MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > アバルト > 124スパイダー > アバルト 124スパイダー 生産終了さよなら試乗|秋名山こと榛名山から裏榛名をドライブ
124スパイダー

更新

アバルト 124スパイダー 生産終了さよなら試乗|秋名山こと榛名山から裏榛名をドライブ

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

マツダ NDロードスターがベースの「アバルト 124スパイダー」は惜しくも生産終了となってしまいました。本記事執筆時点では、残すところ在庫販売のみ(欲しい人はディーラーへ急げ!)そこでメモリアルさよなら試乗を、124スパイダーに相応しい場所、秋名山こと榛名山、裏榛名を選んでドライブしてきました。(前回、アルファロメオ 4C の試乗で榛名山に行ったのですが、大雨に降られて…からのリベンジも兼ねています)

この試乗レポートは動画とハイブリッドでお届けします。

▽チャプター (時間をクリックすると該当箇所から再生スタートします。お好きなところからどうぞ)
0:00 オープニング
2:08 深夜のトンネル走行で音を愉しむ 2:57 高速道路走行&フルオープンで帽子飛ばないかテスト
4:07 裏榛名ヒルクライム(ノーカット) 15:21 裏榛名ダウンヒル(ノーカット) 28:00 裏榛名ヒルクライム(タイヤ回りローアングル/ノーカット)
40:29 内外装チェック
51:45 秋名山(榛名山)ダウンヒル(ノーカット)
1:09:02 秋名山(榛名山)ヒルクライム(ノーカット) 
1:21:15 秋名山(榛名山)ヒルクライム(タイヤ回りローアングル/ノーカット)

アバルト 124スパイダーとは?その歴史は?

アバルト 124スパイダー フロントエンド

「ABARTH(アバルト)」はイタリアのチューニング・メーカー。ゼロからの自動車の開発・生産は行わず、主にフィアット車をベースにしたレースマシンと、公道走行可能なハイパフォーマンスモデルをつくっています。創立は1949年、創業者は「カルロ・アバルト」。モータースポーツの世界からアバルトの歴史は始まります。

マツダ ロードスター(ND)
マツダ ロードスター(ND)

「ABARTH 124spider(アバルト 124スパイダー)」は、マツダ ロードスター(現行モデルの「ND型」)をベースにアバルトがチューンナップしたモデルです。より正確に言えば「フィアット 124スパイダー」をベースにアバルトがチューニングしたと言った方が良いのかも知れません。アバルト 124スパイダーの誕生までの歴史を辿ってみましょう。

2013年1月:フィアットとマツダが業務提携。当初は、マツダ ロードスターをベースにした2シーター・後輪駆動オープンカーは、FCA傘下ブランドのアルファロメオからデビューする計画だった。
2015年11月:ロサンゼルスオートショーで「フィアット 124スパイダー」発表。初代フィアット 124スポルト・スパイダーのデザイン要素を取り入れてデビュー。
2016年2月:ジュネーブモーターショーで「アバルト 124スパイダー」発表。

アバルト 124スパイダー フロントサイド
初代 フィアット 124スポルト スパイダー
初代 フィアット 124スポルト スパイダー
©ermess/stock.adobe.com

「フィアット 124」について

「フィアット 124」は1966年から1974年までに生産された乗用車で、ボディタイプは4ドアセダン、5ドアワゴン、2ドアクーペ、コンバーチブルの『スパイダー』と多彩なラインナップでした。このうち、スパイダーは1985年まで生産されていましたが、1982年からは、車名からフィアットが外れて「ピニンファリーナ 2000スパイダー」となりました。当時、ボディの製造はイタリアのカロッツェリアの「ピニンファリーナ」が担当していた経緯を持ちます。

「124」の車名の由来についての公式な説明はありませんが、恐らく、当時の開発コードか開発モデルの形式であろうかと思われます。

アバルト 124スパイダーとマツダ ロードスターの違い

見た目、仕様上の主な違いは次のとおり。

  • エクステリアデザイン:フロント、リアともに再設計。
  • ボディサイズ:全長は145mm、124スパイダーが長い。
  • インテリア:基本同じ、シート、トリムカラーが異なり、タコメーターの色、スピードメーターの最高速度(アバルト124スパイダーは270km/h)、ステアリングホイール中心部のロゴと上部センターのアクセントカラー、インフォテインメントシステム起動時に表示されるブランドロゴマークといった細部が異なる。
  • エンジン:フィアット製1.4Lマルチエアインタークーラー付きターボ
  • トランスミッション:MT車はNCロードスターのものを採用
  • 足回り:ビルシュタイン製バンパー、ブレンボ製ブレーキ、レコルトモンツァ製マフラー、機械式LSDを装備

