MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > コードグラバーとは?リレーアタックに次ぐ最新の車両盗難手口
役立つ情報

更新

コードグラバーとは?リレーアタックに次ぐ最新の車両盗難手口

これまで車両の盗難手法といえば、スマートキーの電波を傍受して不正に車を解錠し、エンジンを始動してしまう「リレーアタック」というものが主流でした。

しかし近年、このリレーアタックに続く最新手口「コードグラバー」による被害が急増しているといいます。コードグラバーの手口や対策方法を知ることで、被害を未然に防ぎましょう。

コードグラバーとは

コードグラバーの犯行イメージ
©Александр Поташев/stock.adobe.com

コードグラバーとは、スマートキーの電波を傍受し、IDコードをコピーして車を解錠するという手口です。

簡単に言えばスマートキーを複製してしまう行為。元々この手口は、スペアキーを作成するために使用する機器を悪用したものだと言われています。

車の所有者が持つスマートキーの電波をキャッチして車両を解錠するリレーアタックと違い、コードグラバーは鍵そのものを複製してしまうため、非常に悪質です。

ちなみにコードグラバーという名前は、「Code=信号」を「Grabbing=捕らえる」という意味があります。

スマートキーの仕組みとは?紛失に備えたスペアとケースは必須?電池交換は?

コードグラバーの手口

標的となったドライバーが車を降りてドアを締めたとき、犯人がコードグラバーを使用してドライバーのスマートキーのIDコードを読み込みます。この時、犯人は近くにいる必要はありません。

スマートキーのIDコードを読み取ったコードグラバーは、アンロックコードも解読することができ、ドアの解錠からエンジン始動まで行えるようになります。

ドライバーが車から離れたすきに、犯人はコードグラバーを用いてドアを解錠し、エンジンを始動させ、車両を盗難します。

このとき、スマートキーとIDコードが一致しているので、イモビライザーなどの車内外の盗難防止装置も作動しません。

【洋画でもお馴染み】キーレスのアンサーバックサイレンの意味とは?取り付けは自分で可能?

盗難が発生しやすい場所・時間帯

出典:日本損害保険協会「第21回自動車盗難事故実態調査結果」

日本損害保険協会が2020年5月に発表した「第21回自動車盗難事故実態調査結果」によると最も盗難が発生しやすいのは自宅の屋外駐車場でした。

リレーアタック同様、玄関にスマートキーをぶら下げておくと、外から簡単にキーの電波を傍受できてしまうため、盗難に遭うリスクが増加します。

出典:日本損害保険協会「第21回自動車盗難事故実態調査結果」

時間帯は22時から9時が最も多く、深夜から早朝にかけて盗難が発生しやすいことが分かります。

自宅の屋外駐車場で車両を管理している場合、監視カメラは必須と言えるでしょう。

リレーアタックとの違い

リレーアタックは複数人での犯行になりますが、コードグラバーは単独での犯行が可能。

しかもコードグラバーの場合、犯人はターゲットから100m、場合によっては500m離れていてもスマートキーの情報をコピーできてしまいます。

リレーアタックとは?手口と防止対策法を解説!ブリキ缶が有効?

コードグラバーの対策方法

コードグラバーの対策方法は、大きく分けて3つ。どれもリレーアタックとほぼ同じ内容です。

①スマートキーの電波を遮断する

フタ付きのブリキ缶などに入れておくと安全
©KATSU/stock.adobe.com

スマートキーからは常に電波が発されているため、その電波を抑え込む方法です。

自宅で管理する時はフタがついた金属製の缶にスマートキーを入れて保管するのが好ましいです。上記画像のようなブリキ缶などがよく使用されています。

電波を遮断できるスマートキーのケースが販売されているので、それを使用するのが最も手っ取り早い方法です。「電波遮断」や「リレーアタック防止」などと記載されている商品を選びましょう。

スマートキーケース人気おすすめ16選|プレゼントにも参考になる選び方

節電モードにする(一部車種のみ)

最新の車種に採用されるスマートキーは、電波を発するのを止める「節電モード」という機能が備わっています。

各メーカーによって操作方法は異なりますが、トヨタ車の場合はスマートキーの施錠ボタンをオシながら解錠ボタンを2回押すことで節電モードにすることができます。節電モードを解除するにはなにかボタンを押すだけです。

注意点として、節電モードではスマートキーとしての役割を果たさなくなるので、運転する時は通常モード、駐車時や自宅にいる間などは節電モードと切り替えて使用するのがおすすめです。

2019年頃までは一部のトヨタ・レクサス車しか対応していませんでしたが、現在はマツダやスズキ、ダイハツなど多くの自動車メーカーが節電モードに対応しています。

細部までこだわり抜かれた車の鍵に惚れる!高級車・外車のかっこいいキーを紹介!

②ハンドルロック・タイヤロックをする

ハンドルロックの例
ハンドルロックの例
タイヤロックの例
タイヤロックの例
©Ivan/stock.adobe.com

ハンドルロックやタイヤロックなどをする対策方法です。物理的に盗難を防止することができるほか、見た目で犯人の盗もうという気持ちを削ぐことができます。

最も効果のある対策ですが、スマートキーケースなどと比べて手間がかかるのが難点です。

ハンドルロックは車両盗難防止に有効?緊急時の解除方法とおすすめ商品10選

③GPSを設置する

GPSを設置しておけば、盗難後に車両の場所をパソコンやスマートフォンなどで確認することができます。

盗難を直接防ぐことはできませんが、万が一盗難された際に車両を取り戻したり、犯人を特定する際において、大いに役立ちます。

複数を組み合わせることでさらに効果アップ

②のハンドルロック・タイヤロックは中々実行することが難しいですが、①と③であれば気軽に実践することができます。

車にはGPSを取り付け、家にいる時はスマートキーを金属製の缶に入れる。スマートフォンと同期できるドライブレコーダーなどを取り付けるとより良い効果が期待できます。

イモビライザーとは?効果・仕組みとスペアキーの作り方&防犯性を高める使い方

高級車が狙われることが多い!

出典:日本損害保険協会「第21回自動車盗難事故実態調査結果」

日本損害保険協会「第21回自動車盗難事故実態調査結果」によると、同年2月時点で最も盗難にあっているのはトヨタ ランドクルーザーでした。次にトヨタ プリウス、レクサス LXと続きます。

ここ3年間の結果をみても、ランドクルーザー、プリウス、レクサスといった国産高級車が狙われていることが分かります。

【盗難注意】愛車にこの貼り紙があったら超危険!窃盗グループの犯行手口だからすぐ剥がして!

【まとめ】複数の対策を重ねると効果的!高級車は特に注意

コードグラバーはスマートキーの電波をコピーして車両を盗難してしまう手口で、離れた場所からでも単独で実行できてしまいます。

コードグラバーの対策として最も有効なのはスマートキーから発する電波を遮断させることです。スマートキーの電波を遮断するには、専用のキーケースや金属製の缶などを使用します。

場合によってはスマートキー自体に電波を遮断する「節電モード」が搭載されていることもあります。

それに加え、本記事で解説したようなタイヤロックやGPSなど、別の対策も講じておくことで、より高い防犯効果が見込めるでしょう。駐車場が屋外の場合、柵や監視カメラを設置しておくのもおすすめです。

スマートキーを採用している車種であれば例外なく注意が必要ですが、高級車は狙われやすいのでさらに気をつけましょう。

カーセキュリティおすすめ人気15選と選び方|複数タイプを組み合わせて使うべし!

執筆者プロフィール
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード