MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動ブレーキは誤作動しないの?誤作動の割合と事故率まとめ
ニュース

更新

自動ブレーキは誤作動しないの?誤作動の割合と事故率まとめ

衝突事故を起こした車
©Kadmy/stock.adobe.com

街や郊外を走るクルマに、『自動ブレーキ』の搭載が普及しています。国土交通省によれば、2016年の時点で、日本で生産された新車の66.2%に『衝突被害軽減ブレーキ』が装備されているといわれているのです。

「高齢者や子どもの交通事故被害を軽減する」目的で、自動ブレーキの普及が進んでいます。しかし、あなたは自動ブレーキが誤作動をするのではないかと不安に感じていませんか?

今回は、自動ブレーキの誤作動について事例を交えながら紹介します。事故率や事故の責任は誰が負うのか、誤作動による事故を防ぐには何が必要かを詳しく紹介します。このページを通じて自動ブレーキの理解を深めましょう!

自動ブレーキ誤作動の割合と事故率

パソコンとルーペと資料
©yoshitaka/stock.adobe.com

国土交通省が発表している「衝突被害軽減ブレーキ不具合」のデータを参照し、自動ブレーキ誤作動の割合と事故率を紹介します。

■【補足】『衝突被害軽減ブレーキ』不具合の割合

不具合の項目件数割合
「勝手に作動」249件73%
「作動しない」88件26%
「その他」3件1%
合計340件100%

■【補足】『衝突被害軽減ブレーキ』が係る交通事故件数と事故率

82件(全体の340件のうち「24%」)

(参照元1)国土交通省公式動画『衝突被害軽減ブレーキは万能ではありません!』

(参照元2)国土交通省公式サイト『衝突被害軽減ブレーキは万能ではありません!』

実に、自動ブレーキ不具合のうち、4件に1件が交通事故に結びついています。自動ブレーキは万能ではなく、すべての事故を回避する、軽減できるとは限らないのです。

自動ブレーキの事故について

事故を起こし電話をする男性
©SOMPOP/stock.adobe.com

自動ブレーキの事故について、ケースを交えながら詳しく紹介します。考えられるケースは以下の2点です。

  • システム自体は正常に動いているが外部要因によって作動しないケース
  • システム自体に不具合があるケース

システム自体は正常に動いているが外部要因によって作動しないケース

システム自体が動いていても、外部要因によって作動しないケースが存在します。

「スピード」「周辺環境」「路面状況」の要素が、事故の発生に絡んでいるのです。

■スピード

スピードによっては、障害物を検知できずに交通事故を起こす危険があります。

自動ブレーキが作動する規定の速度を下回って走行していたとしましょう。センサーが検知して、自動ブレーキが作動し衝突を回避します。しかし、規定の速度を上回って走行していた場合、自動ブレーキが作動せずに障害物に衝突する危険があります。よって、どのようなスピードで走っていたとしても、完全に障害物の前でクルマを停止できる保証はないのです。

■周辺環境

周囲の状況によって、障害物を検知できずに交通事故を起こす危険があります。

最たる例は、「日中」「夜間」の違いです。日中ではセンサーが障害物を検知し、自動ブレーキの作動で衝突を回避。しかし、夜間ではセンサーが障害物を検知できずに衝突する危険があります。

同様に、早朝・夕方の太陽が逆光となる場合や、雨の中で走行している場合でも、センサーが検知できずに自動ブレーキが作動しない場合があります。

■路面状況

スピードによっては、障害物を検知できずに交通事故を起こす危険があります。

道路に積もった雪や、急な下り坂では、自動ブレーキが作動しても対応し切れずに障害物に衝突する場合があるのです。

(参照元)国土交通省公式動画『衝突被害軽減ブレーキは万能ではありません!』

システム自体に不具合があるケース

自動ブレーキのシステム自体に不具合があるケースが存在します。

最たる例が、2018年3月18日、アメリカ・アリゾナ州で発生した事故です。ウーバー・テクノロジーズの自動運転車が道路を横断した歩行者を跳ね飛ばし、死亡させた事故が話題となりました。

米運輸安全委員会(NSTB)の調査によれば、以下の状況が判明しています。

  • 衝突時に自動ブレーキが作動する設定になっていなかった
  • ドライバーに警報を出す仕組みにタイムロスがあった
  • 「横断歩道以外で道路を横切った歩行者」=「障害物」とは検知できなかった

車両に搭載されていた自動運転システムが歩行者をとらえたのは事故直前の5.6秒前でした。

しかし、システムは横断歩道を横切った歩行者を「障害物」と検知する設計になっていなかった点が取り上げられています。加えて、危険を察知してからドライバーに警報がなされるまでに遅れが生じた点が指摘されているようです。

