MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > マニュアル車(MT車)の運転方法・出発手順を復習【動画付き】
役立つ情報

更新

マニュアル車(MT車)の運転方法・出発手順を復習【動画付き】

MT車(マニュアル車)とは?

AT(オートマチックトランスミッション)車と比べたMT(マニュアルトランスミッション)車の大きな違いは、クラッチ操作を運転手が自分で行うという点です。操作がAT車に比べて複雑で、MT車免許を持っていればAT車も運転することができます。

MT車は両手両足をフルに使って運転する分、操作が複雑ですが、「車本来の走りを楽しみたい!」「自分の愛車を自由自在に運転したい!」という運転の醍醐味を重視する方や、「仕事の幅を広げたい!」「特殊な仕事に就きたい!」という方にはおすすめです。

MT車の特徴

左からクラッチペダル、ブレーキペダル、アクセルペダル
©chachamal/stock.adobe.com

MT車がAT車と大きく異なるのは、アクセルペダルとブレーキペダルに加えクラッチペダルがあることです。クラッチとは、アクセルペダルを踏んだ際に発生するエンジンのエネルギーをタイヤにつなげる役割を果たす機能です。

マニュアルトランスミッション シフトレバー
6速マニュアル車のギアシフトレバー 3と4の間にニュートラルがある
©Juri/stock.adobe.com

マニュアル車は1から5速+R(バック)の機能をもつギアがあり、中央にN(ニュートラル)があります。ニュートラルの状態では、クラッチペダルをエンジンとタイヤは6速マニュアルの場合は画像のように1~5速に加えて6速ギアが追加されます。

クラッチの意味と仕組みとは?寿命や交換費用と種類などまとめ

マニュアルの仕組みを動画で確認

MT車のメリット・デメリット

MT(マニュアル)車のメリットは、動力の伝達が効率的なことに加え、製造コストが比較的低いため安価な点が挙げられます。プロのドライバーが最適なタイミングで変速を行うことで燃費や速度など車の一番良い状態をキープすることが可能です。

一方で、運転が不慣れだと変速のときにガクガクと大きなショックが発生したり、最悪の場合はクラッチ操作のミスでエンジンが停止(エンスト)してしまったりすることもあります。

車の免許を取るならオートマとマニュアルどちらがおすすめ?

ギアの使い方迷ってませんか?

マニュアル車では、ギアを頻繁に入れ換えることで加速と減速をくり返しますが、ギアチェンジをスムーズにできれば乗り心地も良くなるうえに、ミッションやエンジンへの負担も軽くすることができます。さらに燃費の向上にもつながるので、ギアの選び方をマスターしておきましょう。

まず基本のクラッチ操作を復習

  1. 左足はクラッチ、右足はブレーキを踏み込む。
  2. ギアを入れてハンドブレーキ解除し、右足はブレーキから離す。
  3. 右足でアクセルを踏み、エンジンの回転数を上げる。
  4. アクセルを踏みながら徐々にクラッチから左足を離す。
  5. エンジン音が変わると車が動き出すので、そこで一旦左足をその位置で固定する。その後少し進んだら、クラッチから左足を完全に離す。
  6. 右足でアクセルやブレーキを踏みながらスピードを調整する。(減速の際に、クラッチを切っていない時に急にブレーキを踏むとエンストしてしまいます。)
  7. 停車は左足でクラッチ、右足でブレーキを踏む。

クラッチ操作における注意点

発進の手順を忘れていたりすると、なかなか車が進まないからといって、アクセルをむやみに煽ったりしがちになります。沢山踏み込んだ状態での半クラッチは、クラッチ板を痛めてしまう原因になるので注意しましょう。ハイパワー車だと一発でクラッチ板が壊れて、発進出来なくなる場合もあります。

坂道でのギアチェンジ

  • 上り坂:パワー不足を感じたら1段落とす
  • 下り坂:惰性で加速してしまう場合は1段落とす

狭い道やカーブが多い道でのギアチェンジ

急カーブ
©chachamal/stock.adobe.com

狭い道やカーブが多い道では1段落とし、余裕をもたせましょう。トップギアで走っていると、パワー不足による回避動作の遅れ、その後の加速がスムーズにできないといった悪影響も考えられます。

抜け道や裏道でのギアチェンジ

こちらも無理をせず1段落としましょう。抜け道・裏道は狭い路地だったり、住宅街の中であることが多いため、交通事故の危険性が考えられます。ギアを落とすことで速度に対してエンジンの回転数が上がるため、エンジン音で歩行者への注意喚起もできます。

速度に合わないギアで走っていると、車からカリカリと音が聞こえてくると思います。これはエンジンが車を止めないように踏ん張っている状態です。そのまま走るとエンストするのでギアを下げる必要があります。

右左折しながらのギアチェンジのコツ

カーブ時にマニュアル車はシフトダウンをするのですが、安全確認など同時にいろいろなことをしなければいけないため、難しさを覚える方も多いようです。

右左折の時の減速の方法

  1. ブレーキを強めに踏む。
  2. 減速しながら安全を確認し、ブレーキを踏み込んで停止。同時にクラッチを踏み込む。
    ※曲がると危険な場合は話したクラッチを踏んだままブレーキを踏んで停止、そして次の発進のためにギアをローに。
  3. 安全確認できたら、ギアをセカンドに入れる。
  4. アクセルを少し踏んで、クラッチを少し下げる。
  5. 半クラッチの状態で原則して曲がる。

曲がった後には踏力をキープしていたアクセルを少しずつ踏み込んで行き、それに合わせてクラッチペダルも少しずつ上げていくと、ショックも無くスムーズに加速できます。

エンストしないスムーズな発進のコツ

マニュアル車で一番初めに習うこと、かつ一番初めに苦労する「発進」。何度も失敗してエンストを経験したのではないでしょうか。いまさら他人に聞けない基礎の基礎からしっかりと復習しましょう。

発進時の操作

  • 平坦な道路や場所では原則1速を使う
    ※一気に加速したい場合は1速である必要はありませんが、1回転分進んだら2速にシフトアップするという手もあります。
  • 2速はエンストしない自信がある場合のみ使用する
  • 上り坂での発進は1速
    半クラッチが上手であれば2速からでも可

車道に駐車した状態からの発進

  1. クラッチを踏み込み、チェンジレバーをロー(1速)にする。
  2. ハンドブレーキを解除する。
  3. アクセルを踏みながらクラッチを戻し、半クラッチの状態にする。
  4. 車が動き出したら数秒の半クラッチ状態をキープし、速度が上がってきたらクラッチから足を離す。

免許取得の難所「坂道発進」

自動車教習所 坂道
©Satoshi/stock.adobe.com

坂道発進とは、坂道で停止状態の車を発進させるという教習所の課題です。うまくクラッチを繋いで発進しないと、坂道の傾きでズルズル後ろに下がってしまいます。公道でミスをすると、後ろのクルマにぶつかってしまうため、必ず思い出しておきましょう!

坂道発進のポイント

  1. ローギアにする。
  2. アクセルを多めに踏む。
  3. クラッチを半クラッチの位置にする。
  4. ハンドブレーキを下ろす。
  5. 半クラッチを少しずつ戻す。

マニュアル車の坂道発進のコツはエンジンの回転数を十分に上げてからクラッチをつないでいくことです。坂道発進を苦手だと感じる方は、アクセルの踏み込みが足りないか、アクセルはよく踏んでいるがクラッチをつなぐのをためらっているかのどちらかでしょう。

上り坂ではエンジンのパワーをより必要とするためアクセルを十分に踏んで回転数を上げましょう(3,000回転程)。エンジンの回転数が上がっていれば、エンストすることはありません。

クラッチをつないでいくと自動車が前に進もうとします。しかし、ハンドブレーキがかかっているため、進むことができません。この自動車が前に進もうとするのが分かる感じがとても大切です。この状態でハンドブレーキを解除していくことで自動車が前進するのを抑えていた力を解除し、坂を上り始めます。

坂道発進のコツが分かる動画

AT車&MT車の坂道発進でエンストする原因と成功させるコツ3選!

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!