MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > ベンチシートとは?外車と軽自動車に多い?おすすめの車も紹介!
役立つ情報

更新

ベンチシートとは?外車と軽自動車に多い?おすすめの車も紹介!

ベンチシートとは何か?

ベンチシート クラシックカー

ベンチシートとは、文字通り公園にあるベンチのような、席に隔たりのない長い椅子のことです。
わかりやすく言うと、車の後部座席はベンチシートです。
通常のシートは運転席と助手席に分かれており、これをセパレートシートと呼びます。

ベンチシートはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?
どんな車に使われているのでしょうか?

ベンチシートについてのご説明と併せて、おすすめのベンチシートの車種などもご紹介していきます。

ベンチシートと対になるキャプテンシートに関する記事はこちら

キャプテンシートとは?採用するSUVやミニバンとチャイルドシートの設置例も

ベンチシートのメリット・デメリットは?

ベンチシート クラシックカー 運転席
Greg Gjerdingen CC 表示 2.0 / CC BY 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

ベンチシートのメリット

ベンチシートの最大のメリットは、車内が広くなることです。
ベンチシートは、サイドブレーキやシフトレバーなどがハンドル側のインパネに装備されている「コラムシフト」になるので、セパレートシートのような運転席と助手席の間にサイドブレーキやギアがあって狭く感じる、ということがありません。

車を右側に寄せて駐車したときなど、運転席側ドアが開けられない運転席側から出られない、という状況にもベンチシートであれば、スムーズに助手席側から出ることができます。

ベンチシートのデメリット

ベンチシートは、長距離のドライブやスポーツ走行には不向きです。
ベンチシートは体をしっかりとホールドできないため、カーブなどで曲がる際に体が滑りやすくなります。
これは、滑る体を支えるために余計な筋肉を使ったり、ハンドルやアクセルなどの運転操作に悪影響を及ぼすことになります。

ただ、最近のベンチシートは性能が上がっており、座り心地が向上しています。
運転席と助手席の間に格納式のアームレストを設置するなどカーブで体が滑らないような工夫や、シート素材や形状が大きく改善されてきています。
ベンチシートの進化を考慮すれば、このデメリットはあまり気にならないかもしれません。

軽自動車とベンチシートは相性が良い?

ベンチシート 運転席
dave_7 CC 表示 2.0 / CC BY 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

一般的に軽自動車とベンチシートは相性が良いとされています

軽自動車は車体が小さく、室内空間に制限があるため、空間を広く取れるベンチシートは非常に効果的です。
また、軽自動車のほとんどは日常生活での運転を主体に考えて設計されており、ハードなスポーツ走行や、長距離を運転することよりも、狭い空間をいかに広く快適に、使い勝手をよくすることが消費者のニーズなっている背景もあります。

おすすめベンチシートの車

ホンダ N‐ONE

ホンダ N-ONE G SSブラウン FF 2015年型
N-One Gグレード 2015年

ホンダのトールワゴンタイプの軽自動車で高い走行性能と多彩な外装デザインが注目され、人気がある軽自動車です。
20世紀、往年のホンダ車、N360の「N」の名を引き継いだ21世紀の車としても注目されています。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

ダイハツ・ウェイク

ダイハツ ウェイク G SA 2014年
ダイハツ ウェイク G SA 2014年 内装

テレビCMでもおなじみのダイハツ・ウェイクは広い空間が売りの軽自動車です。
アウトドアに最適な軽自動車で高い人気を得ています。
運転席も荷室も軽自動車とは思えない広さが実感できます。

最新「ウェイク」中古車情報
本日の在庫数 1986台
平均価格 134万円
本体価格 46~269万円
ウェイクの中古車一覧へ

日産 キューブ

日産 キューブ 15X 2014年型
日産 キューブ 内装 フェザーグレー

やや旧式な感が否めない車となりますが、日産・キューブは日産車らしいしっかりとした走りと高燃費で中古車市場でも高い人気を誇っています。
高い車高と相まって、ベンチシートの有効性がさらに強調された実用性の高さとオシャレを両立した車です。

最新「キューブ」中古車情報
本日の在庫数 2123台
平均価格 46万円
本体価格 0~168万円
キューブの中古車一覧へ

ベンチシートは外車に多い!特にアメ車!

↓1966年式 シボレー・シェベル

シボレー シェベルマリブ 66年式

ベンチシートは1980年代までのアメ車に特に多く採用されていました。
1990年代以降、徐々にベンチシートを採用した車は少なくなっていきました。
その背景には安全性の重視がありました。
2010年以降は、外車の乗用車でベンチシートを採用する車は、ほぼ消滅してしまいました。

チャイルドシートとベンチシートの相性は?

チャイルドシート

赤ちゃんがいる家庭をお持ちの方は、「チャイルドシートってベンチシートでも大丈夫なの?」と思われている方が多いようです。
大丈夫です。
安心してください!

チャイルドシートのメーカーは、ベンチシートでもセパレートでも、シートベルトの付いている車なら、安全に取り付けができるように全て考慮されています。

ファミリーやカップルに最適なベンチシート

車内 家族 運転
©Shutterstock.com/ Andrey_Popov

ベンチシートについてのまとめ記事はいかがでしょうか?

一般的なセパレートシートの車と比較して、スポーツ走行をしない限り、ベンチシートは大きなデメリットはないのでは、とお感じになられたのではないでしょうか?
ベンチシートは、ファミリーやカップルに最適だと思いませんか。

すべての画像を見る (12枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!