MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 道交法・交通事故 > 【通行帯違反】一般道でも高速でも追い越し車線は●キロしか走ってはダメ?反則金や違反点数も
道交法・交通事故

更新

【通行帯違反】一般道でも高速でも追い越し車線は●キロしか走ってはダメ?反則金や違反点数も

通行帯違反とは理由なく追い越し車線を走り続けること

片側2車線の高速道路
©Denis Rozhnovsky/stock.adobe.com

画像のような片側2車線以上の道路においては、一番右側の車線が「追い越し車線」と呼ばれます。

追い越し車線は道路交通法第20条に定める車両通行帯の一種です。同法には追い越し車線という表現はありません。片側2車線以上ある道路において車線を分けている白線(破線・実線)や黄色線で区切られた道路部分が「車両通行帯」と呼ばれています。

追い越し車線は法定速度内で他の車を追い越すためや、右折のため、またやむを得ない道路事情がある場合を除いて、走行し続けることはできません。追い越し行為が終わったら速やかに左側の走行車線に戻らなければ「通行帯違反」という交通違反となってしまいます。

高速道路だけでなく一般道路でも適用されるので注意

追い越し車線を走行し続けると通行帯違反になるというのは、実は高速道路だけではなく、一般道路の場合でも適用されるということはあまり知られていないようです。

ただし、一般道路が片側2車線以上あっても、その都道府県等の公安委員会によって車両通行帯の指定がされていなければその限りではなく、違反は適用されません。またその一般道路が車両通行帯の指定をされているかどうかの判別は外見からはできません。

「通行区分違反」とは全く違うので注意

通行区分違反
©Hassyoudo/stock.adobe.com

通行帯違反と似たような名前で「通行区分違反」があります。しかし、内容は全く異なるものです。

「進行方向別通行区分」の道路標示等がある場合、車両が交差点において直進、左折または右折するとき、その区分に従ってあらかじめ指定された車両通行帯を通行しなければならないという規則になります。(道路交通法35条)

車両(軽車両及び右折につき原動機付自転車が前条第五項本文の規定によることとされる交差点において左折又は右折をする原動機付自転車を除く。)は、車両通行帯の設けられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているときは、前条第一項、第二項及び第四項の規定にかかわらず、当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行しなければならない。ただし、第四十条の規定に従うため、又は道路の損壊、道路工事その他の障害のためやむを得ないときは、この限りでない。

道路交通法 第35条

一旦、右折をしてどこかでUターンをするか、迂回して目的の道路に戻るようにしましょう。

通行帯違反になる距離は何キロから?

追い越し車線を何キロ走行したら通行帯違反になるのか?気になる方もいるかもしれません。しかし、追い越し車線をどのくらいの距離や時間続けて走ると違反になるかという基準は存在しません。

「2キロから違反」と教習所で習ったという人もいるようですが、通行帯違反で切符を切られた人の声をインターネット掲示板などで調査してみたところ、「1.5キロと書かれていた」「2キロじゃなかったのか」などが相次いで見つかりました。

2キロ神話はすでに過去のもので、現在は1.5キロでも違反となるケースがあると考えましょう。100km/hで走行していた場合、秒速は約27.7mですから、約1分で1.5キロ(1,500m)走ったことになります。(ちなみに2キロの場合は約70秒)

わずか60~70秒、追い越し車線を走って違反になってしまいますので、やはり追い越したら早めに走行車線に戻るようにしましょう。

通行帯違反の反則金(罰金)と点数は?

©sharaku1216/stock.adobe.com

通行帯違反で検挙された場合、運転していた車両によって反則金は次のようになります。

大型車は7,000円、普通車(軽自動車、ミニカーを含む)や二輪車(大型・普通)は6,000円、小型特殊車(農作業用など)、原付は5,000円となっています。また違反点数は一律1点です。

反則金と罰金は混同されがちですが意味合いが違いますので、詳細はリンク先の記事でご確認ください

走行車線を走り続けて追いつかれた車も違反すると罰金・点数が

罰金
©sharaku1216/stock.adobe.com

2017年に東名高速で煽り運転を原因とする死亡事故があって以来、煽り運転の取り締まりが厳しくなり、追い越し行為でのルールへの関心も高まってきています。

道路交通法第27条には「追いつかれた車両の義務」について、次のように簡潔に表現されています。義務違反はいずれも通行帯違反と同様の反則金と減点となります。

その道路の最高速度の範囲内で後方の車に追いつかれた場合、追いついた車が追い越しを完了するまで速度を上げてはいけない。そして一車線しかない道路でも左端に寄って進路を譲る義務がある。

出典:道路交通法第27条

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事