MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > ベンチシートとは?メリット、おすすめの普通車・軽自動車などを紹介!
役立つ情報

更新

ベンチシートとは?メリット、おすすめの普通車・軽自動車などを紹介!

ベンチシートとは?

ベンチシートは隣り合う座席がくっついているタイプのシートを指します。セダンの後部座席は、ソファのようなシート1つに2~3人で座ることになりますが、これはベンチシートです。

対して、2列目が2人乗りの3列シートミニバンは、2列目に独立した座席が2つあるケースが多いです。この場合、2列目はベンチシートではなく「キャプテンシート」になります。

ベンチシート クラシックカー 運転席
ベンチシート クラシックカー 運転席
©Joanne Dale/stock.adobe.com

また、運転席と助手席の間にシフトノブやサイドブレーキがある場合、運転席と助手席はそれぞれ独立した「セパレートシート」となります。

対して、運転席と助手席の座面が平らで繋がっており、シフトノブがインパネにある場合はベンチシートになります。

1980年代までのアメ車の象徴でもあった

シボレー シェベルマリブ 66年式
1966年式 シボレー・シェベル
出典:wikipedia.org Author:Bull-Doser パブリック・ドメイン

ベンチシートは1980年代までのアメ車に特に多く採用されていました。しかし、1990年代以降、安全性が重視されるようになり、徐々にベンチシートを採用した車は少なくなっていきました。

2010年以降は、外車の乗用車でベンチシートを採用する車はほぼ消滅してしまいましたが、 ベンチシート車ならではの高級感やエモさは未だにファンの間で愛されています。

ベンチシートのメリット・デメリットは?

ベンチシート クラシックカー
後席ベンチシート。
©Paylessimages/stock.adobe.com

ベンチシートのメリット

席移動が楽ちん、車内を広く使える

前席ベンチシートの場合、サイドブレーキやシフトレバーなどがハンドル側のインパネに装備されます。そのため、運転席から助手席への移動が簡単です。

車を右側に寄せて駐車したときなど、運転席側ドアが開けられない運転席側から出られない、という状況にもベンチシートであれば、スムーズに助手席側から出ることができます。

シートをフルフラットにでき、車中泊に便利

特にミニバンの場合、2列目がベンチシートであるほうが車中泊に適しています。

シートをフラットにしたとき、キャプテンシートではどうしても隙間や段差が大きくなります。ベンチシートは中央の隙間が少ないため、かなりフルフラット状態に近づけることができるのです。

ベンチシートのデメリット

ホールド感がなく、長距離走行には不向き

ベンチシートは体をしっかりとホールドできないため、カーブなどで曲がる際に身体が滑りやすくなります。つまり、ベンチシートは長距離のドライブやスポーツ走行には不向きです。

身体のホールド感がないと、滑る体を支えるために余計な筋肉を使ったり、ハンドルやアクセルなどの運転操作に悪影響を及ぼすことになります。

3列目への移動が大変

特にミニバンの場合、2列目がベンチシートだと3列目への移動が億劫になります。

2列目にチャイルドシートを設置することを想定するなら、キャプテンシートのほうがおすすめです。

ベンチシートのおすすめ普通車3選

【トヨタ】ヤリスクロス

ヤリスクロスはトヨタが販売するSUV車であり、収納スペースが豊富にあるため普段使いからアウトドアまでさまざまな用途に最適です。ラゲッジルームに設置してあるコンセントは、AC100V・1500W以下までの電化製品が使える仕様となっています。

トヨタヤリスクロスの公式サイトはこちら

最新「ヤリスクロス」中古車情報
本日の在庫数 1810台
平均価格 269万円
支払総額 169~385万円

【スバル】インプレッサスポーツ

スバルが販売するインプレッサスポーツは、スバル独自の技術を駆使したアイサイトを搭載し、ブレーキ操作をアシストします。その他にも、前方不注意やシフトレバーの入力ミスなどによる事故を未然に防ぐ機能が充実しています。

スバルインプレッサスポーツの公式サイトはこちら

最新「インプレッサスポーツ」中古車情報
本日の在庫数 1453台
平均価格 124万円
支払総額 30~282万円

【トヨタ】ランドクルーザー

トヨタが販売するランドクルーザーは、現在、人気がありすぎて生産が追い付かないほど大人気の車です。

見た目も走りも力強く、ドライブやアウトドアにピッタリです。大きな車ですが、安全機能や運転アシスト機能も充実しているので安心してドライブを楽しめます。

トヨタランドクルーザーの公式サイトはこちら

最新「トヨタ ランドクルーザー」中古車情報
本日の在庫数 491台
平均価格 885万円
支払総額 219~2,000万円

ベンチシートのおすすめ軽自動車3選

【スズキ】ワゴンR

スズキが販売するワゴンRは、後部座席に加え運転席と助手席もベンチシートになっています。椅子がフラットなので、横移動が楽であり、シートも乗降りしやすい高さに設計されています。お年寄りをのせて移動する際にもおすすめです。

スズキワゴンRの公式サイトはこちら

最新「ワゴンR」中古車情報
本日の在庫数 8171台
平均価格 76万円
支払総額 7~190万円

【ホンダ】N-ONE

ホンダが販売するN-ONEはちょっとお出かけしたい時に最適な軽自動車です。ガラス部分には紫外線カットのフィルターが貼り付けられているため、夏場でも日焼けを気にする必要がありません。

また、リアシートリマインダー機能があり、後席のドアの開閉履歴から忘れ物がないかを通知してくれます。

ホンダN-ONEの公式サイトはこちら

最新「N-ONE」中古車情報
本日の在庫数 2685台
平均価格 89万円
支払総額 19~264万円

【ダイハツ】MOVE

ダイハツが販売するムーヴは、運転が苦手な女性でも運転しやすい大きさであり、小回りも利くので狭い道でも安心して運転できます。カップホルダーやグローブボックスをはじめ、運転席サイドトレイ、助手席シートアンダートレイなど小物を収納できる場所がたくさんあり日常使いに便利です。

ダイハツムーヴの公式サイトはこちら

最新「ムーヴ」中古車情報
本日の在庫数 6771台
平均価格 66万円
支払総額 9~190万円

ベンチシートのおすすめ外車3選

【メルセデスベンツ】Gクラス

メルセデスベンツが販売するGクラスは、オフロードでの走行性能が非常に高い車です。オフロードを走る際は、ローレンジボタンでオフロード走行に切り替えることにより、通常の2倍以上の駆動力を発揮できます。

メルセデス・ベンツGクラスの公式サイトはこちら

最新「Gクラス」中古車情報
本日の在庫数 548台
平均価格 1,365万円
支払総額 340~2,860万円

【キャデラック】デビル

©art_zzz/stock.adobe.com
©Eagle2308/stock.adobe.com

キャデラックデビルは、キャデラックが販売していた自動車です。最近では旧車の人気が上昇しており、現代ではインジェクターが主流のなかキャブレーター車の販売も盛んです。旧車独特の形状と色合い、内装など現代にはない雰囲気を味わえます。

最新「キャデラックデビル」中古車情報
本日の在庫数 8台
平均価格 127万円
支払総額 48~186万円

【シボレー】MW

出典:wikipedia.org Author:TTTNIS  パブリック・ドメイン
出典:wikipedia.org Author:TTTNIS パブリック・ドメイン

シボレーブランドで販売していたMWは、小型ではあるものの乗用車の区分に含まれます。スズキが製造していることもあり、ワゴンRプラスの高級車バージョンとして販売されました。軽自動車よりも大きく、一般的な車よりも少し小さいサイズを探している方におすすめです。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

キャプテンシートとは?SUVやチャイルドシートの設置例も

コラムシフトとは?使い方やメリットなど紹介

おすすめ車用座布団と選び方も紹介!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事