MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > 車用ルーフテント人気おすすめランキング|人数別の選び方と注意点【2020年最新情報】
カー用品

更新

車用ルーフテント人気おすすめランキング|人数別の選び方と注意点【2020年最新情報】

ルーフテント
©chartphoto/stock.adobe.com

ルーフテントのメリット

キャンピングカーよりもコスパがよく、普通のテントより快適!

ルーフテントは車上に設置するテントで、愛車を小さなキャンピングカーに変身させるアイテムです。キャンピングカーのおよそ10分の1以下の値段で購入でき、簡単に寝室部分を作ることができます。

ルーフキャリアさえあれば簡単に設置できる

ルーフキャリアは車の屋根を積載スペースに使える便利な装備です。ルーフテントはルーフキャリアの上に設置するのが一般的です。

ルーフキャリアを安全に使うためには、車種や荷物によって適切なアイテムを選択する必要があるので事前に確認しておきましょう。

災害時の簡易宿泊用にもおすすめ

災害が起きてしまうと、状況によっては自宅以外の場所への避難が必要になることもあります。そのような非常時にも、簡易宿泊用としてルーフテントが活躍します。避難施設と違って、ルーフテントならプライバシーを保護することができ、ノーストレスで個人空間を作ることができます。

ルーフテントを使う際の注意点

気候の影響を受けやすいので、雨風に注意

ルーフテントはあくまでテントのため、車内よりは外の気候の影響を受けやすくなります。多少の雨ならともかく、風が強い時などは危険です。

また、車内とテント内を行き来するには外のハシゴを利用しなければならないので、雨天時には足が滑らないようになどの注意が必要です。

車高が高くなる

車上にルーフキャリアを設置し、折りたたんだテントを載せた場合、車高は30cm~40cmほど高くなります。

高さ制限のある駐車場、洗車機などに入れなくなる場合もあるので、取り付けた後の合計の高さは計算しておきましょう。

車重が重くなる

ルーフテントを取り付けると、車の重量が増し重心が高くなるので、コーナーやブレーキに影響が出てきます。ルーフテント設置後には、運転の影響を把握するためにもテストドライブをしておきましょう。

ルーフテントの種類と選び方

ソロキャンプならシェル型がおすすめ!設置簡単

シェル型は、1人で使うにはちょうどいい広さと、ワンタッチで開閉できる手軽さが魅力です。他のタイプより価格もリーズナブルなので、手軽にルーフテントを楽しみたいという方におすすめです。

寝転んで休憩するならタワー型。子供の宿泊にもおすすめ

タワー型は、4つの柱が屋根を支える、長方形型のルーフテントです。ある程度広さがあり、サイズによっては家族4人で川の字に寝ることもできます。休憩スペースや荷物置きとして使いやすい店も魅力です。

組み立ては、全自動タイプやダンパー式、手動でハンドルを回すタイプなどがあり、どれも簡単に組み立てられます。

家族で宿泊するならテント型。全自動が便利

テント型は、通常のテントがそのまま車の屋根に乗ったような形で、他のタイプに比べて圧倒的に広いのが魅力です。家族で本格的にキャンプを楽しみたいという方にぴったりです。

テント型は組み立てが大変なので、多少値段が高くなっても全自動組み立てタイプを選ぶことをおすすめします。

耐水性は1500mm以上あると安心

一般的に、耐水圧1500mmで強い雨にも対応できるとされています。ただ、長く使用すると耐水コーティングが劣化するので、耐水圧については1500mm以上を目安にしておくと安心です。

シェル型ルーフテント人気おすすめランキング

第1位:CampGear ルーフテント

シェル型なのに横から開くユニークな仕組みのルーフテントです。この仕組のおかげで、設営が簡単になり、4人まで泊まれる広さを実現しています。収納時の形状は、空気力学に基づいた流線型なので、車両の走行のパフォーマンスが落ちる心配は不要です。

第2位:YANYUN 2層式油圧テント

防水性と破れ性、リップストップ、砂防、UV耐性、耐久性に優れたルーフテントです。蚊対策の透明デザインなので通気性に優れています。内側に収納ポケットが付いています。

第3位:POBD ルーフテント

日差しを遮る銀コーティング生地を採用したルーフテントです。閉じた後の車の全高は約30cmなので通行性に影響せず安心して運転可能です。

タワー型ルーフテント人気おすすめランキング

第1位:Hewflit ルーフテント

居住性能の高いタワー型のルーフテントです。油圧昇降式でテントをスムーズに展開、収納もしやすいです。ベルトバックルでテントを固定でき、屋根は流線形の形状をしているので安心して運転可能。PU2000の防水性能つきです。

第2位:YANYUN ルーフテント

100%防水性を確保するためにPUでコーティングされたルーフテントです。メッシュの窓とドアは通気性や外部の視認性と眺望に優れ、虫除けのための蚊帳を提供してくれます。

第3位:LLSS ルーフテント

内蔵の厚みのある快適なスポンジマットレスや、ジッパー式蚊帳、通気性のある防蚊を備えたルーフテントです。車のルーフクロスロッドを備えた車両に適合し、大人2〜3人分のスペースがあります。

テント型ルーフテント人気おすすめランキング

第1位:Smittybilt ルーフトップテント

大人2人には充分のスペースが確保されたサンルーフ付きルーフテントです。フラットタイプのルーフラックがついていれば、どの車両にも取付けが可能。ハシゴ延長キットは別売りです。

第2位:YAKIMA スカイライズHD

YAKIMA 正規品 スカイライズHD Sサイズ ルーフトップテント

YAKIMA 正規品 スカイライズHD Sサイズ ルーフトップテント

267,000円(02/23 20:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

天窓付きで星空を眺めることができるルーフテントです。防水対策として、防水カバーに3000mmのPUコーティングが施してあるため雨天時にも安心して使用できます。厚さ6cmの洗濯可能なフォームマットレスや鍵(SKSロック)などもついています。

第3位:Qnlly ルーフテント

二重ステッチで破れにくい生地が特徴のルーフテント。快適で広々としたリビングエリアとギア用の十分な収納スペースが確保。内部フレームは完全にラップされ、あらゆる環境に耐えるようにデザインされています。

ルーフテントの購入前に確認したいこと

A

ルーフテント購入時の注意点は?

A,ルーフテントを設置すると車高や車重が変化し、運転に影響を与えます。購入時には、設置後の高さや重さの変化を確認しておくことをおすすめします。

A

ルーフテントの種類は?

A,ルーフテントには、大きく分けて「シェル型」「タワー型」「テント型」の3種類あり、主な違いはテントの広さです。人数や広さによってルーフテントを選ぶようにしましょう。

A

ルーフテント購入時のおすすめは?

A,雨や風に強い造りのルーフテントがおすすめです。耐水性が1500mm以上ある商品が安心。

執筆者プロフィール
MOBY編集部 カー用品チーム
MOBY編集部 カー用品チーム

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事