MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > 放置車両へ貼られる確認標章とは?撤去から罰金や確認機関まで総まとめ
道交法・交通事故

更新

放置車両へ貼られる確認標章とは?撤去から罰金や確認機関まで総まとめ

放置車両に貼られる確認標章とは?

駐車禁止・駐車違反01

確認標章とは、放置車両違反車のフロントガラスに貼られる黄色い紙のことです。

確認標章には違反車両のナンバーや証票番号、日時や場所などの違反状況が印字されています。カメラで違反車両を撮影したのち、専用端末を使って必要事項を印字しています。

確認標章が貼られた車を運転する場合、確認標章を剥がして運転しますが、車の使用者・運転者・管理責任者以外が剥がすことは認められていません。

罰金や撤去など、放置車両に関わる手続きについて解説します。

駐車違反について詳しくはこちら

駐車違反はカッコ悪い!駐車禁止の標識や場所、点数・罰金・反則金・弁明書を総復習!

放置駐車違反と駐停車違反の違いってなに?

駐車違反

放置駐車違反車とは、違法と認められる場所に駐められており、運転者が車から離れていてすぐに車を移動させられない状態にある車のことです。このとき、車の停止時間や車から離れた距離、エンジンをかけているか止めているか、ハザードランプ点灯の有無は関係ありません。

駐停車違反車とは、違法と認められる場所に駐められており、運転者が車のそばにいてすぐに車を移動させられる状態にある車のことです。

よって、放置駐車違反と駐停車違反の違いは「違反車両の運転者を確認できるかできないか」という点です。

駐停車違反についてはこちら

駐車違反はカッコ悪い!駐車禁止の標識や場所、点数・罰金・反則金・弁明書を総復習!

【道路交通法】駐車禁止標識の範囲はどこまで?画像で詳しく解説

確認標章が貼られた放置車両は撤去されるの!?

レッカー車は車のトラブルの強い味方!

放置車両の撤去は基本的にはされません。違反車両がたとえ私有地にあったとしても、車の所有者の承諾がなければ撤去できないという法律があります。放置車両を撤去するには、まず車の所有者を探し、任意撤去を促します。それでも放置される場合は、訴訟を起こし裁判となります。

しかし、放置車両によって危険が伴う場合や円滑に交通できない場合は、警察官がレッカーで移動させることができます。レッカー移動された場合、移動にかかった費用は違反者や車の所有者が負担します。

レッカー移動の費用に関する記事はこちら

駐車禁止違反でレッカー移動された時は料金を払う必要がある?保管費用や対応についても

意外と高い!確認標章が貼られた放置車両の罰金

給料 財布 価格 お金 費用 税金
駐停車禁止場所等  大型車:25,000円
普通車:18,000円
二輪車:10,000円
駐車禁止場所等大型車:21,000円
普通車:15,000円
二輪車:9,000円

確認標章が貼られた放置車両の罰金は「駐停車禁止場所」「駐車禁止場所」によって上表のように異なります。

また、「高齢者等制限区間(妊婦や高齢者の専用区間)」に一般車両が駐車した場合は、上記の金額に2,000円プラスされます。

罰金は、違反日から約1周間前後で送付される「放置駐車違反金納付書」で支払います。郵送手数料の数百円が上乗せされて請求されるので、速やかに支払いましょう。

罰金を支払わなかった場合は運輸局に通報され、次回の車検が受けられない状態となります。車検が受けられないということは、その車で公道を走れなくなります。車を売却しても、納付を逃れることはできません。

また違反金は、年利14.5%で延滞金が加算されていきます。督促状が来ても支払われない場合は、差し押さえ対象となるので必ず払うようにしてください。

交通違反の罰金に関する記事はこちら

交通違反 点数と罰金・反則金一覧まとめ!違反名の解説付き

放置車両の確認機関はどこ?民間企業も取り締まります!

兵庫県警警察官

放置車両の取り締まりは、警察官のほかに民間監視員もおこなっています。民間監視員は、警察署長が公示している取り締まりガイドラインに沿って監視活動をおこない「みなし公務員」として扱われています。確認標章を警察が貼っても、民間監視員が貼っても効力に変わりはなく、違反金も同じです。

放置車両違反を繰り返すと車に乗れなくなる!?

運転免許証

基本的に放置車両違反を犯しても、後日納付される「放置駐車違反金納付書」で違反金を支払えば免許点数の減点はなく、累積点数の影響で免許停止になることはありません。
しかし短期間で放置車両違反を複数回犯すと、車の「使用制限命令」を受けることになります。

使用制限までの納付命令の回数(表1)

前歴の回数  納付命令の回数  
なし3回
1回2回
2回以上1回

車種別使用制限期間(表2)

車両の種類 最大期間
大型自動車・中型自動車
大型特殊自動車・重被けん引車
3ヶ月
普通自動車(軽自動車を含む)2ヶ月
大型自動二輪車・普通自動二輪車
小型特殊自動車・原動機付自転車
1ヶ月

違反日を起算日として、過去6ヶ月以内に使用制限を受けた前歴の回数(表1)に応じた期間(表2)の範囲内で車の使用を制限されます。

放置車両違反は違反金や使用制限命令が出されるなど自分が困るだけでなく、交通の妨げになり他人にも迷惑をかける行為となりますので、ルールを守った場所に車を駐車してください。

駐車違反に関する記事はこちら

駐車違反・路上駐車に困った時の通報の方法や通報先まとめ!

ほかの交通違反についてはこちら

片手運転も安全運転義務違反に該当するって本当?反則金や違反種類についても

スピード違反は◯キロで一発免停!反則金・罰金相場は?80キロ超は逮捕も?

後部座席のシートベルトは義務!しなかったらどうなる?違反点数・罰金や例外についても

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!