MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 【V8大国アメリカが認めた】日本の自動車メーカーが製造した最高のV8エンジン
ニュース

更新

【V8大国アメリカが認めた】日本の自動車メーカーが製造した最高のV8エンジン

優れたV8エンジンは日本にも存在する

©Christopher Dodge/stock.adobe.com

V型8気筒エンジンといえば、真っ先に挙がるのはドロドロと身体に響く排気音が特徴のアメリカンV8エンジン。しかしV8エンジンは、アメ車だけでなく世界中の車に搭載されており、もちろん比較的小排気量エンジンが主流の日本にも優れたV8エンジンは存在します。

V8大国アメリカが認める、日本メーカーが製造した優れたV8エンジン3基を紹介します。

【トヨタ 1UZ-FE】これなくして今のレクサスはなかったかも

1UZ-FEは、1989年にアメリカで販売開始されたレクサスとなるLS400およびセルシオのために開発された4.0L V8 DOHCエンジンです。

当時のアメリカではDOHCを採用するV8エンジンは希少な存在でした。さらに1UZ-FEはオイルパンまでがアルミ合金性として軽量化を図ることで、十分な動力性能を確保しながら高いレベルでの低振動・低騒音・低燃費を実現しています。

なかでも振動に関しては、レクサス LSのボンネットの上にシャンパンタワーを組み上げた状態でエンジンを始動しても、回転を上昇させてもグラスからは滴ひとつこぼれないほど高く、その様子を撮影したテレビCMがアメリカで放送されたことで、新参者のレクサスが一躍注目を集めるきっかけとなりました

 1UZ-FEはその信頼性の高さと低振動でアメリカはおろか、メルセデス・ベンツやBMWまでをも震え上がらせ、その後の車両開発に大きな影響を与えたとされる逸話も残っています。

【日産 VK56DE】大排気量・高出力のSUV・ピックアップトラック向けV8

日産のVK56DE型5.6L V8エンジンは、大型ピックアップトラックやSUVに用に開発されたエンジン。それまで信頼性が高いとアメリカで評判だったVK45DEの排気量を拡大し、さらなる高出力・高トルク化を果たしたのがVK56DE型です。

日産のピックアップトラックがアメリカで人気だったのは、V8 OHVエンジンを多く採用するアメリカ製ピックアップトラックに対して、高出力を得やすかったことも一因といえるでしょう。

VK56DEは、2003年に登場したピックアップトラックのタイタンなどに搭載。その後もSUVのパスファインダー、アルマーダ、インフィニティQX56などに搭載され10年にわたってアメリカの大型ピックアップトラック市場を牽引してきました。

なお、ル・マンやGT1選手権、ダカールラリーなどのレースエンジンとしても690PS以上にまでチューニングされたVK56DEが用いられています。

【トヨタ 2UR-GSE】トヨタのもっともパワフルなV8

UR型は、UZ型を承継する5.0L V8エンジン。トヨタ センチュリーやレクサス LSに搭載される2UR-FSEをベースとして、ヤマハと共同で開発されたスポーツユニットが2UR-GSEです。

高圧縮自然吸気5.0L V8直噴・ポート噴射併用エンジンの2UR-GSEには、ポンプによってエンジンヘッドから強制的にオイルを吸い出し、高速旋回時でも安定して油圧を確保できる機構が組み込まれて、2008年に登場したレクサス IS Fに初搭載。

また、アメリカンV8と同じクロスプレーン型クランクシャフトを採用しながらも、フラットプレーン型クランクシャフトを採用するフェラーリV8のような滑らかな回転上昇と、澄んだエンジンサウンドも2UR-GSEの特徴です。

その後もGSやRCなどのレクサスFモデルおよびレクサス LCに搭載され、2022年8月発売されたレクサス IS500 Fスポーツ パフォーマンスにも、481PSまで出力が引き上げられた2UR-GSEが搭載されています。

極悪燃費でも快音は譲れない?

燃費の優等生、ついにテストカーをキャッチ!

自ら傷めたりしていない?

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード