MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > スポーツカーに赤が多い理由とは?本田宗一郎氏がいなければ赤い車は存在しなかった?
役立つ情報

更新

スポーツカーに赤が多い理由とは?本田宗一郎氏がいなければ赤い車は存在しなかった?

日本では昔、赤い車が禁止されていた

ホンダ S360

日本ではかつて、緊急自動車と紛らわしくなってしまうことを理由に、赤を車のボディカラーにすることが禁止されていました。

しかし、ホンダの創業者である本田宗一郎氏は、ホンダ初のスポーツカーとなる予定だった『S360』のボディカラーとして赤にこだわり、運輸省からの許可を獲得。S360の後に続いた『S500』には、赤いボディカラーが設定されました。

本田宗一郎氏は、小さな車を目立たせるため、また「赤はデザインの基本となるものだ」と語るなど、赤い色に対して並々ならぬこだわりを見せており、ホンダ躍進のきっかけとなったカブF型、耕運機や発電機などでも赤が使われています。

ホンダが赤い車を世に出して以降、ホンダ以外の国内メーカーもボディカラーに赤を設定するようになったとされています。

古代から赤は特別な色として使われている

伏見稲荷大社、鳥居と楼門
©Basico/stock.adobe.com

古代エジプトでは、赤は生命力や勝利を連想させる特別な色として扱われ、お祝いのときには体を赤い土で塗っていたほか、古代ローマでも神々の衣服や装飾品として赤が使われています。

日本でも国旗や紅白の垂れ幕など、お祝いの席で欠かせない色です。太陽を表したり、豊穣や魔除けなどの願いがこめられた色として、赤(朱)が活用されているため、日本人にとっても赤は特別な色でしょう。

車以外でも、赤は特別な意味を持つ色として古くから親しまれてきました。現在は、白やグレーといった無彩色が車のボディカラーのトレンドですが、古くから愛されてきた赤で塗られた車は、今後も廃れることなく存在し続けるのではないでしょうか。

車の人気色は?ボディカラー選びのポイント|事故に遭いにくい&高く売れる色はどれ?

アナタのとって「黄色が似合う車」はどれ?国産・輸入車から選んでみた【推し車】

車で草津温泉に行くと部品が腐る?現地を走る黒く変色した車…その原因に驚愕

執筆者プロフィール
MOBY編集部 高山 志郎
MOBY編集部 高山 志郎
平成元年生まれ、東京都出身。エナジードリンクをよく飲む。バイクやレーシングカートを経て車好きに。あまり人気がない車ばかり乗ってきたため、部品の流用やDIYに詳しくなった。結婚を機に普通の車(マツダ ロ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード