MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 車のサンルーフとは?純正採用車種が減った理由|後付けサンルーフの取り付け価格と方法も
役立つ情報

更新

車のサンルーフとは?純正採用車種が減った理由|後付けサンルーフの取り付け価格と方法も

サンルーフの種類や、メリット・デメリットを解説します。後付サンルーフを取付ける際の注意点や、取付け方法についても。サンルーフは査定額が上がる?後付サンルーフは車検に通る?どうしてサンルーフ付きの車は減った?などの疑問にもお答えします。

サンルーフとは?

サンルーフ
©Irina84/stock.adobe.com

自動車の屋根に装備される天窓のことをサンルーフと言います。一般的に開閉できる窓(屋根)を指し、 天窓の材質は強化樹脂プラスチックやガラスなど、メーカーや車種によって異なります。

ムーンルーフなど各メーカーごとに名称は異なる

「ムーンルーフ」という呼称も知られていますが、こちらはトヨタによって付けられた名前。基本的にはサンルーフと同じものを指します。各メーカーでサンルーフに独自の名前を付けていますが、トヨタの「ムーンルーフ」が最も有名なようです。

サンルーフの種類

スライディングサンルーフ

トヨタ カムリ(2017年モデル)のパノラマムーンルーフ
トヨタ カムリ(2017年モデル)のパノラマムーンルーフ

天窓部がスライドすることで、天井が大きく開くことになるサンルーフです。天窓部は屋根の上か、屋根と天井の間へスライドします。スライド式サンルーフとも呼ばれます。

チルトアップサンルーフ

天窓後方部が上に張り出すことで、採光・換気を行うサンルーフ。スライディングサンルーフよりも開口面積が小さいです。

チルトアップ&スライド式サンルーフ

シビックハッチバック(2019年モデル)のトップロードサンルーフ

後方のみのチルトアップと全体のスライド、どちらも可能なサンルーフです。開口部の大きさを調整できる特徴があります。現在の新車は、このタイプのサンルーフを採用する車種が多いです。

前後ツインタイプ

前後ツインタイプのサンルーフ
©Wilson. P/stock.adobe.com

サンルーフが前後2枚付いているタイプです。チルトアップ式とスライド式両方を採用することができます。ミニバンなど、屋根が大きく広いボディタイプの車に採用されます。

パノラマウインドウ

パノラマウィンドウは開閉できないことが多いですが、車の屋根にある窓であることから、サンルーフの一種といえます。周囲の高い建築物や眺めのよい自然を楽しむために、観光バスなどに採用されています。

サンルーフのメリット・デメリット

©moonship/stock.adobe.com

サンルーフのメリット

採光・換気ができる

屋根が開閉可能な窓となることで、真上からの採光・換気ができることはメリットといえます。特に車内喫煙の際は、外気導入にしてサンルーフを開ければ、適切に換気することができます。

また、サンルーフは欧州では大衆車にも広く普及していますが、これは冬季の日照時間が短く、適切な日光浴が難しいため。サンルーフにより昼間の移動時間も適切に日光を浴びることで、身体と精神の健康を保つ目的があったようです。

メーカーオプションの場合は査定額が上がることも

メーカー純正のサンルーフを装備している場合、付いていない同車に比べて買取査定額が上がる場合があります。査定時、純正サンルーフ付きは加点対象となるからです。

もともとサンルーフ装備車は車体本体価格が高額であることも関係しますが、中古車であってもサンルーフ付きの車は売れやすく、人気傾向にあります。

そもそもアメリカでは、サンルーフは本革シートと並んで高級車の必須装備品と考えられており、同様に日本でも「サンルーフ付きの車=高級車」というイメージがありました。

ただし、メーカー純正品ではなく、後付けのサンルーフの場合は査定額が下がってしまう場合があるため、注意が必要です。

サンルーフのデメリット

重いので燃費が悪化する

スチール製の屋根に比べると、サンルーフは天窓部分や電装部品などで重くなってしまいます。車重が増えることで燃費悪化に繋がるため、燃費のよさをセールスポイントとしている日本車では車種やグレードによっては採用が難しい場合があります。

屋根の断熱性が低くなる

スチール製の屋根に比べると、ガラスや樹脂の上にフード(サンシェード)を付けているサンルーフは断熱性が低くなります。夏は熱が、冬は冷気が入り込みやすくなるため、エアコンの効きが悪くなると言われています。

さらに、サンルーフは雨風の影響を受けやすいため、水や汚れを定期的に清掃し、スムーズな開閉や雨漏り、故障に気を配る必要があります。

車体本体価格が高くなる

サンルーフは通常の屋根にプラスした装備・仕様であるため、スチール製の屋根のみの車に比べて車体本体価格が高額です。車種にもよりますが、純正サンルーフをオプションで選択すると10万円ほど高くなります。

スポーツカーには不向き?

車重がかさむことや、高い位置に重い装備を付けるため走行安定性に影響が出るなど、サンルーフを装備している車はスポーツ走行を追求する人には好まれない特徴があります。もちろん、レーシングカーやラリーカーはサンルーフを採用していません。

しかし、メーカーも走行性能に悪影響の出ない素材や設計のサンルーフを開発を行っており、こうしたデメリットは徐々に解消されてきているといえます。

日本でサンルーフ付きの車が減った理由は「ダサいから」ではない?

©Artem/stock.adobe.com

日本でサンルーフ付きの車が減った理由は「ダサいから」ではありません。大きな要素として考えられるのは2点存在し、”メーカーによるコスト削減”と”特定のモデルに絞った展開”が挙げられるでしょう。

メーカーによるコスト削減のため

1980年代から1990年代の「デートカーブーム」や「バブル景気」、1990年代中盤からの「RVブーム」が立て続けに起きたのが、サンルーフ採用車種を増やした要因と考えられます。

ホンダ「プレリュード」や日産「シルビア」(S13型)の”デートカー”2ドアクーペは誰もが知るサンルーフ搭載車です。加えて、RVブームをけん引したホンダ「オデッセイ」(初代)にも”サンシャインルーフ”をオプション設定するなど、ジャンルを問わずにサンルーフが用意されていました。

しかし、いずれのブームも終了を迎え、景気が後退。日本の自動車業界はコストカットを余儀なくされたほか、コンパクトカーや環境重視のハイブリッドカーが普及した結果、サンルーフを装備設定した車種が”コストカット”の煽りで減っていったと考えられます。

特定のモデルに絞った展開のため

近年は、優れたスタイリングをもち、実用性のあるクロスオーバーSUVが普及しつつあります。クロスオーバーSUVの普及はアウトドアレジャー人気にも一役買い、キャンプ場へ出かけるユーザーが増えているのが実情です。

例えば、軽自動車ではありますが、ダイハツ「タフト」には標準装備で”スカイフィールトップ”と呼ばれるサンルーフを装着しています。キャンプでの車中泊で夜空を見上げたいときに役立つ便利アイテムで、車のジャンルと用途に見合った装備と考えられるでしょう。

ジャンルを絞り、特定のモデルにのみサンルーフを設定するのを進めることで、アイテムに対する”付加価値”や”希少価値”を高められているのではないでしょうか。

サンルーフ関連商品人気ランキング

第1位 サンルーフバイザー

日除け効果はもちろん、サンルーフを開けたときに入ってくる風の量を減らし、風の巻き込み防止があるアイテムです。車内を適度に換気しつつ、光や風の入り過ぎを防ぐことができます。

第2位 後付けサンルーフ

メーカー純正品ではなく、後付けタイプの社外品サンルーフです。取付可能車種やモデル、取り付け方法などを確認して購入しましょう。

第3位 ダミーサンルーフ

屋根にサンルーフ風のシートを貼ってカスタムするもの。ドレスアップ目的でサンルーフがほしいという人は、気軽に試すことができるアイテムです。

純正サンルーフ採用車種①国産ミニバン

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード S type gold(2022年)

トヨタの高級ミニバン「アルファード」は、メーカーオプションで「ツインムーンルーフ」が選択可能です。フロント用はチルト機能、リアは電動スライド機構となっており、挟み込み防止機能も付帯しています。

メーカーオプション価格は、12万1,000円(税込)。グレード「X」および「G」の”サイドリフトアップチルトシート装着車”以外すべてで装着が可能です。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア(2020年)

アルファードの兄弟車にあたるヴェルファイアも、メーカーオプションで「ツインムーンルーフ」が選択可能です。フロントにはチルト機能、リアには電動スライド機構が備わっている点はアルファードと共通しています。

メーカーオプション価格は、12万1,000円(税込)。グレード「X」および「G」の”サイドリフトアップチルトシート装着車”以外すべてで装着が可能です。

日産 エルグランド

日産 エルグランド(2021年)

日産の高級ミニバン「エルグランド」は、「ツインサンルーフ」の名称でメーカーオプションが用意されています。

フロント、リアともに電動チルトアップとスライド機構が備わっており、UVカット付プライバシーガラスが装着されているのが特徴です。

ツインルーフは、ノーマル仕様や「アーバンクロム」、「AUTECH」にはメーカーオプション設定(一部他のメーカーオプションとセット設定となっている)、リムジン仕様の「VIP」は特別標準装備となっています。

純正サンルーフ採用車種②国産セダン/ワゴン

日産 スカイライン

日産 スカイライン GT Type SP(2019年)

日本を代表するスポーツセダン「スカイライン」には、「電動ガラスサンルーフ」がメーカーオプション設定されています。

電動ガラスサンルーフの特徴は、簡単なボタン操作で開閉可能となっているのと、チルトアップ機構が備わっています。UVカットのプライバシーガラスとなっているのもプラス要素です。

MAZDA6

マツダ MAZDA6ワゴン(2020年)

マツダが取り揃えるラインナップではフラッグシップを担うセダン・ワゴンである「MAZDA6」。

メーカーオプションで「電動スライドガラスルーフ」が用意されています。ディーゼルエンジン・AT仕様の「XD L Package」のみに絞られており、オプション価格は8万8,000円(税込)です。

