MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 2022年に売れる車はこれだ!新型デビュー予想も含めて大予測!
新型車・モデルチェンジ

更新

2022年に売れる車はこれだ!新型デビュー予想も含めて大予測!

2022年はBEV戦国時代の幕開けに?

2022年は各国産メーカーがこぞって新型EVを発表してくることが予想されます。

現在の自動車業界は、電動化の推進に向けて急激に動き出している状況。特に日産は2021年11月に電動車の開発に2兆円を投資することを発表するなど、かなり注力している様子が伺えます。

今年は日産三菱が共同開発する新型軽EVやトヨタの電動SUV「bZ4X」など新たな電動車が続々と投入されることが発表済み。

ただし、EVステーションなどのインフラ設備が給していなかったり、電動車の価格が高かったりと、まだまだ課題は多い状況。EVが売れ筋になるにはもう少し時間がかかりそうです。

2022年の活躍が期待される新型車4選

トヨタ ノア&ヴォクシー

画像提供:Moris_SRT様(@Moris_SRT_VRC

おそらく2022年で最初に発表されるであろう新型車です。

ノアとヴォクシーはトヨタのミニバンでアルファードに次ぐ販売台数を誇る人気車種。すでに2021年の12月から予約販売を開始しているとの情報を入手していますが、正式な発表は2022年の1月を予定しているようです。

次期型ではメインターゲットとなるファミリー層の心をガッチリ掴む魅力的な新機能が満載。内装の装備もワンクラス上のものになるとの情報を入手しています。

先代に引き続き大ヒットする可能性が高いと予想される車種です。

日産&三菱 軽EV

冒頭でEV普及には時間がかかるとお伝えしていましたが、この新型軽EVはその状況を打破する可能性を秘めた注目車種となります。

その理由はなんと言っても車両価格。日産の発表によると、軽EVの価格は補助金などを踏まえると実質200万円を切るとのこと。EVインフラに対する問題も、近場での利用を想定した軽規格のため、自宅での充電でまかなえると思われます。

メーカーオプションなどについては一切不明ですが、仮に実用的なグレードでも200万円未満になるのであればかなり期待できるモデルです。

ホンダ シビック タイプR

国産ホットハッチの代名詞ともいえる次期型シビック タイプR。

注目される理由としては、車種本来の魅力もありますが、次期型は「ガソリン車最後のタイプR」になるのではないかと噂されています。仮にそれが本当だとすれば、旧来のファンはかなり注目するモデルになるのではないでしょうか。

ホンダは次期型シビック タイプRのプロトタイプを2021年10月に正式に公開。その後も公道やサーキットでのテスト走行の様子が度々目撃されています。

開発車両の状態から開発は最終段階に突入していると見られます。

スズキ ジムニーロング

国内外で高く評価される硬派なオフローダー、スズキ ジムニーのロングホイールベースモデル。

今まで予想の範囲を出ないと言われていましたが、2021年3月に開発車両が初めてスクープされたことで現実味を帯びるかたちに。それ以降も何度か目撃されており、同年10月には右ハンドル仕様も目撃されています。

仮に発表されたとして、国内市場に導入されるかどうかは今のところ不明ですが、発売したら現行の通常も出ると併せて人気車種になることが期待されるモデルです。

その他にも魅力的なモデルの登場に期待

今回お伝えした4車種はすくなくとも2022年前半の登場が見込まれる車種のうち、大きな話題になることが予想されるモデルでした。

しかし、これら4車種が登場した後も、まだまだ発表される車種はたくさん。

ノア・ヴォクシーに対抗すべく登場するホンダ ステップワゴンや日産 セレナや、キングオブミニバンのトヨタ アルファードなど、国産ミニバンラインナップの刷新も見込まれます。

2022年も前年に引き続き、魅力的な新型車が多数登場することに期待しましょう。

2022年の新型車デビュー情報はこちら!

2021年に発売された注目の新型車はこちら!

トヨタ

日産

ホンダ

マツダ

ダイハツ

スズキ

三菱

スバル

レクサス

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード