MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > ブラックアイスバーンとは?雪がなくても要注意!通常のアイスバーンより危険な理由
役立つ情報

更新

ブラックアイスバーンとは?雪がなくても要注意!通常のアイスバーンより危険な理由

タイヤチェーン

一般的に路面の凍結によるスリップ事故は、タイヤチェーンやスタッドレスタイヤなどを装着して、しっかり対策を取っておけば防ぐことができます。

しかし、雪がふらない地域ほど、通常のアイスバーン(路面凍結)とは異なる「ブラックアイスバーン」には注意が必要です。

この記事では、ブラックアイスバーンの意味や注意点、対策方法等を解説します。

アイスバーン(路面凍結)の意味や運転のコツ|スタッドレスで本当に安全なのか?

ブラックアイスバーンとは?意味と危険性

通常のアイスバーンとは、積雪した路面が凍った状態、いわゆる路面凍結のことです。それに対しブラックアイスバーンは、路面に薄い氷の膜が張った状態であり、一見するとアスファルトが黒く濡れているだけのようにも見えます。

この黒く濡れたように見える様子が、“ブラック”アイスバーンの名の由来であり、ブラックアイスバーンが危険だと言われる所以でもあるのです。

濡れているだけにも見えるので気付かず事故に…

路面凍結 ブラックアイスバーン
路面で氷や雪が固まってツルツル。白く見えるため明らかに滑ることが分かるので、注意して走る

通常のアイスバーンには雪が積もっており、凍っていることも明らかなので、ドライバーも注意を払って運転することができます。

路面凍結
路面が黒いので油断してしまうことも…

しかし、上の画像のように、路面が光っていて濡れているか凍っているか分からない場合は要注意!

一見するとブラックアイスバーンは凍っているようには見えず、ドライバーも気付かずにスリップ事故を起こす可能性が高まってしまいます。

これがブラックアイスバーンが通常のアイスバーンより危険と言われている理由です。

【路面が白い】アイスバーンについてはこちら

ブラックアイスバーンではどのくらい止まれないの?

JAFが公開している動画では、ウェット路面、圧雪路面、アイスバーン、ブラックアイスバーンで実際にどのくらい車が止まれないかを検証しています。(ブラックアイスバーン上でのブレーキングの様子は3:00~あたりから見ることができます)

検証結果は、ブレーキをかけてから車が止まるまでの平均距離は以下のようになりました。

  • ウエット路面:11.0m
  • 圧雪路面:20.2m
  • アイスバーン:84.1m
  • ブラックアイスバーン:69.5m

これを実際の走行シーンで想像してみると、路面が濡れているだけだと思って信号の10m手前からブレーキをかけても、ブラックアイスバーンだった場合は交差点を通り過ぎてしまうことになります。

路面状況を見極める、見分けがつかない場合は細心の注意を払い運転する必要があります。

雪道に強い車おすすめ人気ランキングTOP10【2020年最新情報】

ブラックアイスバーンを見極めるための注意点は?

道路に雪や氷がなくても気温が低い日に注意する

道路にうっすら粉雪が積もっていたり、明らかに固い氷があったりする場合は、いわゆるアイスバーン状態です。この路面状態は大抵のドライバーは細心の注意を払って運転するでしょう。

注意したいのは、道路に雪や固い氷が見当たらないのに寒い日です。夜~朝にかけて氷点下近くまで冷え込んだ日はブラックアイスバーンになっている可能性があります。天気予報で最低気温を確認しましょう。

スノーブラシで車に傷を付けずに雪かきしよう&おすすめ人気商品も

晴れて道路がキラキラしている昼間に注意する

道路に雪がない晴れた冬の日は油断してしまいがちです。しかし、道路が乾いていない(=黒い)シーズンは雪がなくても油断できません。

特に冷え込んだ天気のいい朝は、雪の降らない関東や関西でもブラックアイスバーンになっている可能性があります。

駐車場の融雪剤・凍結防止剤おすすめ人気11選|選び方と効果的な使い方

路面の状態が見えにくい夜に注意する

凍結路面を走る車
©tkyszk/stock.adobe.com

夜間は昼間に溶けた雪が凍るのでブラックアイスバーンができやすいうえ、路面の状態も見えにくいので注意が必要です。

対策としては、次の項目で解説する「ブラックアイスバーンができやすいポイント」をおさえて運転することが大切です。

【お湯不要で簡単】フロントガラスの凍結を30秒で溶かす裏技とは?

橋やトンネルの出入り口などに注意する

橋の上、トンネルの出入り口、車通りの多いカーブなどは、通常のアイスバーンはもちろんブラックアイスバーンができやすくなります。

こうした場所を走行するときは、車の速度を落とすなど細心の注意を払いましょう。

何もないのに周りの車がゆっくり走っている道路に注意する

土地勘がない、運転に慣れていない人は、「何もないのに周りの車がやけにゆっくり走っているな」という冬の日は、不要な追い越しや加速をしないようにするのがよいでしょう。

ブラックアイスバーンの対策方法は?

凍結 ブラックアイスバーン

急発進・急ブレーキ・急ハンドルをしない

雪道を走るうえでの鉄則とも言えます。「急」のつく操作は避け、タイヤのグリップを失わないように走ることが大切です。

速度を出しすぎない

スピードを出しているほど、ブレーキをかけてから車が完全停止するまでの距離は長くなります。滑りやすい冬の道路はさらに距離が長くなることを踏まえ、いつもより早めにブレーキを踏んで減速することも大切です。

ブレーキは浅く、何回かに分けて踏む

急ブレーキを踏んだときタイヤの回転がロックしてしまわないように、多くの車には「ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)」が搭載されています。タイヤの回転がロックしてしまうと、そのまま滑ってしまうためです。

滑りやすい路面では急ブレーキを踏まなくてもABSが作動しやすくなります。そのため安心して走ることができるのですが、日頃からブレーキを何回かに分けて踏む(ポンピングブレーキする)ことを習慣にしておくのもおすすめです。

早めのブレーキは余裕をもった減速ができますし、後続車にブレーキを促す効果もあります。

【要注意】雪の日に車のワイパーを立てないといけない意外な理由とは?

滑ってしまったらブレーキを踏み続け、ハンドルを切らない

タイヤが滑り出してしまった場合は、慌てずにブレーキを踏み続けることが大切です。ABS搭載車はブレーキを踏んでいる足に強い反動がありますが、ABSが正常に作動している状態なので、そのままブレーキを踏み続けましょう。

前に障害物がない場合は、ハンドルは切らずに真っ直ぐに保ちます。体勢を立て直そうとハンドルを切ると、車がさらにコントロールを失いさらに危険が伴うことがあるためです。

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)の交換時期と保管方法まとめ

今年の冬はブラックアイスバーンに気を付けよう!

路面 アイスバーン

通常のアイスバーンに比べて見分けにくいブラックアイスバーン。黒く濡れているような路面が見えたら、十分に注意をしながら運転することを忘れないようにしてください。

また、路面が見えなくなる夜はさらに注意が必要です。トンネルの前などのブラックアイスバーンができやすいスポットでは丁寧な運転を意識することが大切です。

雪があまり降らない地域でも、夜間や朝方に氷点下近くまで冷え込んだ場合はブラックアイスバーンになっていないか、路面を確認しましょう。

スタッドレスタイヤのおすすめはこちら!最新情報

タイヤチェーンおすすめはこちら!最新情報

事故防止に関連するおすすめの記事

すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部