MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 自動車業界速報 > 新型ランクルの生産中止の方がまだマシ?EVハマーは泣く子も起こる〇〇年待ち…
自動車業界速報

更新

新型ランクルの生産中止の方がまだマシ?EVハマーは泣く子も起こる〇〇年待ち…

バイデンも「WTF!」モンスタースペックの『ハマーEV』

2010年に消滅したSUVブランド『ハマー』は、GMCブランド初の電気自動車『ハマーEV』でそのブランド名が復活。2021年10月20日に発表されました。

最大出力は1000馬力、最大トルクはなんと15,592Nmというモンスター級の性能。ローンチコントロールシステムの『Watt to Freedom(WTF)』を採用し、0-60mph加速は約3秒と、その巨体に似合わない俊敏っぷりを発揮します。

アメリカのバイデン大統領もこのWTFを利用してハマーEVの加速力を体験しました。

ハマーEVは2021年秋から生産が始まっており、現在は7万7000台の予約注文を受けてるほど、需要があるモデルとなっているようです。

バイデン大統領も興奮!ハマーEVの加速力

1日の生産台数はわずか12台のみ

©Golf_MHNK/stock.adobe.com

2021年4月に予約がはじまったハマーEVの第1弾投入モデル「ハマーEV エディション1」は、11万2595ドルと日本で1000万円超えの高額だったにも関わらず、わずか数日で完売したと言われています。

2021年12月に納車がはじまったものの、現在はそのスケジュールはかなり遅れているようです。

ハマーEVが受注した予約注文の数は前述のとおり7万7000台ですが、現在の生産能力では1日に12台しか生産されていません。このペースでの生産が続けば、7万7000台を生産しきるまでには17年もかかってしまう計算です。

生産台数が増えない理由についてはバッテリーセルに原因があるようですが、GMCの広報担当者によれば2022年後半にはこの問題が緩和されるとしています。

納車待ちの間に子供が卒業しちゃうよ!長納期化した新型ランクル

世界的に「車が足りない!」トヨタも苦しい

トヨタおよびレクサスは2022年7月1日、「ランドクルーザー300系(以下、ランクル300)」「LX600」「NX」の3車種の受注を停止することを公式ホームページにて発表しました。

受注停止に至った理由は上画像にある記載のとおりで、世界的な半導体不足が問題となっている中で、世界各国から生産能力を大幅に上回る受注があるためとしています。

「あ、ハンドータイね…わかるわかる」わかってない

BEV?HEV?PHEV?違いをしっかり理解できてる?

デロリアンも復活!新型なのにどこか懐かしさも?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード