MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > 【初心者マークは付けないと違反!】どこに貼る?位置は?いつまでが義務?
道交法・交通事故

更新

【初心者マークは付けないと違反!】どこに貼る?位置は?いつまでが義務?

初心者マークとは?

©R-DESIGN/stock.adobe.com

初心者マークはは、運転免許を取得したばかりの人が一定期間自動車へ貼る必要がある標識の一種です。初心者マークや若葉マークという呼び名が一般的ですが、正式名称は「初心運転者標識」になります。

初心運転者標識等について、道路交通法第71条の5第2項(初心運転者標識等の表示義務)に記載されています。内容は以下の通りです。

自動車では普通自動車免許と準中型自動車免許が対象になること、そしてバイクや原付には言及されていないことがわかります。

第八十四条第三項の準中型自動車免許又は普通自動車免許を受けた者で、当該準中型自動車免許又は普通自動車免許を受けていた期間(当該免許の効力が停止されていた期間を除く。)が通算して一年に達しないもの(当該免許を受けた日前六月以内に準中型自動車免許又は普通自動車免許を受けていたことがある者、現に受けている準中型自動車免許又は普通自動車免許を受けた日以後に当該免許に係る上位免許(第八十五条第二項の規定により一の種類の運転免許について同条第一項の表の区分に従い運転することができる自動車等(以下「免許自動車等」という。)を運転することができる他の種類の運転免許(第八十四条第二項の仮運転免許を除く。)をいう。第百条の二第一項第一号及び第三号において同じ。)を受けた者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けないで普通自動車を運転してはならない。

道路交通法第71条の5第2項(初心運転者標識等の表示義務)

初心者マークのデザインの由来は何?

初心者マークが「若葉マーク」と呼ばれたり、旧型デザインの頃の高齢者マークが「紅葉マーク」と呼ばれていたことを踏まえると、これらが緑の葉(=まだ若い)と紅葉(=枯葉になる一歩手前)に着想を得たものであるのは明らかです。

それゆえに紅葉マークと呼ばれていた高齢者マークに苦情が入り、クローバータイプへ変更されたのでしょう。

初心者マークはどこに貼ればいい?

貼り付ける位置には条件があり、道路交通法施行規則第9条の6(初心運転者標識等の表示)において次のように定められています。初心者マークは地上から40〜120センチの間で見やすい位置に表示しなければなりません。

第九条の六 法第七十一条の五第一項から第四項まで及び第七十一条の六第一項から第三項までに規定する標識は、地上〇・四メートル以上一・二メートル以下の位置に前方又は後方から見やすいように表示するものとする。

道路交通法施行規則第9条の6(初心運転者標識等の表示)

「前方または後方から見やすいように」とあるので前か後ろのどちらかに貼れば良いと解釈できますが、実際には前後両方に初心者マークを貼るのが世間では一般的。確かに前後どちらでも確認できるほうが確認するには合理的です。

フロントガラスに初心者マークを貼ってもいい?

©Aleksandr Kondratov /stock.adobe.com

フロントガラスに初心者マークを貼ることはおすすめできません。道路運送車両法の保安基準第29条(窓ガラス)で、窓ガラスに装着できるものが定められているからです。

前項に規定する窓ガラスには、次に掲げるもの以外のものが装着され、貼り付けられ、 塗装され、又は刻印されていてはならない。

一 整備命令標章
一の二 臨時検査合格標章
二 検査標章
二の二 保安基準適合標章(中央点線のところから二つ折りとしたものに限る。)
三 自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)第9条の2第1項(同法第9条の4において準用する場合を含む。)又は第10条の2第1項の保険標章、共済標章又は保険・共済除外標章
四 道路交通法第63条第4項の標章
五 削除
六 前各号に掲げるもののほか、運転者の視野の確保に支障がないものとして告示で定めるもの
七 前各号に掲げるもののほか、国土交通大臣又は地方運輸局長が指定したもの

道路運送車両法の保安基準第29条

第6項にある「運転者の視野の確保に支障がないものとして告示で定めるもの」は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の第117条(窓ガラス)で説明されています。

ETC機器や VICS・カーナビ・テレビなどのアンテナ 、ドライブレコーダー、車間距離測定センサーなどが該当し、初心者マークは含まれていません。細かな条件を満たせば貼ることもできそうですが、大事をとってフロントガラスではなく車体へ貼っておくのが無難です。

初心者マークはいつまで貼ればいい?

法律では免許取得から1年の間は初心者マークを貼らなければならないと定められています。先に紹介した道路交通法第71条の5項の2号にある通りです。

またこの法令には「当該免許の効力が停止されていた期間を除く」とも記述されています。そのため、免許取得から1年以内に免停となった場合には初心者マークを貼らなければならない期間が延長されます。具体的には「1年間+免停の期間分」です。

初心者マークを貼らずに運転すると違反になる?

©あんころもち(ankomando)/stock.adobe.com

免許取得から1年を経過しない者が初心者マークを運転車両に貼ることは道路交通法で定められていることですから、これをしなかった場合には道路交通法違反となります。該当する違反行為の種別は「初心運転者標識表示義務違反」です。この違反で検挙された場合、違反点数1点が累積されると同時に反則金4,000円を課されます。

しかし冷静に考えて、初心運転者標識表示義務違反だけで検挙される可能性は低いです。免許を見なければ免許取得から1年未満かどうかわからないからです。

初心運転者標識表示義務違反で検挙される可能性として考えられるのは、別の道路交通法違反で検挙された時でしょう。免許証に取得時が書かれているので、その時に初心者マークを貼っていなければそれが判明します。違反のダブルパンチです。

ちなみに高齢者マークは努力義務

道路交通法第71条の5第3項では、「75歳以上の運転手は内閣府令が定める様式の標識を前後に貼らずに運転してはならない」「4号では70歳以上75歳未満の人で身体の機能低下によって運転に支障をきたす場合にも同様に内閣府令で定められた様式の標識を貼らなければならない」ということ、が説明されています。これらの標識がいわゆる高齢者マークです。

ただし2021年8月現在これらについて、3号については、同法第22条(高齢運転者標識表示義務に関する当面の措置)で当面の間は適用しないとされている他、第4号が適応されるのは70歳以上と変更されています。

さらに、4号については「努めなければならない」との旨が記載されていることからわかる通り、高齢者マークを貼ることは義務化されていません。あくまでも努力義務です。この点は、貼り付けが義務化されている初心者マークと異なる点です。

初心運転者期間制度に違反するとどうなる?

©yamasan/stock.adobe.com

免許取得から1年を経過していない運転手(初心運転者)は、初心運転者期間制度の対象となっています。この対象となる免許区分は、準中型・普通・大型二輪・普通二輪・原付の5つです。

しかし、初心者マークの貼り忘れで3回検挙される(2回以上の違反で違反点数3点累積される)と、この制度が定める講習を有料で受けることとなります。無視しても構いませんが、免許維持に関わる再試験となるため難易度は高めです。

違反を重ねると「初心運転者講習」を受講することに……

初心運転者期間中、つまり免許取得から1年以内に違反点数を3点以上累積された運転手が初心運転者講習へ「招待」されます。1回目の交通違反で3点累積された場合には4点以上の累積で講習対象者となる仕組みです。

該当者になると、公安委員会から初心運転者交通通知書が送られてきます。通知書には受講日と受講場所が記載されています(受講日の変更は可能)。

初心運転者講習は免許ごとに講習費用が異なる

初心運転者講習は有料の講習となっています。費用は免許種別で異なっていて、まとめると以下の通りです。5つの種別の中で意外にも普通自動車免許の受講費用は安いことがわかります。

免許種別費用
普通15,250円
準中型15,950円
大型二輪19,800円
普通二輪18,750円
原付10,700円

講習の内容には学科や適性検査、コース内・路上での実技などが含まれています。講習の時間数は、原付免許では4時間、それ以外の免許種別では7時間です。

初心運転者講習を受講しないと再試験の必要あり

©キャプテンフック/stock.adobe.com

初心運転者講習を受講しなかった場合に残される選択肢は2つで、1つは免許の再試験を受けて合格することで免許を維持すること、もう1つは免許が取り消されることです。再試験は学科試験と技能試験のセットで、原付免許に限り学科試験単体となっています。

再試験すらも受けなかった場合にはそのまま免許取消となります。つまりここで強調したいことは、初心運転者講習を受講し損ねると免許が取り消される可能性が発生するということです。初心者ドライバーは、粗相で違反点数累積3点になったら何がなんでも講習を受講しましょう。

初心者マークの種類と選び方

大きく分けると3種類

デザインは共通していながらも、仕様の異なる初心者マークがいくつか存在しています。まとめると以下の通りです。

種類メリットデメリット
マグネットタイプ金属部分に貼れるはがしやすい風で飛んでいく可能性ありアルミボディの車体に貼れない
吸盤タイプ金属・非金属ボディどちらにも取り付けられる吸盤劣化の可能性あり風で飛んでいく可能性あり
ステッカー(糊)タイプシールで貼り付けるため外れて飛んでいく心配がほぼない実質貼りっぱなし塗装が痛む剥がす時に糊が残る貼り直しが難しい

一般的なマグネットタイプの初心者マーク

最も一般的な初心者マークがマグネットタイプです。磁石で貼り付くため、車に後が残りません。ただ、長期間つけっぱなしにしていると日焼けで跡が付く可能性があるのでこまめに貼り付け位置を変えるとよいでしょう。

反射機能がついていると夜間でも周りの車に認知してもらいやすいのでおすすめです。

ステッカータイプ(貼付けタイプ)

マグネットタイプの初心者マークが付けられるのはボンネットや車体が鉄板の場合のみです。特に外車に多く採用されているアルミボディのように、マグネットタイプが付かない場合はステッカータイプや吸盤タイプのものを使用しましょう。

粘着力が強いものは場合によっては剥がすときに糊が残ってしまう可能性があります。リタックタイプと呼ばれるものは粘着力が弱いため跡が残りにくく、何度でも付け替えられるのがメリットですが、風や熱で取れることがあるのでこまめに買い換える必要があります。

吸盤タイプ

吸盤タイプは主にリアガラスの隅に貼ります。フロントガラスに貼ってしまうと、運転者の視野に支障をきたすものとして前述の法律(道路運送車両法の保安基準 第29条)に抵触する可能性があります。フロントガラスとリアガラスで使い分けが必要です。

初心者マークの価格は200円~800円くらい

初心者マークの価格は200〜800円くらいです。1枚売りの場合と2枚売りの場合がありますので、購入時に枚数確認をするようにしましょう。

初心者ドライバーはまず1年無事故・無違反で過ごせるようにしよう

1年間初心者マークを貼って運転することが義務化されていたり、違反点数の累積で初心運転者講習を受講する必要が出てくるなど、他のドライバーと比べて初心者ドライバーは少し特殊な立場にあります。

免許を取得して1年間は標識を必ず装着して、交通違反や交通事故を起こさず無事過ごせるように気をつけましょう。

障害者マークとは?

運転免許証の更新ノウハウ!

【ながら運転違反】事故件数の増加が罰則強化に影響を

執筆者プロフィール
中華鍋振る人
中華鍋振る人
自動車とバイクに関連する記事を書いています。モータースポーツは観戦よりも参戦派。道交法や違反に関する情報を、法律に詳しくない人にもわかりやすく解説しています。
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード