MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 新型小型移動式オービス、何キロで光る?青キップ違反も一発NGってホント?
役立つ情報

更新

新型小型移動式オービス、何キロで光る?青キップ違反も一発NGってホント?

新型小型移動式オービスの配備が広がっている

©Iveta/stock.adobe.com

2022年6月現在、移動式オービス(可搬式オービス)の配備先は46都道府県に達しており、未配備の地域は新潟県のみとなっています。その新潟県においても、2022年度の予算案に移動式オービスの導入費用が盛り込まれました。2016年に埼玉県で初配備されてより約6年、今や移動式オービスは全国のドライバーが注意すべき存在になったといえるでしょう。

こうした動向に加えて近年は、移動式オービスが配備される場所や、オービス本体に関する注目すべき動きが見られます。配備場所については、従来メインとしていた生活道路だけでなく、国道や高速道路などにも拡大している模様。トンネル内での目撃例もあり、今やどこで移動式オービスに遭遇してもおかしくありません。

移動式オービス本体については、新型機の導入や、高性能機の追加配備などが各所で報じられています。以上の動向から、警視庁が移動式オービスに従来以上の力を入れていることは明白です。

移動式オービスの種類

©Paylessimages/stock.adobe.com

2021年6月時点で警視庁が導入している移動式オービスは4機種あります。各機種はどのような特徴や性能を持つのか、詳しく見ていきましょう。なお、日本でオービスの名称を使えるのは東京航空計器株式会社(以下TKK)の製品のみですが、ここでは便宜上、他社製品もオービスとして解説します。

LSM-300

TKK製の「LSM-300」は、レーザー式を採用する移動式オービスです。コンパクトな長方形ボディにセンサーとカメラおよびストロボを内蔵しており、三脚に乗せて使用されます。

LSM-300は1台で複数車線を監視できます。速度測定範囲は40〜199km/hと広く、一般道で使うオービスとしてスペックに不足はありません。ただし、導入後の取締り件数の少なさから、LSM-300は計測精度に疑問が持たれています。全国での配備数がダントツに多いLSM-300ですが、今後は他機種への入れ替えが進むかもしれません。

レーザー式とは?

レーザー式とは、レーザースキャンにより走行車両を立体的に捕捉して、移動距離から車速を割り出す測定方式です。オービスの分野ではLSM-300で初採用された方式であり、無線免許なしで使用できます。

LSM-300HK

「LSM-300HK」は半可搬式と呼ばれるタイプのオービスです。半可搬式オービスはバッテリー内蔵の土台に設置して使用され、数日間の無人運用に対応します。この反面、半可搬式は運搬にトラックが必要であり、機動性は可搬式に劣ります。なお、LSM-300HKの基本性能はLSM-300と同じです。

LSM-310

「LSM-310」は2020年10月ごろに登場した最新機種です。LSM-300の後継機種であり、可搬性を高めるために本体が2分割されています。また、基本性能もアップしており、速度測定範囲が40〜220km/hに向上したほか、カラーカメラが新採用されています(LSM-300のカメラは白黒)。

自動車専用道路で半固定式オービスとして活用できることも、LSM-310の特徴です。半固定式とは、複数箇所に設置した専用ケースに日替わりでオービス本体を置く配備方式です。2分割できるLSM-310は、ケースに設置しやすく撤去も楽なため、半固定式に採用されていると考えられます。

MSSS

センシス・ガッツォ社の「MSSS」は、レーダー式(ドップラー方式)を採用する移動式オービスです。本体がカメラ部分とストロボ部分に分割されており、それぞれを三脚に乗せて使用します。

従来のレーダー式オービスが「Xバンド」と呼ばれる周波数を使用しているところ、MSSSでは「Kバンド」を採用しています。また、3車線まで同時計測でき、連なって走る違反者の連続検知も可能、測定できる最大速度は360km/hでカメラはカラーと、MSSSはかなり高性能です。こうした性能の高さが評価されてか、近年はMSSSの配備数が増加しています。

レーダー式とは?

レーダー式とは、車に向けて放った電波と、車に反射した電波との周波数差から速度を割り出す測定方式です。MSSSでは車の走行速度だけでなく移動距離も測定でき、両者に大きな誤差がある場合は測定をキャンセルします。

移動式オービスは時速何キロで光る?

©metamorworks/stock.adobe.com

幹線道路の固定式オービスでは、いわゆる赤キップの違反にあたる速度超過を取締り対象としています。具体的には、一般道では制限速度の30km/h以上、高速道路では40km/h以上の速度超過で固定式オービスが光ります。では、移動式オービスの取締り基準も固定式と同じなのかというと、そうではないようです。

青キップの違反でも光る可能性あり

移動式オービスは超過30km/h未満の速度違反でも光る可能性があります。いわゆる青キップの違反でも、オービスによる取締り対象になる場合があるのです。

実際に愛知県では、速度超過15km/hの車が移動式オービスにより検挙されています。取締りの基準は公表されていませんが、固定式オービスのルールが移動式に通用しないことは確かといえるでしょう。

そもそもオービスによる写真撮影が認められるのは、悪質な速度違反が行われた場合のみとされています。ただし、場所によっては青キップ相当の速度超過も危険で悪質、と考えることも可能です。ゾーン30のような生活道路では、10km/h以下の速度超過でも移動式オービスの取締り対象となるかもしれません。

【捕捉説明】青キップ・赤キップとは?

