MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > 車の花粉を落とす方法!花粉を付けないようにする予防法まで紹介
MOBY[モビー]

更新

車の花粉を落とす方法!花粉を付けないようにする予防法まで紹介

花粉は車のボディを侵食する!放置は厳禁

©Pavel Rumlena /stock.adobe.com

花粉は車の塗装を傷める原因のひとつです。放置することで細かな傷が増え、簡単には取れない状態になってしまいます。

塗装を長持ちさせるためにも、花粉の時期はこまめに手入れをしてあげる必要があります。まずは、どのように花粉が車のボディを痛めてしまうのかを解説しますので、お手入れの参考にしてみてください。

花粉の粒子が付くことで細かな傷の原因に

花粉の粒子は小さなものですが、繊細な車のボディに傷を作るには十分です。しっかりと落とさずにスポンジなどでボディを洗ってしまうと、花粉によりボディに傷を作る原因になります。

たくさんの花粉をつけたハチの画像を見たことはないでしょうか?花粉はハチなどの昆虫にくっつき、遠くまで運んでもらうようにしなければならないため、粘着性質を持ちます。そのため、車のボディに付くとなかなか離れません。

車のボディをキレイに保つためには、洗車を行う前にしっかりと花粉を落とす必要があります。

花粉に含まれる酸性物質ペクチンが腐食の原因

花粉の中には「ペクチン」と呼ばれる酸性の物質が存在します。この物質こそが花粉による車のボディへ悪影響を及ぼす原因です。

本来、空中に舞う花粉は外側に薄い膜が張られており、そのままの状態であればペクチンが外に出ることはありません。

しかし、車の塗装に付着した花粉が雨などにより水を含むと、膜が剥がれペクチン出てきます。ペクチンはボディの内側まで浸食するやっかいな物質です。

ペクチンが侵食したまま乾燥してしまうと、くっついていた塗装を巻き込みながら縮んでしまい塗装を傷める原因となってしまうのです。

車の花粉を洗車で落とす方法

©romaset/stock.adobe.com

車の花粉を洗車で落とす、ちょっとしたコツを3つご紹介します。どれも1度の洗車で実施できる作業なので、ぜひ実践してみてください。

高圧洗浄機で吹き飛ばす

©bhakpong/stock.adobe.com

スポンジで洗う前に、高圧洗浄機を利用して花粉を吹き飛ばしましょう。花粉は砂よりも剥がれづらいので、長めにスチームをする方が効果的です。

横からだけでなく、前や後ろ上などいろんな角度からスチームをあてましょう。

虫取り用のシャンプーで洗う

虫取り用のシャンプーで洗う方法も花粉を落とすのには効果的です。虫取り用シャンプーにはタンパク質を落とす成分が含まれており、花粉にも効果があります。

普通のシャンプーを使うより効率的に花粉を落とせます。

よく泡立てて洗車する

花粉だけでなく砂埃などにも効果的な方法として、よく泡立てて洗車する方法があります。

花粉が残っている状態でボディをこすると細かな傷ができてしまいます。しかし、洗車前に100%花粉を除去するのは難しく、どうしても多少残った状態で洗車を行なわなければなりません。

そこで少しでも傷をつけずにボディを洗うために、カーシャンプーをよく泡立てて泡を使い洗車をするようにしましょう。泡により汚れを落とすことで、表面に残った粒子による傷を緩和できます。

車に花粉を付けないようにする予防法は?

©moonrise/stock.adobe.com

カバーをかける

物理的に花粉を付けないようにするためには、駐車中に車カバーをかけたりガレージに入れておくと効果的です。

ガレージやカーポートは設備投資が必要であり、できる人・できない人がいますが、車カバーであれば誰でも入手可能です。花粉をつけないためではあるものの、紫外線をカットすると花粉だけでなくボディやタイヤの劣化も予防できます。

手間はかかりますが恩恵は大きいので、大切な車であれば対策しておくことをおすすめします。

ボディメンテナンスを行う

カーワックスや撥水加工、コーティングなどのボディメンテナンスも効果的です。花粉は水と混ざることでシミを作ります。

できるだけボディに水が残らないようにすれば、ペクチンの発生も防げます。カーワックスや撥水加工は洗車時に自分で実施できるお手軽なボディメンテナンスです。

もし自分でメンテナンスするのがめんどくさいという方は、コーティングなどを業者にお願いするといいでしょう。コーティングであればすぐに剥がれることもなく、長期間効果が期待できます。

こまめな洗車が花粉シーズンには有効

車のボディに花粉を付着させないようにするのは不可能ですが、花粉シミになる前に洗車することで、汚れも落としやすくなります。花粉飛散量の少ない日を狙って、こまめに洗車してあげましょう。

また、通勤や仕事などで車に乗っている時間が長い人は、花粉症の症状が酷いと気が滅入ってしまいます。自分はもちろんですが、安全運転のためにも花粉症対策はしっかり行いましょう。

初心者必見!!洗車のやり方や必要な道具を紹介!

車の水垢を落とす方法!おすすめアイテムなど紹介

夏は洗車しないほうがいい?やり方や適した時間を紹介

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事