よって、システム自体の不具合や設計上で問題があり、自動ブレーキが作動しないケースが存在します。

自動ブレーキ誤作動で事故が発生した場合の責任について

保険請求のための損害調査
©pairhandmade/stock.adobe.com

自動ブレーキ誤作動で交通事故が発生した場合の責任についてどのようなケースが考えられるでしょうか。国の法律により『自動車損害賠償保障法』にしたがって、ドライバーは事故の責任を負わなければなりません。

現在、国土交通省が実施している自動運転の実現に向けた検討会議で述べられているポイントを交えて、それぞれ3つのケースに置き換えて紹介します。

  • ドライバーに責任があるケース
  • メーカー(自動運転システム)に責任があるケース
  • ドライバーとメーカー両方に当てはまらないケース

(参照元1)国土交通省『自動運転の実現に向けた取り組み』

(参照元2)国土交通省『自動運転における損害賠償責任に関する研究会』

ドライバーに責任があるケース

ドライバーに責任があるケースを紹介します。

  • 自身でクルマを運転して事故を起こした場合(運行供用者責任)
  • 自動車の構造上の欠陥(整備不良)で事故を起こした場合

現状、ドライバーが自動運転中に操作へ関与していたかどうかが、責任を負う判断基準になると検討されています。例えば、レベル3の自動運転システムを使用している最中に「自身で運転操作を担当して」事故を起こしたとしましょう。現在の自動車損害賠償保障法と変更がなく、従来通りドライバーの責任と扱われると議論されているのです。

メーカー(自動運転システム)に責任があるケース

メーカー(自動運転システム)に責任があるケースは、以下が挙げられます。

  • システムの構造上欠陥による事故
  • システムの誤った判断による事故

自動運転システムの構造上欠陥による事故は、ドライバーの責任を問わない考え方が検討されています。新たに「システム供用者責任」の設置を検討が進められているのです。自動車メーカーに無過失責任を負担させるよう検討を進めています。

ドライバーとメーカー両方に当てはまらないケース

  • 外部からのハッキングにより自動運転を妨害され引き起こされた事故
  • 被害者(歩行者など)もしくが第三者による故意または過失

自動運転の場合、搭載されているシステムがドライバーに代わって操作を担当します。システムにはGPSや携帯通信網が搭載されており、システムが外部のハッキングを受ける可能性があるのです。ハッキングによる妨害を受けて事故を起こした場合、ドライバーの責任とならないよう検討が進められているのです。

ただし、ドライバーがセキュリティ対策をしなかった場合や自動車メーカーによる構造上欠陥があった場合は、ドライバーおよび自動車メーカーの責任が問われる可能性があります。

自動ブレーキ誤作動による事故を防ぐには

自動ブレーキの誤作動による事故を防ぐための対策方法を紹介します。国土交通省は「衝突被害軽減ブレーキは万能ではない」と提唱しており、以下の通り対策方法を紹介しています。

自動ブレーキの作動条件を理解する

自動ブレーキが作動する条件を理解しましょう。自動ブレーキは車種ごとに特性やセンサーの検知の方法が異なります。「昼間だけでなく夜間も検知」「交差点の対向直進車や右左折時の横断歩行者でも対応」と異なる特徴があるのです。

取扱説明書を読む、もしくは購入時に販売店で説明を受けるなど、自動ブレーキの作動条件を確認する必要があります。

自動運転システムを過信せず細心の注意をはらう

現状、「レベル2」の自動運転システムが実用化され、自動ブレーキの機能が市販車で採用されています。しかし、「スピード」「周辺環境」「路面状況」により、すべての状況で事故を防ぐことができないとされています。よって、ドライバーは自動ブレーキの性能を過信せずに周辺へ細心の注意をはらって運転する必要があるのです。

(参照元1)国土交通省『自動運転の実現に向けた取り組み』

(参照元2)国土交通省『自動運転における損害賠償責任に関する研究会』

自動ブレーキ誤作動のまとめ

ここまで、自動ブレーキの誤作動について事例を交えながら紹介してきました。以下、簡単におさらいをしましょう。

  • 自動ブレーキの不具合は、4件に1件が交通事故につながっている
  • センサー検知が正常に働いていても、条件によってブレーキが作動しない場合がある
  • システムの不具合により自動ブレーキが作動しない場合がある
  • ドライバーとメーカーそれぞれに事故の責任が問われる可能性がある
  • ドライバーは自動ブレーキの性能を過信せずに注意をはらって運転しなければならない

自動ブレーキは、道路状況を問わずにすべての事故に対処できるわけではありません。車種によっては、日中はシステムが機能しブレーキが作動したとしても、夜間は対応できずブレーキが作動しない場合があります。また、雨や雪、坂道などそれぞれの状況でブレーキが上手く作動するとは限らないと、ドライバーは理解しなければなりません。

自動ブレーキを過信せず、安全にクルマを運転するよう細心の注意を心掛けていきましょう!

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY第3編集部

関連キーワード