MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 【裏技】アルミテープを車に貼るだけで燃費が激変とトヨタが発表|走りも良くなるその理由とは?
役立つ情報

更新

【裏技】アルミテープを車に貼るだけで燃費が激変とトヨタが発表|走りも良くなるその理由とは?

トヨタが発見!アルミテープで操縦安定性と燃費が向上

大手自動車メーカーのトヨタ自動車は、2ドアスポーツクーペ「86」の大幅マイナーチェンジに合わせて、低コストながら操縦安定性の向上に大きく貢献する新技術「放電用アルミテープ」を発表しました。

このアルミテープは市販されている一般的なアルミテープと基本的には同じものです。
これを車両のバンパーなどに装着すると低コストながら操縦安定性に大きく貢献するということなので、燃費の向上にも期待ができる新技術です。

今回、トヨタ自動車が発表したこの「放電用アルミテープ」は、同社の車両技術開発部の発案によるもの。
簡単に説明すると「車両の走行時に発生する静電気を逃がすことで、空気の流れを整えることで、車両が本来持つ性能を引き出す」という仕組みです。

トヨタ86についてはこちらの記事をチェック!

トヨタ86&スバルBRZ新型モデルへマイナーチェンジ!86セダンの開発情報も!

アルミテープには静電気を逃がす効果が

アルミニウムテープ

車と空気は、プラスの静電気を帯びています。
反発し合うこの静電気により、走行時に空気の乱れが発生し、車体の空力特性を十分に活かすことができない=燃費も悪くなる、という理屈です。
この静電気によるこの作用は「クーロン力」と呼ばれています。

しかし、アルミテープを貼ることで静電気の逃げ道ができ、クーロン力が減退。
車用が本来持っている性能を発揮させることが可能になるとトヨタは発表しています。

難しい専門的な部分を省いてしまえば、「アルミテープで空力特性が改善する可能性があり」ということです。
空力特性が改善すれば燃費向上に直結する可能性があります!

アルミテープを正式に採用したトヨタも「オカルト的」?

トヨタ 86

このアルミテープを開発したトヨタ自動車のエンジニアも、効果については「オカルト的」と言っているそうです。
しかし、天下のトヨタ自動車が開発した技術であることは紛れもない事実。
また、驚くことにこの技術は、マイナーチェンジした86だけでなく、すでにレクサスや他のトヨタ車に採用されています。

具体的には、トヨタのノアヴォクシーに2014年から採用、現行のレクサス RXにも採用されています。
アルミテープをバンパーに貼ることで、直進安定性を高める効果が期待できるということです。

開発者が「オカルト的」と漏らしている割には、トヨタはアルミテープにかなりの自信を持っているといってよいでしょう。

アルミテープは本当に燃費向上に効果があるの?

アルミテープは本当に燃費向上に効果があるのでしょうか。

「放電用アルミテープ」により操縦安定性が向上すれば、アクセル操作を減らすことができ、燃費も改善されます。
また、静電気の放電により空力特性が改善されると、これも燃費の改善につながります。

科学的立証と効果検証がなければ、天下のトヨタ自動車が「放電用アルミテープ」採用するはずがありません。

アルミテープはコストも耐久性も良い!

そしてもっと驚くことに、トヨタ自動車のエンジニアが「コストが安く、そして耐久性もあるというのがアルミテープ採用の決め手」と話している通り、「放電用アルミテープ」は一般的に家庭で使われているものと全く同じテープです。

トヨタ自動車は世界的にも有名な「KAIZEN(改善)」活動を行うことで、量産車は1円でもコストを安くしたいと考えている企業です。
そのトヨタ自動車が風洞実験やコンピューターシミュレーション、また実走行での検証をした上で大真面目に採用した技術がこの「放電用アルミテープ」というわけです。

身近にあるもので車の性能を高めるという点においては、アルミテープは優秀なアイテムであると言えます。

TRDからGRロゴ入りアルミテープが販売中!


TRD GR ディスチャージテープ (GRロゴ入りアルミテープ) 小:4枚セット MS373-00002
材質:アルミニウム

サイズ:【大】W約100×H約55mm

【小】W約50×H約25mm

※車両搭載出荷(新車納車時の貼付ではなく、お客様自身での貼り付け)を前提としているため、標準取付時間を0.0hとしています。

参考価格: ¥ 4,968
(2019年05月29日現在)

Amazonで見る

家庭用アルミテープでも効果は十分ということですが、トヨタの公式カスタムブランド「TRD」からは、「GR」のロゴ入りアルミテープが販売中です。

見た目にこだわりたい方には、オプションで選べるこちらの「GRディスチャージテープ(GRロゴ入りアルミテープ)」もおすすめです。

アルミテープを信じるか信じないかはあなた次第!

今回のドライブはフロントとリヤのバンパーがアルミテープを貼って行きました。

既に貼られてるアルミテープのせいで追加で貼った分のアルミテープの効果はあまり感じられず。

長距離走るので燃費や乗り心地向上の為に貼る。 pic.twitter.com/eXDsqPkArM— ヒロシ (@purfia) 2016年11月3日

トヨタ自動車は、このアルミテープをバンパーの裏、プロントガラス下部、ステアリングコラムの下部などに貼ることで空力特性と操縦安定性の改善に効果があるとしています。

ホームセンターでも購入できるアルミテープに、このトヨタ自動車の最新技術と同じ体験ができるなら、試してみてもいい……という人もいるかもしれません。
気になった方は、ぜひ早速ホームセンターに行ってみてください。

自動車の豆知識や都市伝説に関するまとめ記事

ホットイナズマは本当に効果ある?効果や寿命と口コミから小型のポケットについても

【信じるかはあなた次第】噂?本当?自動車の知識にまつわる都市伝説5選

その発想はなかった…車のやばいセルフ修理&魔改造10選!これで本当に大丈夫?

トヨタの車種に関するおすすめの記事

トヨタの新型車・新車 モデルチェンジ全情報【2018年最新版】

レクサスの中古車人気おすすめランキングTOP10|最新の中古相場価格もご紹介

新型86スポーツワゴン!トヨタ86シューティングブレーク日本初公開!

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!