MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 中国BYD製EVで短期間に複数の火災報告、原因不明も過去には「使い方が悪い」と声明
自動車業界速報

更新

中国BYD製EVで短期間に複数の火災報告、原因不明も過去には「使い方が悪い」と声明

グローバルでの展開を急速に進めるBYD

2022年7月21日に日本の乗用車市場参入を発表した中国の自動車メーカー『BYD』

現在テスラに次ぐ世界第2位のEVメーカーであるとし、グローバル展開を急速に拡げているBYDは、日本で販売する予定のバッテリーEVとしてコンパクトカーの『DORPHIN(ドルフィン、中国名は海豚)』、クロスオーバーSUVの『ATTO 3(アット 3、中国名は元 Plus)』、セダンの『SEAL(シール、中国名は海豹)』を発表しました。

2021年12月にはトヨタが開催した『今後のBEV戦略に関する説明会』においても協業するパートナー企業のひとつにBYDの社名が挙がり、日本国内でもその存在感を強めています。

トヨタ、bZシリーズでBYDと協業

BYD製の車両で火災相次ぐ

出典:autohome.com.cn

グローバル展開を急速に拡げているBYDですが、海外メディアはそのBYDが製造する電気自動車について、短期間のうちに複数回の火災が発生していることを報じました。

以前にも中国・広東省深セン市でBYDのミドルサイズプレミアムセダンである『Han EV』と思われる車両が炎上したと報道されており、その原因については明らかとなっていないものの、2022年8月16日に新たに中国・四川省ロウ中市でも『Han EV』の車両火災が発生。

こちらも原因については不明とされていますが、1週間前にこの車が納車されたという所有者は「車を運転していたら突然煙が出た」と自然発火を主張し、この火災について現地消防局の担当者も自然発火であることを認め、具体的な状況について調査していると述べているようです。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード