MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > 【道路交通法】駐車禁止標識の範囲はどこまで?画像で詳しく解説
道交法・交通事故

更新

【道路交通法】駐車禁止標識の範囲はどこまで?画像で詳しく解説

きちんと押さえておきたい駐車禁止 標識の見方

© MOBY

駐車禁止標識がもつおおむねの意味は、多くの方がご存知のはず。他方、標識の有効範囲となると、詳しく知っている方は意外と少ないものです。

駐車禁止 標識の範囲を把握していないと、駐車違反で取り締りを受ける可能性があります。また、駐車した車が交通の妨げとなり、多数の方に迷惑をかけてしまうかもしれません。

交通標識についての理解を深めることは、ドライバーの義務といえます。駐車禁止 標識の効果がおよぶ範囲や標識の見方などを、詳しく見ていきましょう。

駐車禁止 標識の基本を画像で確認

駐車禁止 速度制限 標識

車の駐車を禁止する標識には、「駐車禁止」と「駐停車禁止」の2種類があります。ごく基本的なことですが、2つの標識の見分け方と、標識が示す意味を確認しておきましょう。

駐車禁止の標識

駐停車禁止の標識

駐停車禁止 標識

青地に斜線が1本入っている標識が駐車禁止標識、同じく青地に交差する2本の斜線が入っている標識が駐停車禁止標識です。

駐車禁止標識が立っている道路では、車両を駐車できません。駐車とは、なんらかの理由で車両が継続的に停止することを指します。5分以内の荷物の積み卸しや人の乗り降りであれば、駐車とは見なされません。ただし、5分以内であっても、ドライバーが直ちに車両を運転できない状態にある場合は駐車と見なされます。

駐停車禁止標識が立っている道路では、車両の駐車および停車ができません。停車とは、車両を停止させる行為のうち、駐車以外のものを指します。停車が禁止されている道路では、5分以内に済む人の乗り降りのためであっても、車を停止させることができません。

駐車禁止違反の罰則

駐車禁止や駐停車禁止で取り締りを受けると、罰則が科せられます。罰則の内容は、違反点数の減点と反則金の徴収です。減点される点数および反則金の額は、取り締りを受けた時点でのドライバーの状態によって変わります。まず、車をすぐに運転して動かせる状態で取り締りを受けた場合の罰則を見てみましょう。

・駐車禁止場所に駐車した場合・・・違反点数=1点 / 反則金=10,000円
・駐停車禁止場所に駐停車した場合・・・違反点数=2点 / 反則金=12,000円

車をすぐに運転して動かせない状態で取り締りを受けた場合は、車両の放置と見なされて上記よりも厳しい罰則が課されます。

・駐車禁止場所に駐車した場合・・・違反点数=2点 / 反則金=15,000円
・駐停車禁止場所に駐停車した場合・・・違反点数=3点 / 反則金=18,000円

なお、エンジンをかけていたり、ハザードランプをつけていたりしても、ドライバーが車を離れていると車両の放置と見なされます。ちょっとした買い物で店舗に入るような場合でも、駐車禁止の場所に車を放置しないようにしてください。

駐車禁止の罰則についてこちらの記事もご覧ください

駐車違反はカッコ悪い!駐車禁止の標識や場所、点数・罰金・反則金・弁明書を総復習!

駐車禁止の範囲は補助標識でチェック

駐車禁止標識の効力がおよぶ範囲は、「補助標識」で確認できる場合があります。補助標識とは、メインの標識(=本標識)の内容を補足するための標識です。

駐車禁止の範囲を示す補助標識には、矢印が描かれたものと、文字が書かれたものの2種類があります。まず、矢印が描かれたタイプのものを、画像でチェックしてみましょう。

区域の始まりを示す補助標識がついた標識

区域の終わりを示す補助標識がついた標識

上の画像の補助標識は、駐車禁止区域の始まりを示しています。下の画像の補助標識が示しているのは、駐車禁止区域の終了地点です。上記のほか、矢印タイプの補助標識には、その地点が駐車禁止区域内であることを示すものもあります。

以上の矢印によって示された範囲内では、車両を駐車することができません。続いて、文字で範囲を示すタイプの補助標識をチェックしてみましょう。

文字で表示される補助標識には、ひらがなで「ここから」「ここまで」と表記されたものや、「区域ここから」「区域ここまで」と表記されたものがあります。また、駐車禁止区域内は、「区域内」の補助標識で示されます。

駐車禁止区域の始点あるいは区域内を示す標識を見かけたら、区域の終点を示す標識が現れるまでは路上駐車ができないと思ってください。

補助標識がない標識の範囲は?

駐車禁止標識には、補助標識をもたないものも少なくありません。こうした標識を見て、「どこまでが駐車禁止の範囲なのかわからない」と、困惑する方も多いことでしょう。

結論からいうと、補助標識のない駐車禁止 標識の効力は、その標識がある区間もしくは区域全体におよびます。標識の周囲だけが駐車禁止というわけではありませんし、交差点によって標識の効力が消えることもありません。

また、標識の裏側しか見えない(=標識の内容がわからない)位置であれば駐車できる、といったルールは存在しないのでご注意ください。補助標識のない駐車禁止標識の効力は、基本的に区間の終わりを示す補助標識が現れるまで続きます。かなり広い範囲を、1本の駐車禁止標識でカバーしている区域も存在するので要注意です。

時間指定や休日の取扱いはどこで見る?

駐車禁止 標識の効力は、24時間365日ずっと有効とはかぎりません。標識の設置場所によっては、駐車禁止の時間帯が指定されていたり、休日のみ駐車可能となっていたりします。

こうした時間帯指定や休日についての取り扱いは、補助標識もしくは本標識の上部で確認可能です。実際の表示方法を画像でチェックしてみましょう。

駐停車禁止標識(本標識:時間帯、補助標識:無効な曜日が記載)

上の画像では、駐停車禁止の本標識に時間帯が、補助標識に休日の取り扱いが記されています。この駐停車禁止標識は、午前7時30分から午前9時30分まで有効です。また、日曜と休日は標識が無効となるほか、人の乗り降りのための停車を対象外としています。続いて補助標識に、時間帯と休日の取り扱いが記されているパターンを見てみましょう。

駐停車禁止標識の補助標識に有効時間帯が記載されている

画像が少しボケていますが、こちらの駐停車禁止標識にも、先にあげた画像と同じルールが設定されています。標識が有効な時間帯は、午前7時30分から午前9時30分まで。日曜と休日は、標識が適用されません。ただし駐車禁止標識は、時間帯や曜日を問わず有効です。

なお、標識に記される「休日」は、法律で定められた「国民の祝日」を指しています。ごく当たり前のことですが、運転する人の仕事が休みでも、その日が祝日でなければ休日とは見なされません。

特定の月だけ有効となる標識

駐車禁止 標識の中には、以下の画像のように「偶数月」もしくは「奇数月」だけ有効となるものがあります。

画像の道路では、駐車禁止が適用される側(右側・左側)が月ごとに入れ替わります。このように、おなじ道路であっても、訪れる時期によって駐車禁止のルールが変わる場合があるので注意しましょう。

日常生活で注意したい道路交通法についてこちらの記事もご覧ください

【要確認】知らずに捕まる道路交通法20選!これは知らないとやばい

標識がない場所でも駐車禁止違反になる?

駐車違反 取締

道路上には、標識の有無に関わらず駐車が禁止されている場所が存在します。駐車禁止標識は公安委員会が設置するものですが、その設置場所とは関係なく、法律で駐車や停車が禁止されている場所があるのです。こうした場所を「法定駐停車禁止場所」と呼びます。

法定駐停車禁止場所は多数ありますが、その中で代表的なものをご紹介しておきましょう。まず、歩道に駐車禁止の道路標示(黄色い点線)がある場所では、駐車が禁止されています。

道路標示が黄色の点線ではなく実線(つながった線)である場合は、駐車だけでなく停車もできません。こうした道路のほか、交差点内や交差点の角から5m以内も駐停車が禁止されています。トンネル内や急な坂道、踏切なども、代表的な法定駐停車禁止場所です。

以上のほか、駐車場や車庫の前にある自動車用の出入口から3m以内は、法律によって駐車が禁止されています。また、車を停めた右側の余地が3.5m未満になる道路では、駐車ができません。

以上のように、駐停車禁止標識がなくても駐停車ができない場所はたくさんあります。日本の道路上で駐車が許されている場所を探すのは、意外と難しいかもしれません。

路上での駐車についてこちらの記事もご覧ください

青空駐車とは?通報された時の違反点数や罰金などを総まとめ!

標識の遵守がスムーズな交通を生む

ドライブ

ここまでに見てきたように、駐車禁止標識が示す範囲は広く、また標識がない場所でも駐車が禁止されている場合があります。こうした駐停車に関するルールを、厳しすぎると感じる方もいるかもしれません。

しかし、駐車禁止を含む交通ルールは、スムーズな交通のために必要不可欠です。とくに道路の幅が狭い日本では、路上駐車を規制しなければ交通がマヒしてしまいます。

スムーズな交通が維持されるよう協力することは、車社会の一員であるドライバーの務めです。駐車禁止標識や駐車に関する法律を遵守して、交通社会に貢献できるドライバーを目指してください。

道路交通法についてこちらの記事もご覧ください

導流帯(ゼブラゾーン)とは?意味と道路交通法での走行・駐車・違反

方向指示器を出さないと道路交通法違反になるケース5件!色や音の規制と自転車についても

スクールゾーンとは?標識や時間帯と通行許可証や道路交通法などまとめて解説

クラクション音の正しい使い方とは!トラブルや道路交通法違反を避ける為には?

駐車場を知って駐車禁止を回避しよう

立体駐車場の高さやサイズの制限ってどのくらい?仕組みや事故を防ぐ注意点など

すべての画像を見る (10枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!