純正サンルーフ採用車種③国産SUV

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4(2020年)

トヨタのミドルサイズSUV「RAV4」には、メーカーオプション「パノラマムーンルーフ」が用意されています。

フロントはチルト機能、リアは電動スライド機構を採用。ガソリンエンジン、ハイブリッド仕様は「X」以外のグレード、プラグインハイブリッド仕様は全てのグレードで選択可能です。オプション価格は14万3,000円(税込)です。

トヨタ ハリアー

トヨタの都市系SUV「ハリアー」は、メーカーオプションで「調光パノラマルーフ」を用意しています。

電動式のシェードと挟み込み防止機能を付帯しており、安全にパノラマルーフを開閉できる仕組みです。

グレード「Z」(”Leather Package”含む)のみオプション設定されており、価格は19万8,000円(税込)となります。

マツダ CX-8

マツダ CX-8(2020年)

マツダの上級SUVとなる「CX-8」には、「電動スライドガラスサンルーフ」が標準装備もしくはメーカーオプションで設定されているのが特徴です。

グレード「25S」や「25T」、「XD」の”Exclusive Mode”では標準装備、ベース車両の「25S」「XD」以外のグレードでメーカーオプション設定となります。

メーカーオプションを装着するケースでの価格は8万8,000円(税込)です。

純正サンルーフ採用車種④国産コンパクトカー

トヨタ プリウス

トヨタ プリウス(2020年)

トヨタが送り出したハイブリッドカー第1号ともなった「プリウス」。4代目となる現行モデルには「チルト&スライド電動ムーンルーフ」がグレード「Aプレミアム」にのみ用意されています。

挟み込み防止機能付である反面、装着の際は「オーバーヘッドコンソール」が省かれるため注意しなければなりません。オプション価格は11万円(税込)です。

MAZDA3

マツダ MAZDA3 ファストバック(2019年)

4ドアセダンと5ドアファストバックのボディタイプを兼ね備える「MAZDA3」。両ボディタイプの「X L package」にチルトアップ機構付きの「電動スライドガラスサンルーフ」が用意されています。

オプション価格は8万8,000円(税込)です。

純正サンルーフ採用車種⑤軽自動車

ダイハツ タフト

ダイハツ タフト(2020年)

軽自動車のジャンルでサンルーフを標準装備とした車が、ダイハツ「タフト」です。

全席に頭上から日光や青空の輝きが差し込む「スカイフィールトップ」をグレード問わず標準装着。アウトドアやドライブで活躍するアイテムです。

サンルーフつきの車はいらない?買って後悔したケースはある?

@scottchan/stock.adobe.com

サンルーフを装着して後悔したケースを、インターネット上の口コミ・評判を参考としつつ解説します。

口コミ・評判でサンルーフに対する後悔を示していたポイントは次の3点です。

  • 直射日光がまぶしくて、暑い
  • シェードの開け閉めが面倒
  • 高速道路などで走ると風切り音がうるさい

1つ目の理由が、直射日光によるまぶしさと車内の暑さに繋がる点です。

夏の暑い時期に差し掛かると晴れの日は太陽がのぼる時間帯が増えるため、車内の気温も同じく上昇します。もし、サンルーフから日光が差し込めば車内の温度上昇に繋がるでしょう。温度調節でエアコンの風量・温度を変えようものなら燃費悪化にも繋がりかねません。

また、革で作られたレザーシートは、直射日光に晒し続けると劣化を早める可能性も指摘されています。愛車を購入した段階のパーツで長く乗り続けたい人なら、サンルーフはおすすめできないアイテムです。

2つ目の理由となる「シェードの開け閉めが面倒」ですが、1つ目の理由となる直射日光とも関連します。

サンルーフ装着車には、サンルーフ非装着車と同様に直射日光を避けられるよう、シェード(直射日光を避けるための傘)が合わせてついてくるのが特徴です。サンシェードを開け閉めする前に、シェードの開け閉めをしなければ外からの外気・日光を車内へ取り入れられないようになっています。

シェードは手動、もしくは電動式となっていますが、手動では運転中に素早くサンルーフを使うのが難しく、電動式ではサンルーフの開け閉めまでに数十秒を要するため効率がよいとは言い難いです。様々な要素が絡んだ結果、サンルーフは”無用の長物”となる可能性が考えられるでしょう。

3つ目の理由は、高速道路などでスピードを出して車を走らせていると風切り音がうるさい点です。

一般道の法定速度であれば、サンルーフを開けた状態の走行で風切り音は気にならないでしょう。しかし、高速道路でサンルーフを開けて車を走らせていると、風切り音が車内に入ってくるのに対して不快感を覚える人も少なくないようです。

上記3つの理由は、いずれもサンルーフに対して大まかな使用用途しか考えなかったのも後悔に繋がっているとも考えられます。サンルーフ装着車を選ぶ際は、明確な使い道(例:車中泊の機会が多くて夜空を眺める機会がある)があると、後悔する可能性を少しでも減らせそうです。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード