MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 購入ノウハウ > 車庫証明の費用、ディーラーに代行取得or自分で取るのはいくら差が出るのか?
購入ノウハウ

更新

車庫証明の費用、ディーラーに代行取得or自分で取るのはいくら差が出るのか?

車庫証明をディーラーに代行取得してもらうのと、自力で取得するのとでは、費用にどれくらいの差が出るかを解説します。車の購入費用を少しでも安くしたいと考えている方はぜひご一読を。

ディーラーに車庫証明取得代行を頼むといくらかかる?

必要書類に記入

ディーラーに車庫証明の取得手続きを代行してもらう場合、店舗によって異なりますが、10,000円~20,000円ほどの代行費用がかかります。これはディーラー側の書類作成や警察署への提出・受取にかかる人件費や手数料といってよいでしょう。ディーラーによっては、車庫証明の書類作成自体を行政書士に依頼している場合もあり、そういったケースでは代行費用は行政書士事務所に支払われます。

このほかに、自動車保管場所証明書や保管場所標章(ステッカー)の交付に必要な印紙代が合計約2,500円、さらに駐車場の管理者によっては保管場所使用承諾証明書の発行に別途費用がかかります。

また、車庫証明の代行には委任状は原則不要ですが、ディーラーが代行する場合、書類不備があった際に代行者が訂正できるよう、委任状と印鑑証明書の提出を求められることがあります。

車庫証明の代行については以下記事をご覧ください。

自分で車庫証明を取るときの費用はいくら?

自分で車庫証明を取る場合、確実に発生する費用は自動車保管場所証明書や保管場所標章(ステッカー)の交付手数料 合計約2,500円のみです。ただし、駐車場の管理者によっては管場所使用承諾証明書の発行に別途費用がかかります。

自分で車庫証明を取る方法については、以下記事をご覧ください。

車庫証明の取得、ディーラーor自力どっちがいいのか?

普通車(登録車)の車庫証明取得にかかる費用を比べると、代行費用がないぶん、自分で行ったほうが10,000円~20,000円ほど安くなります。

ただし、正規ディーラーから車を購入する際、どんなに「自分で行うので車庫証明費用をカット(=値引き)してほしい」と申し出ても、承諾してもらえないこともあるため、注意が必要です。

理由のひとつは、記入や手続きに不慣れなユーザーに車庫証明の申請を任せた場合、書類不備が出て車庫証明の発行までの期間が延びる可能性があるため。営業マンの1ヶ月の成績はその月で登録した車の台数とも関係するので、スムーズに登録できなくなるリスクはなるべく排除したがります。さらに車の値引き額も、その車が当月登録できるか・できないかで変わってくることがあります。

車庫証明を自力で行いたい場合は、購入費用の値引き額や新車登録のスケジュールについて、営業担当と話し合う必要があるでしょう。軽自動車は車検証登録時に車庫証明(届出)は不要ですので、自力取得を承諾してもらえるかもしれません。

そのやり取りを踏んだ上で、平日の8時30分頃~17時15分頃に警察署へ車庫証明を提出・受取に行けるのであれば、車庫証明を自力で取得してよいでしょう。車庫証明は申請者自身が記入していれば、提出・受取は代理人(家族や友達)が行ってもかまいません。

反対に、平日の昼間に警察署へ車庫証明を提出・受取に行けない人や、車庫証明の申請書類を揃えることや記入に不安がある人は、代行費用を払ってもディーラーに手続きしてもらった方が確実です。

執筆者プロフィール
すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事