スペック比較表

ABARTH
124spider
Mazda
Roadstar
全長4,060mm3,915mm
全幅1,740mm1,735mm
全高1,240mm1,235mm
ホイールベース2,310mm2,310mm
車両重量1,130㎏1,020㎏
エンジン直列4気筒
1.4Lターボ
直列4気筒
1.5L直噴NA
最高出力170PS/
5500rpm
132PS/
7,000rpm
最大トルク250N・m/
2500rpm
152N・m/
4500rpm
0-100km/h加速6.8秒(公表)8秒台(非公式)
パワーウェイト
レシオ
6.2㎏/ps7.7kg/ps

走り、乗り味の違い

※この項は、動画の中で拾えなかった音声の部分を文章に起こしたものとなります。

スペック数値だけで比較すると、よく走るのはアバルト 124スパイダー、となってしまいますが、レースの世界ではないですから“どっちが速いか”で比較するのは些かナンセンス。アバルトは、独自の世界観を持った走りを見せます。扱いやすさはロードスターの方が上、その扱いやすさからくる気持ちよく走れる度合いもロードスターの上となってしまうのですが(筆者は124スパイダーに試乗する前の週にNDロードスターに試乗)アバルトの走り、乗り味が悪いか?と訊かれれば「No」と即答してしまうでしょう。

アバルト 124スパイダー フェンダーのブランドロゴ

アバルト 124スパイダーは「クルマを操る」というか「手懐ける」感があります。一方、ロードスターはマツダが提唱する「人馬一体」感を感じる走り。ロードスターの方がスマートな走り。正直、124スパイダーはちょっと運転し辛い。ちょっと気を抜いて発進、クラッチミートが甘いとすぐエンストします。排気音もでかいし、ちょっと回転を上げて走らせないとギクシャクしやすかったり。

アバルトは、そのブランドロゴマークから「サソリの毒」と走りを形容されることが多々あります。ほんと、正しく、毒のある走り。「サソリの毒にやられる」と「中毒」になる、そういうクルマをつくるブランド。124スパイダーも同じです。

夕暮れとアバルト 124スパイダー

アバルト 124スパイダーは残念ながら、生産終了となりました。冒頭で記述していますが、本記事執筆時点では在庫販売中。自動車の歴史の1ページを飾ってくれるに違いない1台。新車で買おうかと悩んでいる人がいたら「買ってしまって損はなし」と強く背中を押したい、さよなら試乗を堪能した筆者はそう思うのでした。

※MOBYへのご感想、ご意見、ご要望がございましたら、お気軽にこちらのフォームから送信してください。(無記名式、メールアドレス等情報収集なし)

アバルト 124スパイダー 公式HP

内外装画像20枚

※一部再掲

アバルト 124スパイダー フロントマスク
アバルト 124スパイダー フロントエンド
アバルト 124スパイダー フロントサイド
アバルト 124スパイダー フロントから俯瞰撮影
アバルト 124スパイダー ルーフオープン時のボディサイド
アバルト 124スパイダー ルーフクローズ時のボディサイド
アバルト 124スパイダー ルーフクローズ時のリアサイド
アバルト 124スパイダー ルーフクローズ時のリアサイド
アバルト 124スパイダー ルーフオープン時のリア
アバルト 124スパイダー ルーフクローズ時のリア
アバルト 124スパイダー ルーフオープン時のリアからの俯瞰撮影
アバルト 124スパイダー のホイールとブレンボのブレーキ
アバルト 124スパイダー  のバッジ
アバルト 124スパイダー フェンダーのブランドロゴ
アバルト 124スパイダー 運転席まわり
アバルト 124スパイダー インパネ
アバルト 124スパイダー シート
アバルト 124スパイダー エンジンルーム
秋名山ダウンヒルスタート地点に停まるアバルト 124スパイダー
イニD聖地巡礼のメッカ。秋名山ダウンヒルスタート地点。
榛名山とアバルト124スパイダー
背景は榛名山。美しい二等辺三角形から「榛名富士」とも呼ばれる。
すべての画像を見る (25枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!