MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > BYDが日本第1弾EV『ATTO 3』を1月末に440万円で発売、サブスクも展開
新型車・モデルチェンジ

更新

BYDが日本第1弾EV『ATTO 3』を1月末に440万円で発売、サブスクも展開

中国EVメーカー『BYD』の日本市場投入第1弾モデルが発売に

中国の自動車メーカー『BYD』の日本支部BYD Auto Japanは、2022年7月21日に日本の乗用車市場参入を発表した際に公開したEV3車種『DORPHIN』、『SEAL』、『ATTO 3』のうち、ATTO 3を2023年1月31日に発売すると発表しました。

なお、DORPHINは2023年中頃、SEALは2023年下半期に発売を予定しています。

Xは3,709,200円から!日産 リーフの最新モデル

ATTO 3の価格は440万円、航続距離は485km

BYD ATTO 3

2023年1月末から発売となるATTO 3は、BYDが独自開発した「ブレードバッテリー」を搭載したEV専用のプラットフォーム「e-Platform 3.0」により、フラットな床面による広い車内空間を実現しています。

58.56kWhのバッテリーと150kW、310Nmのモーターを搭載し、BYD調べによるWLTCモードでの航続距離は485km。

予測緊急ブレーキシステムやBYDアラウンドビューシステム、ブラインドスポットインフォメーションなどの先進安全・運転支援機能も搭載します。

その他にも、V2L(Vehicle to Load)とV2H(Vehicle to Home)にも対応しており、停電時の電源供給やキャンプをはじめとする野外での活用も可能です。

メーカー希望小売価格は440万円で、2023年1月下旬より順次オープンする15都道府県計22のBYD正規ディーラー店舗開業準備室で販売を開始すると発表しました。

EVのバッテリー価格について、ディーラーに直接聞いてみた

毎月定額40,400円の4年サブスクも用意

BYD ATTO 3

BYD Auto Japanは、ATTO 3の購入プランとして、頭金・ボーナス払いなし、登録書費用や自動車税など込みで毎月定額税抜4万400円でATTO 3を購入できる4年サブスク型リースプラン「BYD eフラット」のほか、4年残価据置型ローン「BYD eローン」など、多彩なファイナンスプランを用意。

加えて、オリジナル補償を付帯したBYDオーナー向け専用自動車保険「BYD e自動車保険」として、正規ディーラーを通じて販売する代理店型保険に加えて、インターネットを通じて、ユーザーが直接保険会社と契約・更新などの手続きを行えるダイレクト型保険も合わせて用意します。

トヨタの新型BEV「bZ4X」のサブスクが解禁!価格改定で契約申込金は半額に

東京・新宿で試乗会を開催中

©Robert/stock.adobe.com

BYD Auto Japanは2023年1月31日まで、東京都新宿区にある車のサブスクサービス「MINT」の店舗にて「ATTO 3」を展示しています。期間中の毎週土・日・祝日には「ATTO 3」の試乗が可能です。

グローバルでの展開を急速に進めるBYD

EVシフトによるノルウェーの悲惨な現状

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード