MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 購入ノウハウ > 車庫証明の取得手続きに住民票は必要か?住民票を移動せずに住所変更手続きをする方法
購入ノウハウ

更新

車庫証明の取得手続きに住民票は必要か?住民票を移動せずに住所変更手続きをする方法

車庫証明の取得手続きの際、住民票の代わりに使用できる書類を解説します。住民票を移さずに車庫証明の住所を変更したい場合も対応できます。

車庫証明の取得手続きに住民票は必要か?

必要書類を記入する
©iStockphoto.com/seoterra

車庫証明の取得手続きや住所変更手続きには、車の使用者の本拠を証明できる書類が必要です。住民票はそれを満たす書類ですが、「使用者の本拠を証明できる」ものであれば必ずしも住民票でなくてもかまいません。

使用者の本拠を証明できる書類として、次のものが挙げられます。

  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 住所の記載がある電気・水道・ガスなど公共料金の領収書
  • 住所の記載と消印の両方がある郵便物など

単身赴任など住民票を移動せずに車庫証明住所変更をする方法

短期間の単身赴任など、住民票を移さない場合でも、車庫証明の住所変更が可能です。車庫証明の住所変更方法や必要書類は、車庫証明取得方法と同じ。そのため、上で挙げた【公共料金の領収書】や【消印のある郵便物】などが、赴任先に車の使用者が住んでいること(=使用者が本拠地としていること)を証明できる書類として使用できます。

この場合、自動車保管場所証明申請書や保管場所標章交付申請書の記載は以下のようになります。

自動車保管場所証明申請書
自動車保管場所証明申請書
  • ⑤使用の本拠の位置:単身赴任先の住所
  • ⑥保管場所の位置:単身赴任先で使用する駐車場の住所
  • ⑧申請者の住所:住民票に記載されている住所

これで⑤使用の本拠の位置と⑧申請者の住所が異なる車庫証明を交付してもらうことができます。

また、車検証も同様に、使用者の本拠地に住民票を移さなくても、同様の書類を揃えることで「所有者・使用者の住所」と「使用の本拠の住所」が異なる車検証を交付してもらえます。短期間といえど、車庫飛ばしにならないよう、車検証や車庫証明の住所変更は必ず行いましょう。

車庫証明の住所変更手続きについて詳しくはこちら

車庫飛ばしについて詳しくはこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事