俗にいう青キップとは、比較的軽微な違反を犯したドライバーに公布される「交通反則告知書」を指します。用紙が青いことから青キップと呼ばれており、違反点数6点未満の違反(交通反則通告制度に定められた違反)を犯した反則者に交付されます。公布を受けた者は、期日までに反則金を納付しなければなりません。

赤キップとは、悪質な交通反則を犯した反則者に公布される「交通切符告知票」のことです。こちらの用紙の色は薄い赤色で、交付を受けた者は刑事処分の対象となるほか、前科がつきます。また、赤キップは6点以上の違反に対して公布されるため、公布後は免停(または免許取消し)になります。

移動式オービスは何色に光る?

©Christian Schwier/stock.adobe.com

さまざまな道路に移動式オービスが出現するとなると、運転中に何かが光るのを見るたびに不安になるかもしれません。不要な心配をせず車に乗れるように、移動式オービスのフラッシュ色を押さえておきましょう。

LSM-300赤く発光
LSM-300HK赤く発光
LSM-310白く発光
MSSS白く発光

白黒で写真撮影を行うLSM-300系機種では、赤色のフラッシュを採用しています。一方、カラー撮影ができるLSM-310とMSSSでは、フラッシュは白く発光します。移動式オービスは赤色または白色に光る、と覚えておくとよいでしょう。

昼間でも移動式オービスの光はわかる?

移動式オービスのフラッシュは昼間には見えにくくなります。赤い発光は目立つため、明るい日中でも気付けるかもしれません。一方、白い発光は昼間には視認性が大きく落ちます。今後カラー撮影の移動式オービスが増えれば、昼間に速度測定されても認識しづらくなるでしょう。

移動式オービスにはどうやって対処する?

©Dmitry/stock.adobe.com

移動式オービスは畳一枚ぶん程度のスペースに設置でき、いわゆるサイン会場(違反キップを切るためのスペース)を必要としません。どこにでも配備可能な、最強の速度取締装置だといえます。そんな移動式オービスに対処する方法はあるのか、詳しく見ていきましょう。

車載探知機は有効?

オービスやネズミ捕り(その場で検挙する速度取締)への対抗アイテムといえば、車載レーダー探知機がメジャーです。しかしながら、旧式のレーダー探知機では、移動式オービスを探知できません。移動式オービスを発見するには、レーザー光とKバンドレーダー波を受信できる探知機が必要です。

また、レーザー・Kバンドレーダー両対応の車載探知機があれば安心かというと、そうでもありません。移動式オービスの前に遮蔽物があれば、探知機の反応が遅れてしまいます。警官がオービスのスイッチを切って待ち構えていた場合も、発見が遅れるでしょう。最新の車載探知機がいかに優秀だとしても過信は禁物です。

看板で発見できる?

固定式のオービスが配備される道路には、速度取締中であることを警告する電光表示板や看板が設置されます。移動式オービスでもこうした看板類が置かれるなら、取締りを早めに察知して、スピードを落とせるかもしれません。

しかしながら、移動式オービスは警告看板なしで配備される場合があります。警察官がついて取締りを行うため看板は不要、というのが警視庁の考えのようです。看板で移動式オービスを発見できるとの考えは、持たないほうがよいでしょう。

ウェブ・アプリでの情報チェックは有効?

一部地域の警察では、ウェブサイトやTwitterなどを通じて、移動式オービスによる取締りの実施をアナウンスしています。また、Twitterでは、一般ユーザーによる移動式オービスの目撃情報も確認できます。これらの情報を利用すれば、どこの道路で取締りに注意すべきか運転前に知ることができるでしょう。

このほか、オービス情報を扱うスマホアプリも、取締りの回避に役立ちます。一部アプリには、移動式オービスの目撃情報を共有する機能が備わっており、取締りの実施をリアルタイムで知ることができます。

ただ、こうしたウェブやアプリの情報が、必ずしも正確だとはかぎりません。結局のところ、速度超過しないように走ることが、移動式オービスに対処するための最善策です。制限速度の遵守を前提に、補助として各種情報や探知機などを活用するとよいでしょう。

オービスは何キロ以上の速度違反で光るのか?

オービスは全6種類!ヤバいのはこれだ!全種詳細解説

オービスを光らせた!通知書はいつ来る?その後は?県外のときは?無視したら?

執筆者プロフィール
加藤 貴之
加藤 貴之
1977年生まれのフリーライター。10年以上務めた運送業からライターに転向。以後8年以上にわたり、自動車関連記事やIT記事などの執筆を手がける。20代でスポーツカーに夢中になり、近年は最新のハイブリッド車に興...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事