MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

役立つ情報

更新

ドライブにはエナドリ!二大巨頭「レッドブル」と「モンエナ」の決着をつけよう

レッドブル エナジードリンクのレビュー

まずはレッドブルから。もはやエナドリのスタンダードな味と呼べる味ですが、フラットな視点で飲んでみると甘さと酸味のバランスがとても良いことに気づきます。

そこにピリッとした炭酸が加わることで目が冴えるようなキレのある味わいに。コーラやサイダー、ラムネとは違った、ちょっと闇を感じるケミカルな後味がエナドリ感をしっかり出していますね。

定番なだけあって、エナドリにしてはクセがなく飲みやすい仕上がりとなっています。個人的にはVTuberの湊あくあさんがバーチャル・アンバサダーを務めているというのも高ポイント。

多くのエナドリのベンチマークとされるようになった成分は、1本あたりのカフェインが80mg、アルギニン300mg、カロリーは115kcalです。

レッドブル エナジードリンクについて

購入価格190円(税抜)
内容量250ml
エネルギー115kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物27g
食塩相当量0.5g
ナイアシン7.5mg
パントテン酸5mg
ビタミンB65mg
ビタミンB20.225mg
ビタミンB120.005mg
アルギニン300mg
カフェイン80mg
スタンダード度100%
レッドブルエナジードリンク 250ml×24本

レッドブルエナジードリンク 250ml×24本

3,666円(06/14 17:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

モンスター エナジーのレビュー

続いてはモンスターを飲んでみます。開けた瞬間から毒々しい色合いのお菓子を思わせる甘い香りを強く感じられます。車の中で開けると一瞬で車内がエナドリ臭に包まれるので注意が必要です。

香りだけでなく、味も強烈。飲んでみると顎が痛くなりそうなほど甘く、「エナドリが体にいいわけがない!」と体感できます。

レッドブルではキレのある味わいでシャキッとした感覚を得られますが、モンスターはどちらかといえば柔らかめな味わいです。

味もさることながら、レッドブルとの大きな違いはやはり量や成分。モンスターは355mlのロング缶で、さらに100mlあたりのカフェイン量もレッドブルより多くなっています。1本あたりのカフェインは142mg、アルギニン443.75mg、カロリーは177.5kcalです。

モンスター エナジーについて

購入価格184円(税抜)
内容量355ml
エネルギー177.5kcal
たんぱく質0g
脂質0g
炭水化物46.15g
食塩相当量0.71g
ビタミンB22.485mg
ナイアシン30.175mg
ビタミンB62.84mg
ビタミンB120.00355mg~0.0213mg
L-アルギニン443.75mg
D-リボース443.75mg
高麗人参291.1mg
L-カルニチン102.95mg
カフェイン142mg
飲み過ぎ注意度100%
アサヒ飲料 モンスター エナジー 355ml×24本

アサヒ飲料 モンスター エナジー 355ml×24本

4,000円(06/14 17:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

飲みやすさのレッドブル、量のモンスター

レッドブルとモンスター、それぞれを飲み比べてみた結果、飲みやすさで選ぶならレッドブルに軍配を上げたいと思います。

しかし、モンスターは量が多く、さらに味も濃い目でぐびぐびとは飲めないので長い時間飲めるモンスターはロングドライブなどに有利です。カフェインも多いですし。

そのため、どちらにも良さがあって勝敗をつけるのは難しいという結論に至りました。同じエナドリというカテゴリの中でも、巧みに棲み分けているのかもしれませんね。

今後もこの二大エナドリが君臨するのか、それとも第三勢力が追い上げてくるのか、今後のエナドリ勢力図の変化に注目していきたいと思います。

【みんなの意見】投票受付中!

Q. 一番好きなエナジードリンクのブランドは?

仕事や勉強で気合を入れたり、気分転換したりする時に役立つエナジードリンク。あなたが一番好きなエナジードリンクのブラン...

  • RED BULL
  • MONSTER ENERGY
  • ZONe
  • KIIVA
  • RAIZIN
  • その他
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る

そのほかのエナドリレビューはこちら!

その他の最新情報

RX-VISIONの市販モデル登場なるか。マツダ初のスーパースポーツ「RX-9」

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部 高山 志郎
MOBY編集部 高山 志郎
平成元年生まれ、東京都出身。学生時代にモータースポーツ活動を開始し、大小さまざまな耐久レースへ参戦。優勝の経験も持つ。エンジニアとして複数の業界を渡りながら趣味で車やバイクに触れ続け、縁あって自動...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード