced Package”、PREMIUM、ELEGANCE、GRANDとなり、それぞれにガソリン車とハイブリッド車が用意されています。
PREMIUM “Advanced Package”の場合、JC08モードにおける燃費消費率では、ガソリン車が14.8km/Lでハイブリッド車が21.4km/Lとなっています。
そこで、仮に年間1万㎞を走行すると、燃料消費量は年間約208L、ガソリン代は27,040円(130円/Lで計算)の差が出ます。

ですが、ハリアーのPEMIUM“Advanced Package”グレードに関しては、導入から維持費などの合計コストも「プレミアム」になりますのでしっかり検討した上で購入したいですね。

トヨタ・ハリアーの燃費

トヨタ・ハリアーのハイブリッドモデルはJC08モード燃費21.4~21.8km/Lです。

ガソリン車のハリアーには、2WDと4WDの両タイプが用意されていますがハイブリッド車に関しては、すべてが4WDとなります。
ハイブリッドハリアーに搭載される4WDシステムは、「E-Four」と呼ばれ電気式の4WDシステムで、フロントとリアにモーターを搭載し、後輪の駆動はモーターのみで行います。
ガソリン車の4WDシステムに比べると悪路での走破性には劣りますが、走行状態や路面の状況に合わせ、後輪を適切なトルクで駆動することができる利点があり発進後の加速時や、雪が降って滑りやすくなった路面を走る場面、この電気式4WDが威力を発揮します。
このため、刻々と変化する路面状況や勾配などに際し、自然で違和感のない操縦安定性を確保できます。

トヨタ・ハリアーの特徴・大人の雰囲気

やはり、ハリアーと言えば大人の雰囲気が魅力的です。
ゴージャスなSUVとして大人の演出を作り出す内装、インテリアも健在です。

それ以外にもハイブリッド車はガソリン車に比べてCO2の排出量が少なく環境にやさしいこと、モーターで走る際には走行音が静かなど、ハイブリッドならではの数々のメリットがあります。

トヨタ ハリアー 2015年 内装

トヨタ・ハリアーの評価

外装がかっこいい。形や車高など、街で映える。
そして内装。価格の割にラグジュアリー感がたっぷり。
誰を乗せても高評価。

出典:http://www.goo-net.com/

見た目が良く欲しい車
以外と走行音が静かで、内装も良く広いです!
高級感もあってかっこいいと思います!

走行時において安定性があり、乗り心地がとても良い
加速においても、満足。
室内の内装がとても高級感がある。

出典:http://www.goo-net.com/

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!