MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > マイカーリース、車検時のメリットは?維持費の見える化で3年後も安心
役立つ情報

更新

マイカーリース、車検時のメリットは?維持費の見える化で3年後も安心

カーライフにまつわるお金には、どんなものがある?

©tatsushi/stock.adobe.com

マイカーを持つためには、購入費用以外にも維持費がかかります。ローンを組まずに車を一括購入しても、車を所有・維持するための出費が発生するのです。

カーライフにまつわるお金は、ざっと見ても以下のようなものがあります。

  • 車を購入する費用
  • 車にかかる税金、自賠責保険料
  • 車の定期点検費用(一般的には半年~1年ごと)
  • 車検費用(一般的には3年または2年ごと)
  • 点検、車検時の整備にかかる費用
  • 任意保険料
  • 駐車場代
  • 燃料代

マイカーを所有する際は、購入費用以外にもこうした費用かかることを想定し、ある程度余裕を持ってお金を用意しておく必要があります。

この維持費の想定・確保がなかなか難しく、マイカーの購入を諦めてしまう人も少なくありません。しかし、こうしたお金を月々定額で管理することができるマイカーリースなら、急な支出が発生することがないため、気軽にマイカーを持つことができます。

そこで、カーライフにまつわる「初期費用」「維持費」「車検費用」の3つの費用において、マイカーリースのメリットを解説します。

1.初期費用(新車購入費用)

新車を購入する際、一括支払いやローン払いを問わず、車両本体価格+オプション費用を全額支払うことになります(残価設定型ローンを除く)。

ハリアー Z ハイブリッド(2WD)
ハリアー Z ハイブリッド(2WD)

ハリアー Z ハイブリッド(2WD)を新車で一括購入する場合、車両本体価格だけで4,520,000円が必要です。オプションや新車購入時の諸経費を含めると、480万~500万円を見ておいたほうがよいでしょう。

ちなみに新車購入時の諸経費には、自動車税や自動車重量税、リサイクル費用、代行手数料などが含まれますが、ディーラーで発行される見積書に一緒に記載されるため、車両代として一括払いまたはローンに組み込まれることになります。

マイカーリースの場合は?

マイカーリースの場合、リース契約期間時点での車の残存価格(残価)が設定されるため、車体利用料として支払うのは車両本体価格から残価を差し引いた価格となります。

ハリアー Z ハイブリッド(2WD)を3年でリース契約する場合、仮に3年後の残価が100万円と設定されれば、利用料は4,520,000円-1,000,000円=3,520,000円となります。

また、車体利用料はその他維持費と合わせて月額支払となりますので、リース開始時に車体利用料を全額用意しておく必要はありません。

マイカー購入(ローン/クレジット)について詳しく見る

2.維持費(税金、整備費用、保険料など)

ハリアー Z ハイブリッド(2WD)を新車で一括購入すると、1年目~3年目にかかる維持費は以下が目安となります。1年に約10万円ほどかかることがわかります。

維持費の項目1年目2年目3年目
自動車税種別割
(自動車税)
10,875円43,500円43,500円
自動車重量税免税
点検・整備代15,000円15,000円15,000円
自賠責保険27,770円
任意保険料45,150円45,150円45,150円
合計金額98,795円103,650円103,650円

※★は車検費用に含まるため、上表では省略しています

新車購入時に「自動車税」「重量税」「自賠責保険」を購入費用と一緒に支払うため、1年目はこれらを意識することはありませんが、2年目、3年目は期日までに支払いが必要です。

また、12ヶ月の法定点検と半年ごとのオイル交換を行う場合の点検・整備代および11等級・ゴールド免許・車両保険付き任意保険に加入した際の保険料も、目安として入れています。(整備内容や保険の条件によって金額が異なります)

この他、燃料代や駐車場代などが別途必要です。

マイカーリースの場合は?

マイカーリースでは、自動車税や重量税、任意保険料など、上表で紹介した維持費全てを月額料金に含むことができます。

月額料金はリース期間中ずっと定額ですので、燃料代や駐車場代のほかは、年ごとの費用を気にすることなく、車に乗り続けられるメリットがあります。

さらに、リースプランのメンテナンスパックを選択すれば、リース料金だけで車のコンディションを維持することができ、安心です。

軽自動車にかかる1年間の維持費について詳しく見る

3.車検費用

©xiaosan/stock.adobe.com

ハリアー Z ハイブリッド(2WD)を新車で一括購入すると、3年目の車検費用は以下が目安となります。

2で示した維持費と合計すると、3年目は17万円近く費用がかかることになります。

車検費用内訳金額
自動車重量税0円(免税)
点検・整備費用43,230円
自賠責保険料20,010円
検査手数料
(印紙代)
1,200円
合計金額64,440円

車検費用のうち、点検・整備費用だけは車検を受けた場所(整備工場など)に支払うものとなり、車検を受ける場所や整備内容、部品などの消耗品代によって金額が大きく異なってきます。

3年目であれば比較的交換部品が少なく、金額が小さくて済みますが、5年、10年と乗り続けたり、1年間の走行距離が多い場合は、交換・修理箇所が増え、金額が大きくなります。

また、定期点検やメンテナンスを受けていない車は、不具合に気づきにくく、何年目かの車検時に重大な故障が発見される可能性も。同じ車に乗り続けるなら、日頃のメンテナンスが不可欠です。

マイカーリースの場合は?

マイカーリースでは、上表で紹介した車検費用全てを月額料金に含むことができます。月額料金はリース期間中ずっと定額ですので、車検費用を気にすることなく車に乗り続けられるメリットがあります。

さらに、リースプランのメンテナンスパックで定期点検を行うことで、車の調子をよく保つことができます。これにより、車検時の点検・整備内容をある程度見通して、月額料金内の料金で収める仕組みになっています。

車検にかかる費用について詳しく見る

マイカーリースのメリットは維持費が見える化できること

©lstudiopure/stock.adobe.com

カーライフにまつわるお金は、車を所有して3年の間でも変動があります。また、2年ごとの車検費用は車のコンディションや年式によっては予算の検討が付けにくく、想定外の出費となることも。

車に乗り続けるなら、日頃のメンテナンスが不可欠なうえ、急な出費への準備をしておく必要もあります。

しかし、マイカーリースは3年・5年・7年の契約期間内は月額料金が変わりません。契約時、ムリのない月々の支払い計画を立てれば、維持費を含めてカーライフにまつわるお金を見える化することができます。

その後は想定外の出費に備える必要がなく、ライフプランも立てやすいメリットがあるのです。

さらに…3年ごとに乗り換えれば車検代なしで新車に乗り続けられる!

マイカーリースの隠れた魅力は、3年プランで車を乗り換えれば、車検費用を支払うことなく新車に乗り続けられるという点。「色んな車に乗ってみたい」「常に最新の安全装備がいい」という人には、3年リースプランがおすすめです。

定期的なメンテナンスでカーライフを安心・安全に

女性と自動車
運転免許更新の講習は本人が受けるもの @miya227/stock.adobe.com

安心・安全なカーライフのためには、マイカーを購入した後は、定期的なメンテナンスが必須です。しかし、購入後はそのまま車に乗りっぱなしで、点検や整備を受けないという人も多くいるようです。

マイカーリースの月額料金にメンテナンス費用が含まれることは、常に車を最高のコンディションで維持できるメリットでしょう。もちろん、購入費用や長期の維持費を確保するのが難しいという人にも、便利なサービスといえます。

月々の出費が管理しやすいうえ、数年後の乗り替えや売却も視野に入れることができるマイカーリースは、新しいカーライフのかたちです。

輸入車もEVもマイカーリースできる「SOMPOで乗ーる」はこちら

マイカーリースのメリット・デメリットについて詳しくはこちら

カーシェアのメリット・デメリットについて詳しくはこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事